« 2004年9月23日 | トップページ | 2004年9月25日 »

2004年9月24日

プルーンの将棋部屋で3局
9月24日、プルーンの将棋部屋 「詰将棋3問 UP」。

ジャーナル賞作に余詰
9月24日、2ちゃんねるこれが神局だ!!!
「パラ八月号 35ページのジャーナル賞作、5手目3三角で余詰まない?」
「攻方:4三と 玉方:1二玉、5一歩 持駒:飛角金」
「うちの先生は詰むとおっしゃってるね」

寿限無完全限定化案36511手
9月24日、Onsite Fairy Mate 「 「龍の顎」補足情報のページに、浦壁氏による寿限無完全限定化案36511手と、1974年11月の作品の修正図を追加しました。」

北原義治作品集
9月24日、風みどりの玉手箱で、北原義治作品集 「近将の付録で「独楽のさと」。野口文庫から「独楽のたに」と「独楽のかげ」。独楽工房から「独楽の画」「独楽の郷」。私が持っているのはこの5冊。「郷Ⅱ」は持っていなかった。あと近将から「独楽のうた」もでているはずだが、これも入手できていない。・・・」

詰将棋できるかな
9月23日、将棋倶楽部24で、「詰将棋できるかな」スレッド。詰めで修業中さんが 作ってみた詰将棋募集中  「このコーナーでは自作、コンピュータ作を問わず詰将棋を募集中です。ネットでの詰将棋募集コーナーですので、余詰、駒余り、不詰めその他不具合ものでもOKです。もちろん一本道、単純な詰む将棋でもかまいません。」 ということで 例題1 「このコーナーを作るきっかけとなった詰め問題です。飛車と歩で遊んでみましょう。・・・」
9月24日、Gomunaga10.5さんが ヒット1 「打ち歩詰めにならないようにするには・・・」
9月25日、詰めで修業中さんが 例題1の解答

山手線2周
9月23日、フェアリーの森『遠巻き見』日記 山手線2周 「・・・朝から、山手線2周を作っては壊し、作っては壊し。・・・3周まではどうしてもひらめかなかったので完成ということにします。・・・」

Andrej Frolkin と、Satoshi Hashimoto の共作レトロ
9月23日、コーヘイの読みぬけ日記 「・・・一昨日の『Die Shwalbe』の2004年8月号掲載の、Andrej Frolkin と、Satoshi Hashimoto の共作レトロを解いてみる。・・・」
9月24日、こへらん掲示板で、SatoshiさんがFrolkinとの合作 「・・・実はこれは事実上Frolkinの作です。しばらく前に彼の作品を潰したところ、その余詰筋がえらく参考になったとかで、それをベースにした作品を作ったので合作にしてくれないか、との提案を受けたものです。・・・」

「谷川流寄せの法則 基礎編」
9月23日、将棋と卓球と数学の部屋将棋の部屋で、「谷川流寄せの法則 基礎編」 ~何があれば詰み?1~
9月24日、「谷川流寄せの法則 基礎編」 ~何があれば詰み?2~

|

« 2004年9月23日 | トップページ | 2004年9月25日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年9月24日:

« 2004年9月23日 | トップページ | 2004年9月25日 »