« 詰将棋メモ(2006年3月24日) | トップページ | 浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」 »

詰将棋メモ(2006年3月25日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
第3回詰将棋解答選手権戦
第16回世界コンピュータ将棋選手権
浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」(新規)
コンピュータ将棋2006
アンチキルケ入門


本日(25日)13時-17j時、詰工房 東京 大井町駅前 きゅりあん 6F 小会議室


関西将棋会館道場の詰将棋
3月20日、30代からの将棋日記で、関西将棋会館 対局日誌(06/3/19 日曜)
「・・・ 9局終わってふと気がつけば、夜8時半。道場の壁に貼ってある詰将棋を詰ませ、何やら抽選でプレゼントがあるようなので応募してみました。これがその問題。 ・・・」
金一色図式、持駒角一色。

腹から銀
3月24日、(新)一日一題で、腹から銀(6)腹から銀(7)
「・・・ 問題18B(19B) 後手玉に必至はかかるか。 ・・・」

親睦会の詰将棋
3月25日、いっつしゅみぶろで、桜が咲いた
「・・・ なかでも懸賞詰将棋はなんと浦野先生にご提供いただきました。 ・・・ 関西では発売記念イベントがおこなわれるそうですが、親睦会の会場でも待望の新刊、シリーズ第3弾の「5手詰ハンドブック2」、大好評「5手詰ハンドブック」「3手詰ハンドブック」全3冊をそれぞれサイン入りで販売させていただきます。こちらもどうぞお楽しみに! ・・・」

2001年1月号 短3山崎泰史氏作全短評
3月25日、毎日が記念日で、2001年1月号 短3山崎泰史氏作
「ぱらっとした簡素な初形ですが、持駒の飛・香で合駒を読まされる展開で、結構難しいかもしれません。ちょっと1月号には厳しい選題だったでしょうか。 ・・・」

勝浦修九段の詰将棋
3月24日、のんべの日々雑感で、詰将棋060324
「3月24日版サンケイスポーツ紙、勝浦修九段の詰将棋です。難しい手順とかはないけれど私の好きな形、自分でもこうしたタッチの作品を創ってみたいんだな…。 ・・・」

「石畳」 桑原君仲
3月24日、詰将棋博物館BLOGで、「石畳」 桑原君仲
将棋玉図 第73番 詰め上がり石畳模様の曲詰である。桑原君仲は添田宗太夫、久留島喜内と並んで江戸時代の三大曲詰作家の一人に数えられるが、本局は序盤の角捨て等、軽手を中心に軽妙にまとめている。 ・・・」

「3・5・7手実戦型詰将棋」~終盤に強くなろう(10)~
3月24日、将棋と卓球と数学の部屋で、「3・5・7手実戦型詰将棋」~終盤に強くなろう(10)~
「終盤の強くなろうというテーマの最後に、飯野健二七段著「3・5・7手実戦型詰将棋」という本から、終盤の勉強をしていきたいと思います。この本は、基本的な詰将棋が160題あり、気楽にできていいでしょう。 ・・・」

くる展向け投稿
3月23日、詰将棋天旗雑記のページで、歩とは無関係-2
「・・・歩いていて作り掛けの詰将棋の断面が頭に浮かんできて、歩の使い方のアイデアが浮かびました。他愛のない易しい趣向詰ですが、歩くことは必ずしも歩とは無関係でもなさそうです。 ・・・」
3月24日、くる展向投稿
「昨日、一応仕上がった易しい趣向詰は、今朝になってみたら、いろいろ気に入らない点もあり、少し手直ししました。もともと他愛のないもので、手順などがよくなるわけではありませんが、配置を軽くしたり、収束を伸ばしたりしました。これ以上手を入れようがないと見て、おもちゃ箱くるくる展示室へメール投稿しました。 ・・・」

2月号解答審査終了
3月16日、詰将棋パラダイス中学校担当業務日誌で、2月号解答審査終了
「・・・ 2月号の結果を速報で。解答者総数129。全題解答者99。そしてこれは書いても構わないと思うのだが、全題2点5をクリアした。こんなことは記憶にない ので、もしかすると私の担当期間中初の快挙かも知れない。だけど事前の私なりの予想だと、今発売中の3月号(通巻600号)や4月5月の方がもっと強烈な 好作が控えている。と言うわけで今期の中学校からは目が離せないよ。」

|

« 詰将棋メモ(2006年3月24日) | トップページ | 浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年3月25日):

« 詰将棋メモ(2006年3月24日) | トップページ | 浦野真彦七段「5手詰ハンドブック2」 »