« Linuxメモ記事一覧 | トップページ | クラウドへの取り組み(2009年7月) »

クラウドへの取り組み(2009年6月)

[2009年9月20日更新] クラウドへの取り組みから分離。
2009年6月のクラウド動向。

< 2009年5月  クラウドへの取り組み  2009年7月 >

クラウド連載記事  自治体クラウド  Googleクラウド  マイクロソフトクラウド
IBMクラウド  富士通クラウド  NECクラウド  日立クラウド  VMwareクラウド


6月の主なニュース・プレスリリース


2009年6月30日

  • Red Hat, クラウド向けのパートナープログラムを発表 (レッドハット
      「オープンソースソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT)は本日、クラウドの認定資格とパートナープログラム:Premier Cloud Provider Certification and Partner Programを発表しました。このプログラムはエンタープライズユーザへのクラウドコンピューティングの採用を拡張するためもので、プログラムを利用す ることで業界リーダー各社は、Red Hatのテクノロジソリューションを提供することが可能になるというものです。Premier Cloud Provider Partner各社はRed Hatと協力して、テクニカルサポート、セキュリティアップデート、ハードウェア認定、販売とマーケティング、およびビジネスモデルを提供します。本日行 われた発表の一環として、クラウドコンピューティングの先駆者であるAmazon Web Servicesが同社とRed Hatとの技術的関係を拡大し、最初のRed Hat Premier Cloud Provider Partnerになることが明らかにされました。 ・・・」

2009年6月29日

2009年6月26日

  • インタビュー 富士通 サービスビジネス担当副社長 広西光一氏
    富士通が進むクラウド時代の道
     (ITpro
      「富士通はどこに向かおうとしているのか。独SAPのERP、米シスコのユニファイドコミュニケーション、米セールスフォース・ドットコムのSaaSなど 欧米製品を扱うケースがどんどん増えている。グローバル展開するうえで、こうした協業は欠かせないと富士通は主張するが,その存在価値は薄れているように 見える。サービスビジネス担当の広西光一副社長に、クラウドコンピューティングを例に富士通の進む道を聞いた。 ・・・」

2009年6月25日

2009年6月23日

  • 「クラウド向けの価格体系を検討中」---米Red Hat副社長 (Linux : ITPro
     「「クラウド向けの価格モデルは検討している。まだ決定はしていないが,プロバイダと一緒に考えていきたい」---米Red HatのExecutive Vice President and President, Products and Technologies Paul J.Cormier氏は2009年6月23日,都内で行われた記者説明会で,クラウドコンピューティング向けの価格体系を検討していることを明らかにし た。 ・・・」

2009年6月22日

  • FAQ:「クラウド・コンピューティング」を解き明かす (Computerworld.jp
     「IT業界では、誰もがクラウド・コンピューティングについて語っている。だが、クラウドとは何か、どのように利用されるべきなのか、クラウドがもたらす問 題や課題は何なのか、いまだに混乱が生じている。このFAQは、企業がクラウド・コンピューティングについて抱くであろう、主な疑問への回答となるだろ う。 ・・・」

2009年6月18日

  • 企業内クラウド向けアプリケーション・サーバー管理アプライアンス (IBMプレスリリース
    企業内クラウド向けアプリケーション・サーバー管理アプライアンス~アプリケーション配布を10倍効率化~
     「日本IBM(社長:橋本孝之、NYSE:IBM)は、エンタープライズ・プライベート・クラウドやデータセンターにおける、Webアプリケーションおよびサーバーの仮想化と配布を管理するための専用特化ハードウェア「IBM® WebSphere® CloudBurst Appliance(ウェブスフィア・クラウドバースト・アプライアンス) V1.0」と、仮想化環境で実行するためのWebアプリケーション・サーバー「IBM WebSphere Application Server Hypervisor Edition V1.0(ウェブスフィア・アプリケーション・サーバー・ハイパーバイザー・エディション)」を6月27日より出荷を開始します。「IBM WebSphere Application Server Hypervisor Edition V1.0」は、SUSE Linux® Enterprise ServerならびにIBM HTTP Server、IBM WebSphere Application Serverから構成されています。料金は「IBM WebSphere CloudBurst Appliance V1.0」 が6,435,000円(税抜)、「IBM WebSphere Application Server Hypervisor Edition V1.0」が2,546,000 円(税抜)からです。 ・・・」

|

« Linuxメモ記事一覧 | トップページ | クラウドへの取り組み(2009年7月) »

クラウドコンピューティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラウドへの取り組み(2009年6月):

« Linuxメモ記事一覧 | トップページ | クラウドへの取り組み(2009年7月) »