« 珍形無仕掛図式 | トップページ | 「と歩の舞」 第2番 »

最強銀星将棋四

3月25日発売予定の最強銀星将棋四は、

コンピュータが応手をする詰将棋、必至エンジン搭載!!

だという。必至を解く市販ソフトは珍しい。どのぐらいの問題が解けるのだろうか。

[3月20日追記]
なお、やっくんのDiary3月20日によると、この例題は同一図ありとのこと。

[銀星将棋4]の必至問題解答機能が話題になっていますが、 例題として示されている必至問題、自作に同一図があります。 自分自身、最終手には既視感を持っていたので偶然の一致というところでしょうか。

最強銀星将棋四の記述には次のようにあるので、やっくんのHPから入力したのだろうが、出典も書かず了解も取らないのはよくないね。

雑誌や新聞などに掲載されている詰将棋の問題を入力して、銀星将棋4に解かせてみましょう。

|

« 珍形無仕掛図式 | トップページ | 「と歩の舞」 第2番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍形無仕掛図式 | トップページ | 「と歩の舞」 第2番 »