« 2005年1月7日 | トップページ | 2005年1月8日 »

堀内和雄さん逝去

[2005年1月15日最終更新]
近代将棋編集部で活躍されていた、詰将棋作家堀内和雄さんが亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈りします。

堀内和雄さんのプロフィール
1)近将編集部員プロフィールより(現在は掲載されていない)
堀内和雄(ほりうち・かずお) 年齢:60歳 出身:北海道釧路市 血液:A 棋力:三段 得意:矢倉 趣味:競馬、猫と遊ぶ、ビデオで同じ映画を飽きるほど見る 担当:校正、易しい詰将棋 一言:時には道場で泥臭い将棋を指そうよ
2)爆発的1480 詰将棋 初級編より
「近代将棋」編集部勤務。アマ三段。詰将棋作家。創作数は約5000作。詰将棋本は約10冊刊行。塚田賞中編賞受賞2回。趣味はバロック音楽と競馬。

堀内和雄さんの最近の著書
Amazon.co.jpより
 ・ 詰将棋100選―将棋こぼれ話100篇つき    王将ブックス
 ・  これだけできれば将棋5級
 ・ 詰将棋 作意を探せ―配置駒で推理する
 ・爆発的1480シリーズ 詰将棋 初級編(ソフト、詰将棋作成:堀内和雄)
  (アンバランス爆発的1480 詰将棋 初級編

-----------------------------------------------------------------------------------

所縁ある方は
2005年1月15日、編集長の近時片片で、所縁ある方は 「1月16日。詰将棋作図家、堀内和雄さんの葬儀があります。所は、堀内さんの故郷、北海道釧路です。堀内さんとゆかりある方は、北の空に向かって、手を合わせてあげてください。」

ご冥福をお祈りいたします
2005年1月8日、コーヘイの読みぬけ日記 「近代将棋の編集部で、詰将棋作家の堀内和雄さんがお亡くなりになられたとのこと。私も「ねむりねこ」とかは読んだ覚えがある。実戦形の手筋モノ、というイメージで、一般受けのする作品を多く手がけられていたと思う。ご冥福をお祈りいたします。」

詰将棋作家堀内和雄氏が死去
2005年1月8日、勝手に将棋トピックスで、詰将棋作家堀内和雄氏が死去
    *  戦士のままで編集長の近時片片
    * 堀内和雄さん逝去詰将棋メモ
近代将棋編集部員で詰将棋作家として活躍した堀内和雄氏が亡くなったそうです。悲しい話が続きますね。」

追悼作品
2005年1月8日、詰将棋について語る掲示板で、大阪勤務さん 追悼 「詰将棋作家たるもの、余計な言葉は慎み作品をそっと出せば、心は通じる筈・・・」

ご冥福をお祈りいたします
2005年1月8日、風みどりの玉手箱で、ご冥福をお祈りいたします 「・・・ 「ねむりねこ」がどこかにあったはずだと本棚を探してみましたが見つかりませんでした。 T-baseからいくつか作品を並べてみます。詰棋めいとに書かれた自薦ベスト10とはほとんど重ならないのですが…。 1  2  3  4  5  6

訃報
2005年1月7日、おもちゃ箱掲示板で、やなさん 訃報 「近将HPの「編集長の近時片片」によれば、堀内和雄さんが亡くなられたとの事です。実はもうひとつあり、細田強さんも亡くなられた旨の電話がご家族から近将編集部にあり、2月号第1番は遺作として選題したとの事です。ご冥福をお祈りします。」

校正の堀内和雄さんがお亡くなりに
2005年1月7日、梔子の花〈新規〉BBSで、やなさん マ〇ア会議にようこそ 「・・・ ところで近将HPの「編集長の近時片片」を読んでいたら、校正の堀内和雄さんがお亡くなりになられたと出ていました。謹んでご冥福をお祈りいたします。堀内さんは詰将棋作家で「ねむりねこ」というミニ作品集があります。(北尾初段とは関係ないです)」

戦士のままで
2005年1月7日、編集長の近時片片で、戦士のままで 「松が過ぎない内に悲しいお話で恐縮です。 編集部仲間であり、詰将棋作図家としても名をはせた堀内和雄さんが亡くなりました。昨年の暮れ、近代将棋2月号校了の数日後に倒れ、病院に担ぎ込まれたのですが、残念ながら環らぬ人となってしまいました。享年64歳でした。 秋口のころでしたか、「65歳になるまでは頑張りたいと思っていたんだけれど、それがちょっと早くなってしまうかもしれません」と、言っていたのを思い起こします。おそらくは最後の力を振り絞って、リニューアル号の校正をしていたのですね。入院先は都内の立派な病院でしたが、私は、堀内さんは病人ではなく戦士として野戦病院で亡くなったのだと思っています。ありがとう。仲間として誇りに思います。 ・・・」

|

« 2005年1月7日 | トップページ | 2005年1月8日 »

おくやみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀内和雄さん逝去:

« 2005年1月7日 | トップページ | 2005年1月8日 »