« 2005年2月1日 | トップページ | 2005年2月3日 »

2005年2月2日

リレー随筆すべっちまったか…
2月2日、風みどりの玉手箱で、リレー随筆すべっちまったか… 「・・・ どうせなら1ページは図面にしちゃおう。それだったら学校と同じレイアウトなら騙される(?)人もいるかもしれないし,やっちゃえやっちゃえ……という流れでした。 ・・・ 笑ってもらえるか,すべるか。私は笑ってくれる方が多数派だろうと読んで決行したのですが, 2月になってもアクセスも増えないし,コメントもないし,これは最近のパラの空気を読み間違えたか。やってしまったかー。…と,おもった所へ,クロさんがコメントをくださった!ありがとうございますぅ!! あわてて,「いっこのつみき 第11話」アップしました。」 第11話 水滸伝4局。

初段NAVI、今週の詰め将棋
1月30日、初段NAVIで、今週の詰め将棋 No.004出題。 「今回は私の対局で実際にあった局面の部分図で、▲3四銀の詰めろに対して△3三歩とした局面です。・・・」

桔梗の部屋で1局出題
1月30日、桔梗の部屋で1局出題。 「・・・ 9手詰めの詰め将棋です。2005年1月30日出題。俗手の連発ですが詰め上がりが難しいです。難易度は高の低(LEVEL 7)です。 ・・・」

『普請中2005』訂正
2月1日、ふしんなぺーじで、金子義隆詰将棋作品集『普請中2005』を差し替え。「1/30にアップした『普請中』は、おかしなところがありましたので、2/1もういちど更新しました。」 ダウンロードはサイトマップのページから。

「将棋舞玉」第二十九番
2月1日、はんぴんちぇんで、九代宗桂 「将棋舞玉」第二十九番 「舞玉二十九番 ・・・ といいつつ今日の二十九番なのだが、これがダメダメなんである。狙いとしては強力な守備陣をかいくぐっての激しい捨駒、といったところなのだが3手目に5 三飛からの余詰が成立。まず打ってしまう手なだけにちょっと厳しい。さらに現在の目で見てしまうと、手数に対する駒数の多さ、自陣成駒、変化長手数と減点事項が増えることになる。というか作っているうちにどんどん駒が増えてしまい、あまり検討しないで終わりにしたのではないだろうか。ちょっとぞんざいな図。」

詰将棋その61-64
二次元人の堕日記で、詰将棋。
1月29日、(小更新)詰将棋その61 「難易度 ★☆☆☆☆ 棋風によって一瞬で解けたり、ちょっと悩んだり、です。詰将棋界ではどの問題でもほぼ必ず出てくる手筋が主軸です。 ・・・」
1月30日、(小更新)詰将棋その62 「難易度 ★☆☆☆☆ 流れ作業に近い詰将棋です。というのも、「次の一手」がほぼ1通りしか無い形が続くので(^^;) 持ち駒のそれぞれの特性を活かしましょう。 ・・・」
1月31日、(小更新)詰将棋その63 「難易度 ★★☆☆☆ テクニックが必要な詰将棋、見えない人には見えないかも(^^;) 盤上に1つ邪魔駒が存在します、そいつを消せれば・・・。 ・・・」
2月1日、(小更新)詰将棋その64 「難易度 ★☆☆☆☆ 手数的には★1つだけれど、内容は1.5くらいあるかもw 持駒が無いので枝分かれは少ないです。 ・・・」

COOOさん、2局
1月31日、さざんか将棋倶楽部詰将棋掲示板で、COOOさんが2局。
「玉方:1一香 1四歩 2三玉 2四歩 3三銀 3四歩 攻方:4三飛 持ち駒:角2 銀3 香 19手詰です。
玉方:1一香 1四歩 2三玉 2四歩 3三飛 3四歩 攻方:4三飛 持ち駒:角2 金 31手詰です。」

|

« 2005年2月1日 | トップページ | 2005年2月3日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/2775408

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年2月2日:

« 2005年2月1日 | トップページ | 2005年2月3日 »