« 詰将棋メモ(2006年4月3日) | トップページ | アンチキルケ2005 »

詰将棋メモ(2006年4月4日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
アンチキルケ入門
アンチキルケ2005 (アンチキルケ入門から2005年の記事を分離)
詰将棋イベント情報
4月の詰将棋


おおげさ詰め
4月2日、おおた葉一郎のしょーと・しょーと・えっせいで、おおげさ詰め
「・・・ 今回は中ぐらいの難易度の問題(といってもあまり難しくない)。どうも、チマチマと駒を手順どおり捨てていくような毛糸の手編みマフラーのような問題を作るのは苦手である。 ・・・」

将棋タウン、やさしい3手5手
4月4日、将棋タウンで、「やさしい3手詰」「やさしい5手詰」

「銀智恵の輪」 久留島喜内
4月3日、詰将棋博物館BLOGで、「銀智恵の輪」 久留島喜内
将棋妙案 第68番 有名な「銀智恵の輪」である。久留島の芸は本局を含め7題の「智恵の輪」連作に代表されると言っても過言ではない。「智恵の輪」は久留島の趣向の頂点であり、一つの構想を天才がいかに巧みに展開し、盤上に表現したかを示す好例でもある。 ・・・」

2001年3月号 短13須藤大輔氏作全短評
4月4日、毎日が記念日で、2001年3月号 短13須藤大輔氏作
「毎年暮れに四日市で学生将棋団体戦(王座戦)が開かれます。ある年、作者のお宅に泊めていただきまして、2人でいろいろと本作をつついてみたもので、私にとっては思い出深い作品です。 ・・・」

今週のチャレンジ詰将棋
4月3日、世界日報チャレンジ詰将棋で、今週の出題。
「〔ヒント〕馬と桂の連係で寄せる。〔手数〕13手詰」 先週の解答はこちら

月替わりいろいろ
4月2日、YOMUKA FAIRY MEMOで、月替わりいろいろ
「・・・ アンチキルケ作品展第7回/第6回結果稿 ・・・九州G作品展 ・・・ 詰パラ ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年4月3日) | トップページ | アンチキルケ2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年4月4日):

« 詰将棋メモ(2006年4月3日) | トップページ | アンチキルケ2005 »