« Gomunaga10.5さん問題43 | トップページ | 女流棋士30周年パーティーの詰将棋 »

縦型龍ノコ1号局について

4月11日、温故知新で、「縦型龍ノコ1号局について」が掲載。縦型龍ノコの1号局は有馬康晴「詰将棋吹き寄せ47番」(昭和17年)とされていたが、「大道棋四百番」(昭和10年頃)の中に縦型龍ノコの作品(第17番)を発見、という興味深い研究。更にこの図が「詰将棋パラダイス昭和二十六年一月号 京洛愛棋生 作」として発表されているという。

 さてここで私の疑問です。
1.「大道棋四百番」の第17番の作者と作成年月日はいつか?
2.京洛愛棋生とは誰のペンネームなのか?
3.「大道棋四百番」の第17番は縦型龍ノコの1号局なのか?
4.元々の「大道棋四百番」の第17番の図は上記と同じなのか?別の詰将棋と入れ替わっていないのか?
以上、どなたかお教え願いたいのです。

識者のご教示を待つ。

|

« Gomunaga10.5さん問題43 | トップページ | 女流棋士30周年パーティーの詰将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gomunaga10.5さん問題43 | トップページ | 女流棋士30周年パーティーの詰将棋 »