« GPW | トップページ | 2004年11月14日 »

2004年11月13日

数学と将棋
11月13日、教育コミュニケーションで、数学と将棋。 「・・・ 10月からNHKの教育テレビで「人間講座 米長邦雄-大局を観る」が放送されています。その番組で和算と詰め将棋の共通点についての話があり、とても興味深いものでした。私は和算について深い知識が無くよくわからないのですが、米長さんは数学的思考と詰め将棋はどちらも「厳密」であるという点で共通するものがあるのではないかと述べています。 ・・・」

COOOさんが1局
11月13日、さざんか将棋倶楽部詰将棋掲示板で、COOOさん よろしくお願いしますm(_ _)m 「玉方:1一香 1三歩 2一桂 2二玉 3二銀 3四歩 4四銀 攻方:2四歩 4一と 持ち駒:飛 角 桂2 歩 19手詰です。」

最大着手
11月13日、おもちゃ箱掲示板で、坂野孔一さん 最大着手 「今最大着手は塚本氏の78通りが最大となっていますが、1981年新年号パラサロン志村 けん作は最大着手が80通りです。」
11月13日、TETSU  「・・・ 記録に挑戦!で取り上げている塚本さんの作品は、着手数最大の詰将棋です。 ・・・ 志村けんさんの図は、詰将棋ではなく、80通りの1手詰がある図ですね。」

将棋ソフトの解答
11月7日~、詰将棋について語る掲示板で、秋山さん 貼らしていただきます に関連して、柿木将棋の解答についての話題。

詰め将棋でもやる?第三集で3局
11月13日、2ちゃんねる詰め将棋でもやる?第三集で、3局。

早解き競争
11月12日、ある棋士の日常で、早解き競争。 「 昨日の夕方のこと。久留島喜内将棋妙案68番を盤に並べて解いていたら、将棋世界詰将棋サロン担当者で、詰将棋作家でもある浦野七段が現れる。年末に、関西奨励会員による、詰将棋早解き競争が、関西将棋会館HPの企画として、おこなわれる予定だそうだ。そのアドバイスをするアドバイザーを引き受けたらしい。棋士の中には「奨励会三段ぐらいのころが最も解くのが早かった」と言う人も多い。前にも書いたことがあるが、関西奨励会の中には、昔の将棋雑誌の詰将棋を博物館からコピーしてきて、解くスピードを競い合って勉強している会員もいるらしい。まだ、準備中らしいが、ハイレベルになりそうなとても楽しみな早解き競争ではある。可能ならば、ひとりの観客として見に行こうかな?? 最近、簡単そうな13手詰に、信じられないほどの時間がかかってしまったりで、どうも基礎体力不足だ。もっと詰将棋を解かなくては…。」

ますます寒くなってきた
11月12日、詰将棋について語る掲示板で、秋山さん 「毎日寒くていやですね。図は連取りの趣向作。うまい序奏も考えられず、収束がうまくまとまっただけです。4五銀の配置もひどいし・・。」

河原さん坂野さん 七色煙51手
11月13日、おもちゃ箱で、記録に挑戦!に、七色煙詰の長手数記録作品が登録。河原泰之「てふてふ」(近代将棋 1992年6月)と坂野孔一(詰パラ 1981年6月の改良図)の2作品。

|

« GPW | トップページ | 2004年11月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年11月13日:

« GPW | トップページ | 2004年11月14日 »