« 詰将棋メモ(2006年4月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月22日) »

詰将棋メモ(2006年4月21日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
コンピュータ将棋2006
最強の将棋フリーソフト、ボナンザ
第1回週将アマCOM平手戦
第3回詰将棋解答選手権戦


詰パラ'06-04九州G作品展②について
4月21日、九G掲示板で、小峰耕希さん
「・・・ 残念な事に②多良氏作の類作を発見しました。正式には解答用紙に記入するつもりですが、将世'05-1の昇段コース(四・五段)に出題された21手詰です。 ・・・」

端に金銀
4月20日、(新)一日一題で、端に金銀(4)
「・・・ 問題30 後手玉に必至はかかるか。 ・・・」

State of the Digital Shogics [最先端計数将棋学]
4月21日、おもちゃ箱で、詰将棋サイト一覧State of the Digital Shogics [最先端計数将棋学] を登録。

九代宗桂 「将棋舞玉 第六十二番」
4月20日、はんぴんちぇんで、九代宗桂 「将棋舞玉 第六十二番」
「 手順に追うと2三角の開き王手で飛を取れるが、それだと打歩詰にはまるのであえて5六に歩を吊り上げて、4六に飛を戻してあえて歩を取ることで打歩詰を回避する構想作。つまり持駒が飛歩では詰まないが、歩歩なら詰むという仕掛け。 と言われているがどうなのだろう。 ・・・」

銀さんの詰将棋
4月19日、のんべの日々雑感で、詰将棋060419
「今日は自作の「初形イ」、以前に出したものですけれど、5五の角が馬になっていましたので訂正がてら載せておきます。 ・・・」
4月20日、詰将棋060420
「昨夜、詰パラ短大に取り組む合間に浮かんだ手筋で作ったものですが、これはどう考えても既出であるとしか思えません。ですから、自作とは言い難い気がします。 ・・・」

リレー煙詰
4月20日、たくぼんの解図日記で、またまた春の嵐
「・・・ 収束3手~5手の元図をここで発表して次に他の方にリレーして2手ずつ逆算してまたリレーする。逆算不可能になればまた一つ前に戻ってやり直し。そうすれば最終的に煙詰完成! ・・・」

2001年7月号 短5藤城直幸氏作全短評
4月21日、毎日が記念日で、2001年7月号 短5藤城直幸氏作
「大模様の初形で、玉の上部に桂香のバッテリーがあり、どんな手順が飛び出すのかと期待させられます。中盤以降緩んでしまうのが惜しいところですが、これはこれで新人らしい作品だと思います。 ・・・」

「天馬空行」 酒井桂史
4月20日、詰将棋博物館BLOGで、「天馬空行」 酒井桂史
酒井桂史作品集  第100番 本局は二枚馬が盤面一杯暴れ廻る作品で、酒井の作品の中でも代表作に挙げられる雄渾な作品である。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年4月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年4月21日):

« 詰将棋メモ(2006年4月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月22日) »