« 詰将棋メモ(2006年3月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月12日) »

詰将棋メモ(2006年3月11日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
コンピュータ将棋の進歩5
3月の詰将棋
激指がアマ竜王と対局


詰将棋スレで無仕掛図式
3月11日、2ちゃんねるの詰め将棋でもやる?第四集で奔猪さんが1局。51玉3444546474歩、持駒角金銀3桂2歩2。

内藤九段 最年長昇級なるか 将棋「順位戦」きょう最終局
3月10日、コーヘイの読みぬけ日記
「・・・ 人間対コンピュータといえば、内藤先生には『コンピュータと勝負する』という著書もありましたが、どうやら昇級はならなかったみたいで残念。しかし代わりに森九段が昇級されたそうで、還暦寸前ということから、新記録とまではいかなくてもけっこうセンセーションという気がする。しかしナゼか盛り上がってない。キャラの違いからか、内藤先生のためのイベントとかもあったせいか。ともかく、久方ぶりの活躍をお祝いして、『森』はちょっと無理なので、『木→木→木』詰で。13手詰。 ・・・」

全詰連HPが復活
3月11日、おもちゃ箱で、詰将棋サイト一覧全日本詰将棋連盟 を登録。

2000年9月号 短14橋本守正氏作全短評
3月11日、毎日が記念日で、2000年9月号 短14橋本守正氏作
「名古屋の大ベテランの作者は、香龍会などでお会いする機会の多い詰キストです。最近はあっちゃんとメル友(謎)らしく、詰将棋を楽しんでおられるようです。本作は玉移動型の古風な曲詰です。 ・・・」

「銀不成1号局」 これが1号局
3月10日、詰将棋博物館BLOGで、「銀不成1号局」 これが1号局
将棋駒競第36番 史上初の銀不成作品。23手目の2二銀不成は、打歩詰回避の手筋である。」

|

« 詰将棋メモ(2006年3月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年3月11日):

« 詰将棋メモ(2006年3月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月12日) »