« 上田吉一短編名作集 | トップページ | 柏川悦夫さん逝去 »

2005年3月22日

自作の詰め将棋
3月15日、将棋掲示板で、かなけんさん こんばんは(^^) 「・・・日記に詰め将棋のことが良く出ているので、最近作った自作の詰め将棋を張ります。感想頂ければ幸いです(^^;」
3月21日、神崎さん 詰将棋の感想 「力作ですね。もしかしたら、解いている途中のかたもいるかもしれないので、細かいコメントは控えておきます。」

「将棋攷格」と「将棋攻格」
3月14日、詰王の部屋で、一事が万事 「「将棋攷格」と「将棋攻格」の違いを確かめるべく、関係機関を回った。国会図書館本は、明治30年代に岡田丈太郎なる人物が寄贈したもので、こちらの表題は「将棋攷格」となっている、しかし用字・体裁が整っておらず、判型も小さい。一方、国立公文書館の内閣文庫本は、題箋に「将棋攻格」とある。料紙・装丁に気を遣った美本(2冊)で、原本かどうかは判然としないが、例え写本であったとしても、相当筋の良いものである。こちらは幕府文庫から引き継がれたことがハッキリしているわけだし、史料性の点では内閣文庫本に軍配が上がる。だから、今の時点では「攻格」の方が有力と言っておこう。あとは「攷格」と表記している(はずの)「浚明院殿御実紀」を確かめれば良いわけだが、こちらも各種の写本があるので、もう少し検討してからになりそうだ。」

週刊将棋の詰将棋
3月22日、渡辺明ブログで、良かった。 「・・・ 週刊将棋最新号を読みました。一番面白かったのはもちろんハッシー(橋本五段)の記事。詰将棋入門が詰パラレベルになっていると嫁さんから指摘があったので解いてみると確かに週将レベルではないですね作者が変わったのでしょうか? ・・・」

詰め将棋でもやる?第三集で1局
3月22日、2ちゃんねる詰め将棋でもやる?第三集で、1局。 「私も作ってみました。よくある龍捨てを連続でやってみただけ。改良案ありましたらよろしくお願いします。 ・・・」

将棋タウン、やさしい3手5手
3月22日、将棋タウンで、「やさしい3手詰」「やさしい5手詰」

【九州グループ】課題作作りに挑戦
3月21日、たくぼんの解図日記で、詰パラ 「・・・ 【九州グループ】 課題作作りに挑戦。とにかく逆算で3手のものを作る。5手までは伸ばせるがそこからは余詰の嵐・・・・修正修正しているうちに手順が余りにも・・・・ボツ・・・・の繰り返し。あ~作るほうの才能は無いのかなぁ。あと2週間ですね。 ボツ作を一つ・・・恥を忍んで・・・協力詰7手 ・・・」

やっくんのほーむぺーじ、模様替え
3月21日、やっくんのほーむぺーじが模様替え。
3月21日、All by myself 「コンテンツをいろいろ削除しました。デザインも変えてみましたが今度は地味すぎる気がしますね。背景をつけるという選択肢は残っていますが…まあぼちぼち考えます。詰将棋創作guidanceを少し書き換えました。詰将棋の部屋は目次だけ作り直しましたが中身はまだ。」

創作詰将棋
3月21日、将棋:koujikunの奥州紀行で、創作詰将棋 「久々に詰将棋を創作してみた。若いころには結構創っていたが最近はアイデアがでない。この図も習いある手筋なのだが、自分としては図形が美しくまとまった感じだ。余詰が心配ではあるが・・・ 図面を貼り付けたいがその技を知らない。知ってる方教えてくれないかにゃー  攻め方 ▲64角のみ  受け方 △52玉△31竜△61馬△73桂△81桂  持駒 飛、金、銀」
3月22日、創作詰将棋2 「詰将棋の創作に興味を持ったのは中学3年の頃だったと思う。 ・・・ そして、大学を卒業した22歳ごろに「詰将棋パラダイス」という専門雑誌を知った。詰将棋はプロよりアマがすごいんだという事を初めて実感した。昭和50年頃の話だ。ひさびさ創作第2作(絶連でないことを祈る)  攻め方 ▲31飛▲33銀  受け方 △12玉△14歩△21桂△34金△41桂△42飛△43桂  持駒 角、金、銀」

|

« 上田吉一短編名作集 | トップページ | 柏川悦夫さん逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年3月22日:

« 上田吉一短編名作集 | トップページ | 柏川悦夫さん逝去 »