« 今週のLinuxメモ(2009年8月24日~) | トップページ | 今週のLinuxメモ(2009年8月31日~) »

Linux検索動向

[2009年8月30日更新]
「Linux」のキーワードで検索すると・・・

1.Linuxでの検索は減少傾向

Googleトレンド(あるいはGoogle Insights for Search)で、「Linux」キーワードでの検索トレンドを見ると2004年から2009年まで検索数は減少している。ニュースの参照数は減っていないので、「Linuxって何?」といった段階はもう終わって、実際にLinuxを使うための検索が多くなっているのだろう。他のOSの傾向を見てみると、UNIXはLinuxと同様の減少傾向だが、Windowsは減少しつつもVistaやWindows 7など新OS発表で増加し、ここ数年横ばい状態。

ちなみに、日本はLinuxでの検索が多い方で、国別で7位、都市では東京が3位、言語では日本語が4位に入っている。

Googleでの検索の絶対数は、Google AdWordsキーワードツールで調べることができる。

  • 「Linux」を含む検索: 国内7月-335万、世界全体の月間平均-3720万
  • 「Linux」での検索: 国内7月-9万5百、世界全体の月間平均-183万

といった数字で、「Linux」単独での検索は数%しかなく、「Linuxコマンド」「Vine Linux」のように複合語やフレーズでの検索が中心。

2.Linuxでの検索で上位に来るのは?

検索結果は日々変わるので、参考程度にしかならないが、LinuxでGoogle検索してみた(50位まで)。ディストリビューション、Linux関連団体、ベンダ系Linuxページが多く、また各種メディアや辞典系も上位に来ている。その中に混ざってノウハウ系の個人ページの健闘が目を引く。かなり傾向が違うので、Yahoo!bingでの順位も合わせて見てみた。

a)ディストリビュータ・ディストリビューション

b)Linux関連団体

c)Linux関連会社

d)メディア

e)辞典・検索など

f)個人ページ

g)その他

|

« 今週のLinuxメモ(2009年8月24日~) | トップページ | 今週のLinuxメモ(2009年8月31日~) »

Linux情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Linux検索動向:

« 今週のLinuxメモ(2009年8月24日~) | トップページ | 今週のLinuxメモ(2009年8月31日~) »