« 詰将棋メモ(2006年3月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月26日) »

浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」

[2006年11月11日最終更新]
浦野真彦七段の「5手詰ハンドブック」の続編、「5手詰ハンドブック2」が2006年3月28日、日本将棋連盟より発行。4月9日に関西将棋会館発売記念イベントを開催。

■5手詰ハンドブック2 浦野真彦七段 著 定価 1,050円(税込)
 「短編詰将棋の名手」として知られる浦野七段作による、使用駒数を10枚以内に限定した形の良い5手詰め200題。大好評の既刊本「5手詰ハンドブック」の第2弾! 実戦に現れやすい基本的な詰め手筋を満載した詰将棋問題集。 3月28日発売予定 発行 日本将棋連盟

関連情報:  浦野真彦七段「3手詰ハンドブック」


詰め将棋
2006年11月11日、suzuhiroの将棋悲喜こもごもで、詰め将棋
「・・・ 簡単そうな5手詰めを買ったんだけど、なかなか難しい問題もあり、100問やったところで、そろそろ飽きてきました。^^; 一問、転載してみますので、腕試しにどうぞ。 ・・・」

「5手詰ハンドブック(2)」
2006年8月28日、寄せの構造将棋棋書ミシュランで、 No.0581 「5手詰ハンドブック(2)」(浦野真彦)のレビュー。総合評価A。

5手詰ハンドブック2
2006年7月21日、30代からの将棋日記で、5手詰ハンドブック2
「・・・ 2巻ではありますが、第1巻よりも難易度はグッと下がっているような気がします。となると、これから本シリーズに取り組もうとする人は、「3手詰ハンドブック」⇒「5手詰ハンドブック」⇒「5手詰ハンドブック」の順で進むのがお勧めでしょうか。いずれにせよ、終盤力を鍛えるには最適な基本練習書と言えそうです。 ・・・」

「5手詰ハンドブック2」記念結果
2006年5月3日、詰将棋パラダイスで、浦野真彦正彦七段出題「5手詰ハンドブック2」記念結果。解答77名、正解72名。

『5手詰ハンドブック』2のイベント
2006年4月9日、かおりんふぁんこてくんのひまつぶし自分史で、『5手詰ハンドブック』2のイベント
「なんと、詰め将棋のプロ(おいおいっ・笑)浦野先生のイベントがあるというので、ちょっくら出向いてきました。 ・・・」

タイムトライアル
2006年4月8日、(新)一日一題で、タイムトライアル(3)
「よく見ると9日(日)が「5手詰ハンドブック2」発売記念イベントだそうなので、勝手に協賛して(?)、今からやります。ルールは
・200題制限時間90分(越えたらギブアップ)。解答を書く。盤駒使用可(使いませんけど)。
解答書きながら次の問題を解く技術も問われます(?)。」

詰めと必至ハンドブックと5手詰ハンドブック2
2006年4月1日、Santa_Clubで、新刊
「・・・ 終盤力の基礎を身につけるのは短手数の詰将棋が最適です。それに加えて必至問題や「この形でどの持ち駒があれば詰むか?」という問題を考えれば、より一層深い終盤力が身に付くでしょう。 ・・・」

「5手詰ハンドブック2」記念懸賞詰将棋
2006年4月1日、詰将棋パラダイスで、浦野真彦正彦七段出題「5手詰ハンドブック2」記念懸賞詰将棋
「2006年3月、浦野真彦七段著「5手詰ハンドブック2」(日本将棋連盟、¥1,050)が発行されました。今回も浦野先生から詰将棋をいただきましたので、記念懸賞詰将棋として出題いたします。やさしい問題ですので、奮ってご応募ください。
【締切】4月30日 【呈賞】3名(浦野真彦七段サイン入りの「5手詰ハンドブック2」) ・・・
浦野先生からのコメント「今年は緑色の本になりました。赤・黄・緑と並べるとキレイですよ!」 ・・・」

買っちゃったぁ
2006年3月29日、あかしょうの日記で、買っちゃったぁ
28日頃発売となっていた5手詰めハンドブック2を本屋で見かけたので、ついつい買ってしまった。 ・・・

「5手詰ハンドブック2」発売
2006年3月29日、関西将棋会館ホームページ関西将棋会館オンライン・ショップで、「浦野真彦七段直筆揮毫入り「5手詰ハンドブック2」発売!」

「5手詰ハンドブック2」発売記念イベント 参加します!
2006年3月23日、30代からの将棋日記で、「5手詰ハンドブック2」発売記念イベント 参加します!
「こてくんに教えてもらった、このイベント 。浦野真彦七段のハンドブックシリーズ第3段発売を記念して、関西将棋会館で4月9日(日)開催されます。関西将棋会館のトップページ にも出てますね。もちろん、参加申し込みました。「詰-1」はどうしようかなぁ~と悩みましたが、
>「5手詰ハンドブック」「3手詰ハンドブック」掲載の問題から出題。
>予習可能な早解き競争です。
この文章を見て、参加を決めました。 ・・・」

親睦会の詰将棋
2006年3月25日、いっつしゅみぶろで、桜が咲いた
「・・・ なかでも懸賞詰将棋はなんと浦野先生にご提供いただきました。 ・・・ 関西では発売記念イベントがおこなわれるそうですが、親睦会の会場でも待望の新刊、シリーズ第3弾の「5手詰ハンドブック2」、大好評「5手詰ハンドブック」「3手詰ハンドブック」全3冊をそれぞれサイン入りで販売させていただきます。こちらもどうぞお楽しみに! ・・・」

「5手詰ハンドブック2」発売記念イベント
2006年3月17日、関西将棋会館ホームページで、浦野七段「5手詰ハンドブック2」発売記念イベント
4月9日14時から関西将棋会館で。詰将棋うらばなし(浦野真彦七段)、詰-1グランプリ「詰将棋ハンドブック版」、詰将棋版「次の一手名人戦」など盛りだくさん。参加費は「5手詰ハンドブック2」(税込み1050円)付きで1300円。

将棋世界4月号
2006年3月3日、詰将棋天旗雑記のページで、将棋世界4月号
「・・・ 「3月号詰将棋サロン解説」を読みました。解説者の『詰将棋日記・年末年始編』によると、『5手詰ハンドブック2』が進行中です。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年3月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月26日) »

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/9248039

この記事へのトラックバック一覧です: 浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」:

« 詰将棋メモ(2006年3月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月26日) »