« 2004年9月29日 | トップページ | 2004年10月1日 »

2004年9月30日

細菌ばか詰
9月30日、フェアリーの森『遠巻き見』日記で、細菌将棋とそのばか詰 「・・・細菌将棋:手を指すと、指す前にいた場所にも同じ駒が発生。歩が発生すると、ニ歩になるし、玉が発生すると、たくさん玉が発生して詰めにくくなるので、玉と歩を除こう。・・・」

http://www.kinsho.net/ 復旧
9月30日、近代将棋道場 「kinsho.netのドメイン、復旧しました。長い間ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m」
10月2日、勝手に将棋トピックスで、kinsho.net復活 「・・・肝心のhttp://www.kinsho.net/にはこの件について何も書かれていません。編集長のウェブログにも何も書かれていません。・・・」

かんたん詰将棋122
9月30日、関西将棋会館ホームページで、かんたん詰将棋122を出題。3手、5手6局。

同人室の課題作のボツ作
9月29日、コーヘイの読みぬけ日記で、同人室の課題作『開き王手のある形』のボツ作。 「両王手2回というだけの作品。」

白い将棋盤で2局
9月28日、白い将棋盤で、初心者向け1局
9月29日、上級者向け1局 「20個目の詰め将棋はかなり頑張ってみた。」
10月1日 「9/29の11手詰みの詰将棋で、同じ手数で別の手順の詰みがあることがわかったので、修正しました。・・・」

独楽の画、こまのひらめき
9月29日、ある棋士の日常で、独楽の画、こまのひらめき 「社団法人北海道将棋連盟からの郵便が到着。北原義治さんの作品集5冊を切手を送って申し込んでいたのだ。申し込んでいた、独楽の画、独楽の郷等の5冊以外にも、「こまのひらめき」そして、北海道将棋連盟制作の5冊も同時に、サービスしていただいたようだった。 持ち運びに便利な携帯サイズの詰将棋の本。しばらくは、これで、この大量の簡単なものから難しそうなものまでたっぷりの詰将棋をボチボチと毎日解くことができる。ほとんどが短手数のもので、実戦にも役立ちそうな作品がとても多いようだ。おすすめしたい作品集ばかりである。」

|

« 2004年9月29日 | トップページ | 2004年10月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年9月30日:

« 2004年9月29日 | トップページ | 2004年10月1日 »