« 2004年9月18日 | トップページ | 2004年9月20日 »

2004年9月19日

詰む将棋パラダイス
9月19日、風みどりの玉手箱で、詰む将棋パラダイス 「白陵将棋部詰む将棋パラダイス公開にあたってが公開されていた。ふーん。こんなことができるんですね。さっそく,プリントアウトして,ステープラで製本しました。図面がいまひとつ綺麗でないのはうちのプリンタのせいなのだろうか? 内容はとてもほほえましく,頼もしい。私らも高校生の頃,似たようなのを作って文化祭で配布しましたが100倍立派なできばえです。 それでも,なんだかふつふつとあの高校生のときに作った冊子を復刻させてみたい気が湧き上がってきました。作家を集めるのに一苦労だったっけなぁ。 ところで「詰む将棋パラダイス」は清水義範じゃなかった,えーと,えーと, 」
ういっずさん 「ご紹介ありがとうございます。・・・あと、『詰む・・・』というタイトルなのですが、以前大阪勤務さんに教えていただいたところ、 >『詰む将棋パラダイス』といえば、10年程前に東京の清水英幸さんが作られたパロディ雑誌が有名ですね。 とのことです。・・・」

詰めで修業中さん 27手詰
9月19日、将棋倶楽部24実戦詰む将棋Ⅳで、詰めで修業中さんが27手詰 「上の図の詰将棋を自分は柿木将棋の詰将棋対戦で27手で詰ませました。出題は実は11手詰でした。」 これは途中千日手になる手順があったため。
 「そうしたらこの手の詰将棋には、作意手順のあいなかにいくつ千日手の局面を入れ込めるのでしょうか?」
馬ノコ作品とかたくさんの千日手順が含まれていそう。

今週のNHK詰将棋
9月19日、2ちゃんねるNHK詰め将棋 今週むずいで、19日放映の今週のNHK詰将棋が話題に。

烈也の将棋部屋で実践詰将棋2局
9月18日、烈也の将棋部屋実践詰将棋で、第44問
9月19日、第45問

まとめてではなく、毎日少しずつ…
9月18日、ある棋士の日常で、まとめてではなく、毎日少しずつ… 「日経ネット将棋王国の高橋和さんの和の小経が最近更新されたようだ。「第26回 少女との約束」 今回は新女流棋士となった里見香奈さんとのエピソードについて。・・・数年前の指導対局の時に、強くなるためにはと聞かれて「一日三題ずつ詰将棋を解くこと。1週間まとめて21題とかではダメ。必ず毎日…(略)」と高橋和さんは答えたそうだ。その後、里見さんは、一日10題ずつ解き約束を守り、このたびとても立派な成績で最短で育成会を駆け抜けた。・・・さて、本日は、詰将棋については、まだばか詰を一題解いただけなので、就寝前に短手数の作品を何問か解くことにしよう。」
神崎先生が解いたばか詰とは、フェアリーの森『遠巻き見』日記 9月15日の41手詰。 神崎 『ごくたまにしか、ばか詰は解かないのですが、この問題だけは解いてみたくなる配置なので考えてみました。難易度もこれぐらいの問題が私には手ごろです。ルールも問題も易しいのがあれば、また解いてみたいですね。(^^』

還元玉協力詰
9月18日、フェアリーの森『遠巻き見』日記で、還元玉協力詰は「1歩進んで3歩下がった。オーマイガー! 3歩下がった原因を書くと、・・・」 なかなか大変そう。あと一歩。 

いっこのつみき第4話「短打」
9月18日、風みどりの玉手箱で、いっこのつみき 第4話「短打」

スト詰
9月18日、コーヘイの読みぬけ日記 「・・・というわけで、「スト」詰を作ってみた。12球団にちなんで、玉方から指し始める12手詰。しかし、使用駒はなぜか11枚(゚∀゚)」 「ス」から「ト」の立体曲詰。

大阪勤務さん桂香図式
9月18日、詰将棋について語る掲示板で、大阪勤務さん 「・・・先日の創棋会の席上で、上田さんに見てもらったら「変化が難しいね」と気さくな笑顔が返ってきました。・・・」

|

« 2004年9月18日 | トップページ | 2004年9月20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年9月19日:

« 2004年9月18日 | トップページ | 2004年9月20日 »