« 詰将棋メモ(2006年3月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月13日) »

詰将棋メモ(2006年3月12日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
詰将棋実戦形パラダイス2
第3回詰将棋解答選手権戦
PWCばか詰
詰将棋イベント情報
フェアリー詰将棋サイト「妖精都市」
3月の詰将棋
2006年年賀詰


「銀による捨てしぼり趣向」 久留島喜内
3月12日、詰将棋博物館BLOGで、「銀による捨てしぼり趣向」 久留島喜内
将棋妙案第81番 本局は簡素な形で四枚銀の趣向を描いた、実に美しい作品である。はじめに四枚銀で階段を作り、その後、並べ打った銀の階段を一枚ずつ捌き捨てながら馬と成香で玉をしぼり込んでいく。斜めに並べ打った銀の階段は綺麗に捌けて小じんまりした詰みになる。 ・・・」

37歳弘山が渋井下し初V/マラソン
3月12日、コーヘイの読みぬけ日記
「・・・名古屋マラソンでは、渋井陽子が弘山に敗れた。こちらは残り1キロの逆転で、なんとも劇的だ。遅咲きの桜におめでとうございます、というわけで例よって『ヒロ→山』詰を。15手詰。 ・・・」

今週のNHK詰将棋
3月12日、2ちゃんねるのNHK詰め将棋 僕には解けませんで、12日放映の今週のNHK詰将棋が話題に。

楠原崇司さん今週の詰将棋
3月12日、コーヘイ天国の乱で、MoonShineに2作品追加。
楠原崇司さんの京都民報3月5日、12日出題分。

九代宗桂 「将棋舞玉 第六十一番」
3月12日、はんぴんちぇんで、九代宗桂 「将棋舞玉 第六十一番」
「・・・ この六十一番は9手目から目の覚めるような捨駒が連発する。と金を8五まで呼んでから8六馬。序盤で玉を追う中心だった馬をすっぱり捨て去るのが詰将棋である。 ・・・」

3筋の龍
3月11日、(新)一日一題で、3筋の龍(3)
「・・・ 問題13A 後手玉に必至をかけよ。 ・・・」
3月11日、3筋の龍(4)
「問題13B 後手玉に必至はかかるか。 ・・・」

「昇降機」 久留島喜内
3月11日、詰将棋博物館BLOGで、「昇降機」 久留島喜内
将棋妙案第71番 趣向局「昇降機」 同一筋で2回の銀歩趣向を繰り広げる。久留島喜内らしい思索の展開のしかたが、ここにも見ることができる。」

2000年9月号 短15安達康二氏作全短評
3月12日、毎日が記念日で、2000年9月号 短15安達康二氏作
「作者は曲詰の名手で、安心して選題できるありがたい方です。このころだんごが流行っていたこともあり、ある程度詰上りの予想は付きそうなものですが、何の形なのか当てた解答者はお一人だけでした。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年3月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年3月12日):

« 詰将棋メモ(2006年3月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月13日) »