« 詰将棋メモ(2006年3月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月31日) »

詰将棋メモ(2006年3月30日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
激指がアマ竜王と対局
4月の詰将棋
コンピュータ将棋2006
第3回詰将棋解答選手権戦
第1回週将アマCOM平手戦
浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」
最強の将棋フリーソフト、ボナンザ


リハビリ9日目
3月29日、それから?で、もう我が家のシェフ
「・・・ 時間が無かったので、今日はごく簡単な9手詰で。もう少し選択の幅が広い問題を作りたいところではある。いろいろ作ってみよう。 ・・・」

短編詳解第5回
3月30日、All by myselfで、短編詳解第5回
「今回紹介するのは、1999年の短編コンクールにおいてダントツの評点で優勝した三谷郁夫氏の7手詰(詰パラ 1999-12 短編コンクール)です。 ・・・ 本作がいかに緻密な論理構成のもとで成立しているかがおわかり頂けたでしょうか。2枚角の限定打が輝く傑作でした。」
ちなみに、この筋は5手でも実現できる。 ===> 詰パラ1970年12月 加藤徹

オグリさん2局
3月30日、高橋農園詰め将棋掲示板で、オグリさん
「・・・ どちらも私の中では改心の出来です。最初のほうが難しいです。 ・・・」

先々週の過去作の解答
3月29日、冬眠蛙の冬眠日記で、最近ココログ重い…
「・・・ 第1作品集の第12番と比較して、こちらの方が趣向的ではありますが、やはり総合的にはこちらの方が価値が劣ると思います。」

What is your dream?
3月30日、おもちゃ箱で、詰将棋サイト一覧What is your dream? を登録。

道龍会結成
3月29日、あっちゃんずぶろぐ2で、道龍会
「最近、香龍会+大道棋で道龍会というのを勝手に結成しました。一応4月発足ということにしておきます。メンバーはあっちゃん&守ちゃんです、今のところ。 香龍会に参加経験のある大道棋作家は加入OKだと思いますので、興味ある方はメールフォームなどからお問い合わせくださいませ。 活動内容:大道棋を作って見せ合いお互いに刺激し合う、そんな感じです。 ・・・」

DEっちあげ
3月29日、詰まった!!で、DEっちあげ
「ネタがないときはでっちあげ こうゆう問題も、意外に難しいんじゃないかな、と思ったり思わなかったり。 協力7手 ・・・」

詰めと必至ハンドブック
3月28日、日本将棋連盟Digital Shopで、「内藤九段の直筆サイン本「詰めと必至ハンドブック」を4月2日20時より発売します。また、サインなし版「詰めと必至ハンドブック」と「5手詰めハンドブック2」が新発売。次の一手・詰将棋等の書籍コーナーよりご覧下さい。」
「九段内藤國雄の直筆サイン本です。「どの駒を持てば詰みますか。」といった、持ち駒を選ぶやさしい詰将棋で詰め方の基本を身につけてもらい、さらに1手必至問題150題を収録した、初級者向けの詰め手筋入門書。」

日経で詰将棋パラダイスの記事
3月29日、勝手に将棋トピックスで、日経で詰将棋パラダイスの記事
  ・風みどりの玉手箱: 本日の日経文化欄に
「日本経済新聞の3月28日朝刊に詰将棋パラダイス編集長の水上仁氏の文章が掲載されました。通巻600号を記念したもので、改めてその足跡の偉大さを認識させられます。 ・・・」

穴熊玉
3月29日、(新)一日一題で、穴熊玉(4)
「・・・ 問題21 後手玉に必至をかけよ。 ・・・」
3月30日、穴熊玉(5)
「・・・ 問題22 後手玉に必至はかかるか。 ・・・」

「玉方桂不成」 これが1号局
3月29日、詰将棋博物館BLOGで、「玉方桂不成」 これが1号局
象戯手段草  第6番 玉方桂不成の一号局。7手目1七飛に対する同桂不成がそれで1六に効きを残さないように受けて打歩詰の場面を作り出す手順。」

2001年2月号 短8新ヶ江幸弘氏作全短評
3月30日、毎日が記念日で、2001年2月号 短8新ヶ江幸弘氏作
「作者名と配置から見て曲詰なのは分かるのですが、それにしては配置駒が少なすぎて、どんな形になるのか、想像がつきにくいかもしれません。いつもながらのきっちりした創りですが、本作は残念ながら余詰がありました。 ・・・」

将棋タウン、実戦の詰み
3月29日、将棋タウンで、今週の「実戦の詰み」今週の「やさしい詰み」

|

« 詰将棋メモ(2006年3月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月31日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年3月30日):

« 詰将棋メモ(2006年3月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年3月31日) »