« あぶり出しの作り方 | トップページ | 最強の三手五手で1局 »

詰将棋データベース

[2012年11月17日最終更新]
詰将棋データベースは、古図式から最近の詰パラまで、古今の詰将棋10万局以上をデータベース化したすばらしいもの。初形での同一作、類似作の検索、使用駒種での検索、作者名や発表誌での検索など検索機能は充実している。ただし、手順での検索はできない。
柿木将棋VIII等に付属しているTumeBaseには手順検索機能があるので、両方持っていれば、詰将棋データベースからTumeBaseに変換して手順で検索することができる。

詰将棋データベース、全部購入すると10万円と安くはないので、購入できる人が限られており、必要としている人が利用できてないのが現状。詰将棋欄 の担当者すら持っていないので、いまだに同一作が掲載されることがなくならない。同一作チェック機能を全詰連ホームページで提供するよう提言しているのだ が、なかなか実現しないのは残念なことだ。

(以下、2012年11月17日追記)

同一作のチェックについては、2008年11月8日に全詰連ホームページで公開された(◇詰将棋の同一作チェック)。誰でも無償で利用できるので、投稿・発表前には必ずチェックするようにしたいものだ。  

詰将棋データベースのプログラムは、MS-DOS用に作られたものを変換してWindowsで動かしたもの。最近のWindowsでは動く保証がないので、プログラムの新規提供は中止されていて、新規のデータも既存購入者限定で販売されている。


TBASEの最新詰パラデータについて
2012年11月16日、将棋雑記で、注意喚起
「T-BASEの最新版が出たので、早速購入したのですが、エラーが酷いです。私が気が付いただけでも、2007年1月~8月のデータが可笑しいです。1月~7月については詰将棋が殆ど収録されていません。指摘して、訂正版が来たので自作を見たら、自作2010年4月号のデパート④の作品ですが、飛車が3枚もあります。 ・・・」

TETSU: データベースを開発・推進していた門脇全詰連前会長が亡くなられて、運営が混乱しているようだ。

”詰将棋データベース”について
2007年4月23日、詰将棋パラダイス掲示板で、通行人Bさん
「詰めパラから発行されてるのでしょうか、もしそうならば収録内容など判るものは無いでしょうか。販売もできるのでしょうか」
2007年4月24日、管理人さん
「発売は、全日本詰将棋連盟になります。収録内容は、古図式~旧・新の詰パラ~近代将棋など各誌、などとなっており、現在およそ20回ほど頒布されています。価格は各5千円で、初回のみ1万円。全て一括で10万円。詳細は本誌2月号36ページをご覧ください。」

詰将棋の検索
2004年4月3-4日、詰パラ掲示板で、詰将棋の検索が話題に。

[827] 北条   [東海] 2004/04/03(土)21:14  以前からの疑問なのですが…
一体、みなさん、どのようにして、自作品が既発表作と同じ(或いは類似)でないかどうか、チェックされているのでしょうか?
[828] 管理人 >類作を検索する手段として、詰将棋データベースがあります。(後略) 2004/04/04(日)0:02
[839] 北条 >「詰将棋データベース」をネットで検索してみましたが、よくわかりませんでした。どうしたら、利用できるのでしょうか?   2004/04/07(水)8:34
[843] 管理人 >全詰連のサイトにも載ってないですね(^-^;  詰パラ最新号の裏表紙にも掲載されていますが、古今、雑誌などに発表された詰将棋がデータベース化されたものです。手順や使用駒などでの検索も可能……なはず。   2004/04/08(木)23:30

|

« あぶり出しの作り方 | トップページ | 最強の三手五手で1局 »

「将棋ソフト・詰将棋ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/749190

この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋データベース:

« あぶり出しの作り方 | トップページ | 最強の三手五手で1局 »