« 2005年3月16日 | トップページ | 2005年3月18日 »

2005年3月17日

かんたん詰将棋144
3月17日、関西将棋会館ホームページで、かんたん詰将棋144を出題。5手、7手6局。

KifuBase V6.00公開
3月17日、柿木義一のホームページで、KifuBase V6.00公開。

「クマ」詰
3月16日、コーヘイの読みぬけ日記 「・・・ 以前、経堂での順位戦解説会で、降級点3回でフリークラスに落ち、そのまま引退というのを「恐怖の13年コース」と呼んで誰しも恐れているという。そのときは、まさかそんなことはと思って聞いていたのだが、熊坂四段がそのコースに乗ってしまった。まあ、他の棋戦では勝率がいいから、いずれは戻ってくるのでしょうが。復活を期して、「クマ」詰を作ってみた。9手詰の詰む将棋。 ・・・ 「クマー」詰も作ってみたが、いずれにしても、出来がよくない。」  「ク」から「マ」の立体曲詰。

詰棋作家ナンバーワンは誰か?
3月9日、2ちゃんねるで、詰棋作家ナンバーワンは誰か?スレ開始。以下の各氏と、それぞれの代表作5作が紹介されている。柏川悦夫、上田吉一、若島正、森長宏明、北川邦男、山田修司、相馬康幸。

詰将棋作品集の価格
3月16日、勝手に将棋トピックスで、詰将棋作品集の価格
* Kamina-booksOnsite Fairy Mate
* 「神詰大全」PDFで無料公開風みどりの玉手箱
「フェアリー詰将棋作品集の『神詰大全』のPDF版が無料で公開されました。冊子の形で690円で頒布されていたものですが、これで全く同様のものが無料で入手できることになりました。この自選作品集を手がけた「神無一族」とはフェアリー詰将棋作家のグループで、詰将棋パラダイスで半年に一度の定期出題を行っています。その活動の様子は上記サイトにほぼ収録されていますので、ご覧になってみて下さい。話は飛びます。詰将棋はお金になるかでシニカルに述べられているとおり、詰将棋でお金を儲けようと思う人は(一部のプロ棋士を除けば)いないでしょう。しかし、それでも詰将棋作品集は途切れることなく出版されています。 ・・・」

慶應義塾志木高校将棋部
3月17日、おもちゃ箱で、詰将棋サイト一覧慶應義塾志木高校将棋部を登録。

|

« 2005年3月16日 | トップページ | 2005年3月18日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年3月17日:

« 2005年3月16日 | トップページ | 2005年3月18日 »