« 棋書ミシュラン | トップページ | すべての駒で王手が可能 »

「大道詰将棋の正体」の正体

棋書ミシュランで思い出したのでメモ。大道詰将棋の正体(宮崎国夫、木本書店)は6000円もする豪華本であるが、内容は、というと・・・
・コラムは奇策縦横に収録されている大道棋の歴史(藤倉満)と同一
・大道棋518問は、奇策縦横と大道棋双玉集から。
恐らくゴーストライターが手を抜いたのであろうが、ほぼ全文の引用で、しかも出典を示さないのでは、盗作と言われても仕方ないであろう。

大道詰将棋については、詰将棋おもちゃ箱のドキドキストリートが詳しい。大道詰将棋の歴史や類型、名作などの紹介、大道詰将棋の出題や対戦型での挑戦コーナーもあるので、腕自慢の方は挑戦してみては。

|

« 棋書ミシュラン | トップページ | すべての駒で王手が可能 »

大道詰将棋」カテゴリの記事

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/749270

この記事へのトラックバック一覧です: 「大道詰将棋の正体」の正体:

« 棋書ミシュラン | トップページ | すべての駒で王手が可能 »