« 2005年7月9日 | トップページ | 将棋パズル(1)利かずの駒並べ »

2005年7月10日

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
詰将棋イベント情報


岡田秋霞龍鋸に余詰
7月10日、詰将棋博物館掲示板で、詰太郎さん 岡田秋霞作品集について 「以下のとおり余詰等が成立すると思われます。 ・・・ 6番 ・・・ 9番 ・・・ 35番 ・・・ 36番 ・・・ 37番 ・・・ 36番、37番は、作者にとっては残念だと思います。?」
7月10日、大橋光一さん 衝撃! 龍鋸2局潰れる 「ショックでした。岡田秋霞作品集の第36番、第37番といえば龍鋸の名作とされていましたが、両題とも余詰が検出されました。龍鋸といえば、久留島喜内の橘仙貼璧集第30番も余詰作です。」
岡田秋霞作品集 第36番、第37番はこちら

「毎日楽しむ実践詰将棋」内に7月上旬出題分
7月10日、将棋三昧.com 「「毎日楽しむ実践詰将棋」内に「7月出題分」の1日~10日分の問題追加しました。」

今週のNHK詰将棋
7月10日、2ちゃんねるのNHK詰め将棋 僕には解けませんで、10日放映の今週のNHK詰将棋が話題に。

最難解7手詰
7月10日、風みどりの玉手箱で、最難解7手詰

たくぼんの解図日記: お疲れモード
【ちょっと気になること】  昨晩、「三百人一局集」を読んでいたら「横田進一」さんのページで、7手詰史上最難問はこの人の作とある。どなたかこの作品をご存知ないでしょうか?  何とか挑戦してみたいと思っているのですが・・・・見たことがないのです。  御教授宜しくお願い致します。

「私もリアルタイムでは知りませんが,200号の短編名作選に7手詰と 13手詰が掲載されています。・・・ただ,そんなに難しいとは思えません。 ・・・」

九代宗桂「将棋舞玉」第34番
7月10日、はんぴんちぇんで、九代宗桂「将棋舞玉」第34番 「三十三番とはうって変わって、一手一手に読みを必要とする根性問題。 ・・・ 昨日、久々の更新をするとその直後に「風みどりの玉手箱」でここのことが書かれていてびっくり。読んでくださる方がいると思うと大変うれしい。これから何番までいけるかな。」

創棋会第196回例会
7月10日、創棋会で、本日行なわれた創棋会第196回例会報告。次回は9月11日(日) 13~17時 関西将棋会館4階 会費千円(学生:無料)。課題 「4×4・四隅配置」…初形4×4で、その四隅に駒配置必須(盤上最低4枚・最高16枚)。

ここのところ
7月10日、風みどりの玉手箱で、でも「へやわけマン」という題名はいかがなものか 「ここのところ,はんぴんちぇんが更新が 止まっていてさびしいです。 将棋:koujikunの奥州紀行も 最近とぎれがち。 かわりに 将棋雑記 が詰将棋の話題が続いてきて目を離せなくなってきました。あれれっ!?鳥本さんのアンテナが見つからない。 一番利用頻度高かったのに。どうしたのでしょう?  ・・・」

九代宗桂「将棋舞玉」第33番
7月9日、はんぴんちぇんで、九代宗桂「将棋舞玉」第33番 「・・・ 頭から6連続の捨て駒。小駒で軽く捌いてから大駒でドン。わかり易い分爽快である。その後も軽快に5三の角も捨て、右辺に追い込む。最後は作法として2三飛も捨て去る。夏向きの佳篇といったところ。」

テーマ創作
7月9日、冬眠蛙の冬眠日記で、テーマ創作 「・・・ テーマ創作はある意味条件作の創作に近いわけで、個人的にはほとんどやらないタイプです。今までもほんの数回程度。一番うまくいったのはコレです。 ・・・」

木挽唄集 第五章
7月10日、おもちゃ箱詰将棋研究室で、龍鋸趣向作品全集 木挽唄集第五章 同一軌跡龍ノコを掲載。

|

« 2005年7月9日 | トップページ | 将棋パズル(1)利かずの駒並べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/4898650

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年7月10日:

« 2005年7月9日 | トップページ | 将棋パズル(1)利かずの駒並べ »