« 内藤國雄九段「図式百番」 | トップページ | おもちゃ箱の隠しページ »

2005年1月30日

大阪勤務さん、飛角図式
1月30日、詰将棋について語る掲示板で、大阪勤務さん 「・・・ やっぱり僕みたいな四流作家は、この程度の易しい(非入選級の)飛角図式がお似合いでしょう。」

プル~ンの将棋部屋で詰将棋2問UP
1月30日、プル~ンの将棋部屋で、詰将棋の穴に2局追加。
「9手以内の詰将棋 問題26 決め手の前に一工夫」
「11手~21手の詰将棋 問題37 駒を取らない」

第21回全国大会ページ開設
1月30日、香龍会の中に第21回詰将棋全国大会案内ページが開設。
「場所:愛知県一宮勤労福祉会館「アイプラザ一宮」→ホームページ
日時:2005年7月17日(日)
7月16日に全詰連幹事会・前夜祭が行われます。
詳細が決定次第順次更新していきます。」

香龍会報告・次回予定
1月30日、全詰連HP香龍会掲示板で、とりもとさん
1月会合報告 「1月の香龍会の報告 1月30日(日)13:00より中村生涯学習センター第一和室にて 参加者:岩本修、鳥本敦史、橋本守正、服部彰夫、原亜津夫、吉岡真紀(6名) 全国大会の会場、日程が決定しました。 場所:愛知県一宮勤労福祉会館「アイプラザ一宮」 日時:2005年7月17日(日) 7月16日に全詰連幹事会・前夜祭が行われます。 あと、関係ありませんが世話人代行として僕(鳥本)が指名されました。」
2月会合案内&3月会合予告 「2月26日(土)13:00より中村生涯学習センター第二和室。地下鉄東山線(名古屋駅乗換)本陣駅下車。南西約200m。会費:二百円。高校生以下無料。 7月の全国大会までは毎月開催することになりました。3月は19日(土)開催(場所も同じ)です。3月の会から本格的に全国大会のことについて決めていきますので都合のつく方は出来るだけご参加ください。もちろん会合未経験の方、しばらく参加されていない方なども大歓迎です。奮ってご参加ください。」  香龍会にも案内あり。

詰将棋の小屋で自作普通詰将棋4、5
1月30日、詰将棋の小屋で自作普通詰将棋2局。
 ・自作普通詰将棋4 「徳島新聞発表作 5分で3級らしい。」
 ・自作普通詰将棋5 「徳島新聞発表作。5分で3級。」

今週のNHK詰将棋
1月30日、2ちゃんねるNHK詰め将棋 僕には解けませんで、30日放映の今週のNHK詰将棋が話題に。
「暗算で5分ぐらいか やさしいようなむずかしいような。。。」
「おまけ。昨日の大逆転将棋2005で出題された双玉問題。出題者:神吉宏充六段」
「神吉先生の双玉は逆王手の綾もあるけど、少ない駒数で大駒を派手に捨ててくれるのが良いね」

「人工知能で名人を超えろ」
1月30日、コンピュータ将棋協会で、2/5(土)19:00~19:45NHK教育テレビにてサイエンスZERO「人工知能で名人を超えろ」放送予定(再放送は2/9(水)0:00~0:45)

人工知能で名人を超えろ(2/5 放送予定)
 人工知能の研究の中で、将棋やチェス、囲碁などの「ゲームプログラム」は人間の論理的思考を分析する分野。チェスではすでにコンピューターが人間をしのぎ、さらに複雑な将棋でも10年以内には名人を倒すソフトが生まれるといわれるなど、近年めざましい進歩を遂げている。
 その原因は、コンピューターの計算能力の向上に加えて、人間の思考や経験を様々な形でプログラムに取り入れていることにある。将棋ソフトの開発では、プロ棋士の過去の対局を100万通り以上記憶させて読みの量を省略したり、駒の損得や働き、位置などを点数化し形勢を判断したり、さらには古くから語り継がれてきた「格言」を取り入れて指し手を選んだりしている。
 ゲームプログラムをはじめとする人工知能開発の最前線に迫り人間に近づくコンピューターの未来を展望する。

パズルの宣教師
1月30日、風みどりの玉手箱で、パズルの宣教師 「・・・ ニコリに連載されていた「パズル病棟日誌」の総集編。 ・・・ 連載されたときに,全部読んだはず。なのに,なぜか新鮮な気持ちで読める。嬉しいような,悲しいような複雑な心境だ。自慢話が多いので,ナナメ読みしてたのかな?なんでタイトル変えたんだろ?原題の方が断然良いのに。それに自称は宣教師でなくって宣狂師だったはずだ。 ・・・」
昨年6月に亡くなった芦ケ原伸之さんの生前の連載をまとめたもの。(芦ヶ原伸之さん逝去

金子義隆詰将棋作品集『普請中2005』
1月30日、ふしんなぺーじで、金子義隆詰将棋作品集がバージョンアップ、『普請中2005』が公開。サイトマップのページよりダウンロードできる。

樋口達志のホームページ、移転
1月30日、ボツ山日記で、サイト移転 「 Web ページのサイト移転。今まで Hi-HO にあったサイトを、JCOM へ移転した。今月末で Hi-HO の契約が切れることをすっかり忘れていて、夜な夜な作業をすることに。あーあ。というわけで、移行期間はわずか2日間です。スミマセン。 新URL: http://members3.jcom.home.ne.jp/ta-higu/ ・・・」

マルコメの将棋日記
1月30日、おもちゃ箱で、詰将棋サイト一覧マルコメの将棋日記を登録。

「中将棊絹篩」
1月29日、日本中将棋連盟で、詰め中将棋問題集に「中将棊絹篩」第40番まで収録。 「・・・ なお、全68門のうち、1番から38番までの問題は「中象戯初心抄(ちゅうしょうぎしょしんしょう)・元禄10年(1697)刊」の全38問からの再掲載、39番から68番までの30問は「中将棊指南抄(ちゅうしょうぎしなんしょう)・元禄16年(1703)刊」の全30問からの再掲載であることが判明いたしました。つまり、1700年代に作られた2冊の詰め本の合本再販がこの中将棊絹篩であるということになります。 ・・・」
1月30日、「第55問まで追加。」

詰め将棋でもやる?第三集で角一色図式3局
1月29日2ちゃんねる詰め将棋でもやる?第三集で、角一色図式3局。
13角17角/15玉/飛飛 「・・・ 一発勝負。最終3手が余詰ありありぐだぐだですが……(泣」
21角25角/23玉/金銀 「初形借りた」
31角35角/33玉/金銀桂桂 「も一つ」

|

« 内藤國雄九段「図式百番」 | トップページ | おもちゃ箱の隠しページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年1月30日:

« 内藤國雄九段「図式百番」 | トップページ | おもちゃ箱の隠しページ »