« 2004年9月16日 | トップページ | 2004年9月18日 »

2004年9月17日

『王様殺人事件』文庫化へ
9月17日、吉村達也公式ホームページ 「伊藤果七段との共著『王様殺人事件』(詰将棋の本です)文庫化へ」 

Fancyの最新版
9月16日、コーヘイの読みぬけ日記 「プロブレム検討ツールFancyの最新版を、世界大会でのコンピュータ・ルームで見かけたので、うちのPCのもリニューアル。「Whitetoplay」や「NoWk」などの設定がお手軽になっていて、便利になった。さっそく作ってみよう。・・・H#3 ParrainCirce RepublicanChess 2solutions.・・・」

詰将棋美術館に一桂之作物
9月17日、おもちゃ箱で、詰将棋美術館No.3 望月勘解由さん 一桂之作物

還元玉の協力詰
9月16日、フェアリーの森『遠巻き見』日記で、fmのオプションについて 「fmを使って数年にはなろうとしている筈だが、いまだに基本的な使い方もできていないようだ。・・・」

実戦の詰み
9月14日、一日一題 「問題:今週の週将、危うく読み流してしまうところだったが「おや?」。素通りしてはいけない。13面、甲斐-中井戦の変化図。・・・▲7五桂が詰めろ、ってその瞬間先手玉詰みなんでは?ということで詰みを読み切ってください。」
9月16日、将棋パイナップル「一日一題」総合スレッドで、かんざきさん 「一日一題先生、9/14出題のようないつかどこかで役にたちそうな出題、また見つけたらよろしく。(あの局面、いつかは遭遇するに違いない…)(笑)」
9月16日、一日一題さん 「ありがとうございます。私も詰みを見つけたときは「おーこうやると詰むのか」と感動しました。」
9月16日、ある棋士の日常で、freeな稼業?? 「…と前置きが終わったので、将棋パイナップルの「一日一題」9月14日出題 レディースオープントーナメント(週刊将棋主催)の甲斐―中井戦の変化図を詰ますことに挑戦。(ここでは部分図のみ掲載) 普通は通り過ぎそうな部分。やっぱり一日一題の先生は、目のいくところが違うなあと思う。結局、この前置きの文章を書くのと同じぐらいの時間をかけて詰ます。ということで、けっこう時間かかっています。(文章?詰将棋? それともどちらも??かはご想像におまかせ致します)」

プロパラ30号
9月16日、ぷろぱら掲示板で、 塩田洋さん 報告ふたたび 「本日、プロパラ30号が届きました。自作、誤記について。U040の後手52騎は、58騎です。研究の価値のある作品を作らないといけないのでしょうか?」

最強の詰将棋200題 実戦型3手から13手詰め
9月16日、棋書解説&評価委員会で、棋書解説&評価 その111 ~ 最強の詰将棋200題 実戦型3手から13手詰め。評価B。

|

« 2004年9月16日 | トップページ | 2004年9月18日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年9月17日:

« 2004年9月16日 | トップページ | 2004年9月18日 »