詰将棋メモ(2016年5月26日)

ネット詰棋界
注目情報
今日のメモ更新
詰将棋メモ
昨日のアクセス
今日の詰将棋  Try everyday!  ほっと将棋  伊達将棋連盟会員  Hara Blog
 Onsite Fairy Mate
今週の詰将棋
連載
出題中
将棋ソフト
詰将棋イベント
(5月)
 29日(日)詰工房(東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

推理将棋第101回解答(2)

[2016年5月26日最終更新]
推理将棋第101回出題の101-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第101回出題  推理将棋第101回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


101-2 中級  渡辺秀行 作   念には念を   10手

「9手目相手の飛を取っても良かったんだけどね。念には念を入れて、36歩と指してさらにその飛に取りをかけたんだよ」
「そんな悠長なことしているから10手目に詰まされるんだよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 9手目の36歩は取れる飛にさらに取りをかける手

出題のことば(担当 NAO)

 取りをかけなくても取れる飛はどこに居るのか推理しよう。

追加ヒント

 48地点の飛に更に"角の効き"で取りを掛ける手が36歩。


推理将棋101-2 解答  担当 NAO

▲7六歩 △4四歩  ▲同 角 △4二飛
▲2六角 △4七飛不成▲4八金 △同飛不成
3六歩 △4九金 まで10手.

(条件)
・9手目▲36歩は取れる飛(48飛)にさらに取りをかける手

Suiri1012

本作は、取れる駒に更に効きを増やすという凝った1条件の10手詰です。▲36歩が後手飛車への効きを増やす一手ですが、飛車の居場所は素直な35ではありません。

  • 35飛はどうか?
    取りが掛かっている後手35飛に▲36歩と突く手順を考えると、たとえば「76歩 32飛 33角成 42銀 44馬 35飛 36歩 同飛 58金右 39飛成」が惜しい筋。しかし、68の退路を塞ぐ一手が足らず、詰みには至らない。
  • ▲36歩は角の効きを通す一手
    55角~36歩で28地点に効かすか、26角~36歩で48地点に効かすか、いずれかが考えられる。前者は28に後手飛を置くのに手数が掛かりすぎて失敗。したがって、後者の26角~36歩で48地点に効かす形「▲26角+△48飛」を目指す。
  • 2手目△44歩~トドメは腹金
    先手角のルート44~26、後手飛車のルート42~48が見えているため、2手目は43歩を消すよう幸便に△44歩と突く。初手から「▲76歩 △44歩 ▲同角 △42飛 ▲26角 △47飛不成」
    以下、48飛型を活用して腹金で詰み。7手目から「▲48金 △同飛不成 ▲36歩 △49金」まで。

凝った一手36歩は詰みと関係ない無駄手ですが、44角~48飛の特急券を導き出す鍵となりました。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺秀行(作者) 「36歩が角筋を通す手であることに気付けば易しいですが…。気付くかどうか」

■一旦は35飛を試し、すぐ頓挫することから、角筋を通す手を考え始めるのが普通の思考手順でしょう。

斧間徳子 「飛の位置は35ではないと思ったが、第一感の28でもなかった」

波多野賢太郎 「3六歩で取りをかける飛車の位置は、最初は3五だと考え、次に2八だと考え、その後ようやく4八の本手順が閃きました。難しかったです」

飯山修 「36歩は絶対35飛に向かってではないとの前提でスタート。しかし28飛ではうまくいかない。他の場所はと考えると48飛に行きつく」

はなさかしろう 「△35飛の可能性は早々に捨てましたが▲55角△28飛の形にとらわれました。解手順の序については思い違いがあり、重い気もして手が伸びなかったのですが...▲48金の一手で詰み形をアシストできるんです」

■「▲55角△28飛」型を作るまでは結構手数が掛かります。

ジェシー 「無駄手を表に出して本筋を隠す、絶妙な活用方法でした」

■詰みと関係ない▲36歩だけを表に出す巧みの技でした。

金少桂 「この問題文であるかもしれないとは思ったけど、まさかというべきか案の定というべきか、空き王手ならぬ空き飛車手だった」

RINTARO 「36歩のヒントが詰み形を暗示している」

加賀孝志 「ヒント条件にユウモア、最初に解けた」

Pontamon 「9手目の36歩で飛への当りは4枚目!!震えが出ては勝てなくて仕方ないですね」

■"念には念を"入れて重ねて取りを掛ける一手が敗着。

占魚亭 「大駒を取り合うのは間に合わないので序はこれしかなく、後は一本道。見事な角の転回」

原岡望 「角の旅行とは」

NNN 「26角に気づかなかったですね。ヒントなしで解きたかったですが」

山下誠 「4四角から2六角が意表を衝く展開。後半の飛車を4八に持ってくる手順には痺れました」

■先手は3手掛ければ26角が可能、基本手筋だが気づきにくい。

桝彰介 「後手飛車を短手数で先手陣に侵入させるため、4四の歩を先手角に取らせるのは既存の手順ながら、1条件に組み込まれると、なかなか見えませんでした」

変寝夢 「5手目までは読めたので、そこから90万局面30秒でした。締め切りヒントがなければ、相当な難物かと思います」

DD++ 「これは35飛だと無理がありすぎるので気づきやすい。あとはパックマンから26角が推理将棋では定跡なのを知っているかどうか」

■序の「▲76歩 △44歩 ▲同角 △42飛・・・」は、後手の奇襲戦法「パックマン」と同じ。以下、指し将棋なら「▲53角成 △34歩」が定跡ですが、推理将棋は▲26角が常識でした。

小山邦明 「35飛の位置ではダメな事はわかったが、36歩の前の段階で飛取りができる駒を一つと思い込んで苦戦した」

■36歩の前は、玉か銀で飛取りが可能。いくつ効いていても取りが掛かっていることに変わりありません。

安井豊(無解) 「わかりませんでした。残念」

たくぼん 「取った飛を打つ順を考えて遠回り。角の移動と飛の道を開ける協力体制が決まりましたね」

S.Kimura 「先手の角は46に移動させ,後手は飛車を取って28に打つと思っていたのですが,後手の飛車が出てきても良かったのです」

諏訪冬葉 「ヒント前:▲78飛△34歩▲?△77角成▲?△78馬▲55角△28飛▲36歩△? の順を読むが詰まない。ヒント後:飛車は先手のを取ると決めつけていたので6手目までに▲26角を置く手が見つからず苦戦」

小木敏弘 「一番苦しみました。後手角を使わない筋だと思わなかったので、先手飛車を角で取る筋などを考えて迷路をさまよっていました」

隅の老人B 「48飛は打つものと思い込んで大苦戦。まさか82飛が48まで行くとはね!」

■飛車を取って打つ順は、ぴったりする形がありませんでした。44歩~同角が26角~48飛を実現する唯一の組み合わせです。


正解:23名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  NNNさん  斧間徳子さん  加賀孝志さん
  金少桂さん  小木敏弘さん  小山邦明さん  ジェシーさん  隅の老人Bさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  DD++さん  波多野賢太郎さん
  はなさかしろうさん  原岡望さん  変寝夢さん  Pontamonさん  桝彰介さん
  山下誠さん  RINTAROさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋メモ(2016年5月25日)

ネット詰棋界
注目情報
今日のメモ更新
詰将棋メモ
昨日のアクセス
今日の詰将棋  Try everyday!  ほっと将棋  Onsite Fairy Mate
連載
詰将棋の本
出題中
詰将棋イベント
(5月)
 29日(日)詰工房(東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の詰将棋

[2016年5月25日最終更新] 詰パラ

2016年6月の将棋雑誌での詰将棋の話題やホームページでの6月出題について。

ネット詰将棋  詰パラ  将棋世界

関連情報: ネット詰将棋・解答募集中  Web Fairy Paradise
  おもちゃ箱: 詰将棋情報(他の月の詰将棋はここから)  展示室  推理将棋

===== ネット詰将棋6月の出題 =====

まだ記事はありません。

===== 詰将棋パラダイス6月号 =====

解答選手権の話題は ==> 第13回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 初級戦・一般戦
全国大会の話題は ==> 第32回詰将棋全国大会

詰パラ最新情報
2016年5月24日、詰将棋パラダイス最新情報で、6月号予告。
「七條賞:2015年度の解答成績発表! 満点は1名!
門脇賞:詰将棋界への貢献者を表彰します。
詰将棋順位戦:1年に1回、A~C級の開幕です!」

===== 将棋世界7月号 =====

まだ記事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋メモ(2016年5月24日)

ネット詰棋界
注目情報
今日のメモ更新
詰将棋メモ
昨日のアクセス
今日の詰将棋  Try everyday!  ほっと将棋  Onsite Fairy Mate
連載
出題中
詰将棋イベント
(5月)
 29日(日)詰工房(東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

推理将棋第101回解答(1)

[2016年5月24日最終更新]
推理将棋第101回出題の101-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第101回出題  推理将棋第101回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第101回解説  担当 NAO

第101回に因んだ10手詰1条件特集。今年最多24名の解答をいただきました。


101-1 初級  渡辺秀行 作   75飛まで   10手

「どうだ!10手目この75飛で詰みだ」
「参りました」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手目75飛で詰んだ

出題のことば(担当 NAO)

 75飛で詰む形を推理しよう。

追加ヒント

 67経由で76地点まで玉が進出。


推理将棋101-1 解答

▲6八飛 △3四歩 ▲5八玉 △7七角不成
▲6六歩 △7四歩 ▲6七玉 △6八角成
▲7六玉 △7五飛 まで10手.

(条件)
・10手目△75飛で詰んだ

Suiri1011

本作は、最終手を明かすだけで全手順を限定する10手詰。詰形を76玉に絞り込んで75への飛打ちを目指せば易しいのですが、後手飛車を活用する手順や開き王手がちらつくと迷宮に入ります。

解図は、ずばり先手76玉型に75飛打ちの詰みを目指し手順を構成していきましょう。76玉の退路となる両脇の66と86をどう塞ぐか、飛をどこで入手するかが鍵です。

  • 先手は、先手は玉移動に3手、取らせる位置までの飛車移動が1手。残り1手は玉移動のための歩突き、76歩は突くと邪魔になるので66歩と突いて67地点を空けて玉を移動させる。
  • 後手は、角を活用し飛車を取るため、34歩~77角~飛取り~75飛打ち。他にトドメの75飛を支える手(74歩)が必要になる。また、先手飛車を68角成で入手するが、玉に触らないようタイミングを計る。

以上のことを整理して手順を構成すると、全手順が決定。

  1. 玉移動の前に飛車を68地点に移動。初手から「▲68飛 △34歩 ▲58玉 △77角不成 」
  2. 角が進入した後に先手は66歩と突き玉の進路を開け、後手は予め74歩と突いて75飛の支えを準備し、先手玉が67に上がった後に68角成で飛を取る。5手目から「▲66歩 △74歩 ▲67玉 △68角成」
  3. 予定の76玉型で詰み。9手目から「▲76玉 △75飛」まで。

簡素な最終手1条件ながら、双方歩突きのタイミングを含め手順前後を許さない内容の濃い10手でした。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺秀行(作者) 「初級という程易しくないですね。10手の1条件で易しい問題を新たに作るのはなかなか難しいですね。既発表作ならまぁまぁあるのですが」

■1条件はヒントが少なく難しくなりがちですが、渡辺さんのネタはまだまだ尽きないでしょう。

斧間徳子 「最終手75飛だけですべてが限定されているのに驚き。こんな短編の1条件の名作が未だ埋もれているんですね」

Pontamon 「10手なのに最終手の地点と駒種だけで限定できているとは驚きです」

はなさかしろう 「これは凄かった。個人的には今回の最難問でしたが、シンプルな条件から緊密な手順が導かれ、機能的な詰め上がりに至る、完璧な一問。推理将棋の奥深さを広く伝えるのにも好適と思います」

RINTARO 「最終手のみで完全限定は価値がある」

ジェシー 「この一条件ですべて限定されるとは・・・。推理将棋の美しさが凝縮されていますね」

■簡素条件で唯一解を示す、10手詰1条件出題作として完成品であるだけではありません。たった一つの条件からヒントを探りだして唯一手順を導くプロセスを解答者に体感させて楽しませてくれる傑作でした。

山下誠 「この条件で、玉の軌跡・角の成生などを全て限定していることに感心しました。詰み形を想定するのは、結構難しかったです」

隅の老人B 「たったの1行、それも11文字で手順が確定とは!これより短い条件の作品は、今までにあったのかな?」

■最終手のみ指定の1条件は7手詰以外の発表例がほとんどなく、希少です。

NNN 「後手飛車では手数が足りず、先手飛車でトドメと見切ればかなり手が絞られます。でも確かに易しくはないですね」

飯山修 「最初何故か35飛で詰ますものと勘違いし、27経由の詰みを発見。75飛でも応用できないかと動かしてみたら67経由にすることで飛廻りの1手が稼げることを発見。幸運な勘違いでした」

DD++ 「けっこう悩みました。初級出題であることを思い出すまでは。3筋7筋の飛車トドメ中編は開き王手や両王手の筋が怖いんですよね、初級じゃなかったら」

■通常出題なら中級レベルです。開き王手の筋もちらつきますが、素直に玉頭飛車の詰上がりを目指せば難しくありません。

占魚亭 「最後に解けたのが本作。手の組み合わせが大事」

変寝夢 「追加条件で7手目指了時8段目に玉はいない、10手中8手は5~9筋の着手で4200万局面目で詰みを発見しましたが、余りにも膨大な数になるので打ち切りました。何気ない角と玉のすれ違い、歩突きのタイミング全てが一つに繋がっていて大変面白く感じました」

■角と玉が上手くすれ違うため、手順前後は許しません。

小木敏弘 「66歩のタイミングが絶妙でした。角をすり抜けて上がっていく王様が面白い」

小山邦明 「先手玉を76にどう動かすのが良いかを推理した」

S.Kimura 「先手の飛車を角で取らせると王手がかかって,玉を76に動かすのが難しいかと思っていましたが,77ではなく67から抜ければ良かったのですね」

■68馬が居るのが前提で考えると、76への玉移動は難しいと錯覚しますね。

原岡望 「74歩は絶妙のタイミング」

波多野賢太郎 「成生限定で手順前後なしなら飛車を振るのだろうと予想はつきました。飛車をすぐ取るのではなく、7四歩と先に突くのがうまいと思いました」

■玉が3段目に移動するのをじっと待って力を貯める74歩突きです。

金少桂 「素直に78で飛車を受け渡す順から考えて四苦八苦。68で渡せばぴったり86地点の逃げ道も塞げるのですね」

加賀孝志 「飛をどこでとるか考えた」

■「▲67玉 △68角成 ▲76玉」の応酬が必然で、歩突きのタイミングも決まりました。

たくぼん 「詰上がりを想定すれば見えてくる。68角成でないといけないので手順が見事に限定されるのが見事」

桝彰介 「直前ヒントをもらった後も後手の飛車を7五まで動かす手順ばかり考えて、さっぱり分かりませんでした。先手飛車を取らせた後手馬が玉の全ての逃げ場を塞いでくれました」

諏訪冬葉 「ヒント前:▲65玉▲56歩△39角△75飛で詰めばきれいだと思ったのに手数が足りず断念。ヒント後:67と86を同時にふさぐ方法が見えず苦戦」

■67と86を塞ぐ68馬の効きが強力です。強力すぎるので▲68角成は8手目迄じっと我慢。


正解:24名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  NNNさん  斧間徳子さん  加賀孝志さん
  金少桂さん  小木敏弘さん  小山邦明さん  ジェシーさん  隅の老人Bさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  DD++さん  波多野賢太郎さん
  はなさかしろうさん  原岡望さん  変寝夢さん  Pontamonさん  桝彰介さん
  安井豊さん  山下誠さん  RINTAROさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

詰将棋メモ(2016年5月23日)

ネット詰棋界
注目情報
今日のメモ更新
詰将棋メモ
昨日のアクセス
今日の詰将棋  Try everyday!  ほっと将棋  大京クラブ4F
 伊達将棋連盟会員  Onsite Fairy Mate
今週の詰将棋
連載
出題中
将棋ソフト
詰将棋イベント
(5月)
 29日(日)詰工房(東京)

詰将棋かりん特集
5月22日、乃木坂46まとめんばーで、【乃木坂46】5/29放送『将棋フォーカス』は「詰将棋かりん特集」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2期叡王戦・第4回将棋電王トーナメント

[2016年5月26日最終更新]
第1期叡王戦の優勝者(山崎隆之叡王)と、第3回将棋電王トーナメントの優勝ソフト(PONANZA電王)が、持ち時間8時間2日制で対戦した第1期電王戦は、2016年4月9日・10日、5月21日・22日に先後入れ替えで2番勝負が行われ、PONANZAの2連勝で終了した。

5月22日終了後の記者会見で、第2期電王戦で対戦するプロ棋士と将棋ソフトを選抜する、第2期叡王戦第4回将棋電王トーナメントの開催が発表された。第2期叡王戦には、第1期は不参加だった羽生名人も参加することが決定、優勝すれば羽生名人と将棋ソフトとの対戦が実現することになる。

第2期叡王戦は、第1期と同様、まず段位別予選(5月下旬-8月下旬)が行われ、勝ち抜いた15名のプロ棋士と山崎叡王が本選(9月中旬-11月中旬)に臨む。決勝は三番勝負で12月に行われる。また、第4回将棋電王トーナメントは10月8日から10日に開催することが決定した。

関連情報: コンピュータ将棋2016  将棋ソフト・コンピュータ将棋
  第1期電王戦  第1期叡王戦・第3回将棋電王トーナメント


2016年6月23日(ニコニコ生放送

2016年6月15日(ニコニコ生放送

2016年5月28日(ニコニコ生放送


2016年5月25日(報道記事)

2016年5月25日(Qiita

2016年5月25日(ブログ)

2016年5月24日(報道記事)

2016年5月24日(プロ棋士)

2016年5月24日(ブログ)

2016年5月23日~ 電王戦PV (ニコニコ動画

2016年5月23日(日本将棋連盟

2016年5月23日(報道記事)

2016年5月23日(プロ棋士)

2016年5月23日(ブログ)

2016年5月22日(将棋電王戦

2016年5月22日(報道記事)

2016年5月22日(プロ棋士)

2016年5月22日(YouTube

2016年5月22日(ブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋メモ(2016年5月22日)

ネット詰棋界
注目情報
今日のおもちゃ箱
今日のメモ更新
詰将棋メモ
昨日のアクセス
今日の詰将棋  Try everyday!  ほっと将棋  my cube  Onsite Fairy Mate
連載
出題中
詰将棋イベント
(5月)
 22日(日)香龍会(名古屋)  29日(日)詰工房(東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

推理将棋第102回出題(6月20日まで)

[2016年5月22日最終更新]

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第102回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2016年6月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第102回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第102回出題  担当 NAO

短編推理将棋では、前回出題のように簡素な1条件だとヒントが少なすぎて難しくなる面があり、他方4条件以上だと煩雑で条件が覚えにくくなる面があって、2~3条件くらいがちょうど取り組みやすいと思います。さて、今月は面白いテーマの作品が揃いましたので、第102回に因んだ「10手詰2条件」の3題を出題します。

初級はPontamonさんから"フナリ"がテーマの易しい作品。不成と歩成、両方の"フナリ"を手順に織り込みます。

中級はフェアリー短編で活躍中の上谷さんが初登場。最大の"駒移動"を10手詰で実現します。

上級は金少桂さんから、"歩頭"がテーマの作品。如何に多く"歩頭"に着手できるか、謎を解き明かしましょう。


■本出題


■締め切り前ヒント (6月13日頃コメント欄に掲載 NAO)


102-1 初級  Pontamon 作   2つのフナリ  10手

「10手で詰んだ対局で歩成が2回あったと聞いたけど、本当?」
「歩成りが2回じゃなくて、不成と同歩成の着手があったんだよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 不成の着手があった
  • 同歩成の着手があった

102-2 中級  上谷直希 作   最遠移動    10手

「10手で勝ったらしいね。どんな対局だったの?」
「最後は最遠移動で詰ませたよ。あとは、成駒を連続で動かす手順が双方にあったなあ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 止めは最遠移動(10手目は8マス分動く手)
  • 先後双方ともに成駒を連続して動かした

102-3 上級  金少桂 作    不当な関係   10手

「隣の10手で詰んだ将棋、歩頭への着手がやたらと目立っていたね」
「数えてみたら、"先手の歩頭"への着手が3回、"後手の歩頭"への着手も3回あったよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 『先手の歩頭』への着手が3回
  • 『後手の歩頭』への着手が3回

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«詰将棋メモ(2016年5月21日)