« 詰将棋メモ(2006年4月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月27日) »

詰将棋メモ(2006年4月26日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
赤沢真冬の最新作(竹本健治「将棋殺人事件」)
第16回世界コンピュータ将棋選手権


2001年8月号 短10椎谷彰氏作全短評
4月26日、毎日が記念日で、2001年8月号 短10椎谷彰氏作
「33飛がえらい位置にありますが、その他は自然な実戦形といえましょう。持駒が今ひとつ決め手を欠く感じで、玉方の守りも相当しっかりしていますので、精密な攻めが要求されます。 ・・・」

「金捨て送り趣向」 伊藤看寿
4月25日、詰将棋博物館BLOGで、「金捨て送り趣向」 伊藤看寿
将棋図巧  第67番 清楚な趣向詰である。序盤の駒のやりとりがあって、駒の清算が一段落した所から、7八龍、9七玉、9六金、同玉、7六龍、9五玉、9四金と、金の連続打ち捨てと龍追いの組合わせで玉を追い落とし、7二龍からは、持駒の銀香で威嚇しながら、7三龍、7四龍・・と裸玉を追い上げるのである。簡単な駒配置で玉の上下往復を画いた美しい作品である。」

銀さんの詰将棋
4月25日、のんべの日々雑感で、詰将棋060425
「・・・ 今日の作品は前に作ったのを焼き直ししたものです。 ・・・」

今週のチャレンジ詰将棋
4月24日、世界日報チャレンジ詰将棋で、今週の出題。
「〔ヒント〕攻め駒を捨てる順序に注意する。〔手数〕9手詰」 先週の解答はこちら

将棋PG
4月25日、Ma vie quotidienneで、将棋PG
たくぼんの解図日記4月23日付エントリーで提起された1手詰作図問題、その場で少し考えた。 ・・・ 煙詰が看寿のそれしかなかった時代と同じで、「できそうもない」という先入観がゆえに発見されていない手順や趣向が、この分野には眠っているのかもしれない。」

将棋タウン、やさしい3手5手
4月25日、将棋タウンで、「やさしい3手詰」「やさしい5手詰」

詰将棋26日目
4月24日、それから?で、フォルツァ
「・・・ 相変わらず紛れが少ない。紛れの多い問題を作るというのはこれからの課題になりそうだ。もっといろいろ問題を解いてみて筋を覚える必要があるのだろう。 ・・・」

大道棋・金問題・派生作
4月25日、詰将棋駒の舞(別館)で、大道棋・金問題・派生作
「・・・ 第29番:大道棋・金問題 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年4月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年4月26日):

« 詰将棋メモ(2006年4月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年4月27日) »