« コンピュータ将棋2006(3月・4月) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年5月8日) »

第16回世界コンピュータ将棋選手権(大会後)

[2006年6月6日最終更新]
第16回世界コンピュータ将棋選手権から、大会後(5月6日~)の記事をこちらに分離した。
大会中(5月3日~5月5日)の記事 ===> 第16回世界コンピュータ将棋選手権
大会前(~5月2日)の記事 ===> 第16回世界コンピュータ将棋選手権(大会前)


第16回世界コンピュータ将棋選手権が、2006年5月3日~5日、木更津のかずさアークで開催。参加43ソフトの熱戦が行われ、初参加のBonanzaが見事に優勝。2位はYSS、3位はKCC将棋。昨年優勝の激指は不調で5位に終わった。今回からLAN対戦が導入、対局がインターネットでライブ中継され、ネット上でも盛り上がった。

  ・第16回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継 ネット中継 (コンピュータ将棋協会
  ・「世界コンピュータ将棋選手権2006」を10倍楽しむHP
  ・第16回世界コンピュータ将棋選手権 写真集 (YSSと彩のページ
  ・第16回世界コンピュータ将棋選手権にて、Bonanzaが優勝 (マグノリア
  ・フリーソフト「Bonanza」が初出場で優勝 - 第16回コンピュータ将棋選手権 (MYCOMジャーナル
  ・世界コンピュータ将棋選手権参加ソフトリンク集 (おもちゃ箱

2007年の情報はこちら ===> 第17回世界コンピュータ将棋選手権

関連情報: コンピュータ将棋200720062005  将棋ソフト・コンピュータ将棋
  最強の将棋フリーソフト、ボナンザ  IT時代のコンピュータ将棋選手権


2006年6月5日

2006年6月3日

  • 第16回世界コンピュータ将棋選手権 新星ボナンザ、優勝 松原仁 (将棋世界2006年7月号)
      松原先生の観戦記5ページ+「ボナンザの強さを探る」というコラム4ページ。

2006年5月26日

  • 最強プログラムの座をかけて! 第16回世界コンピュータ将棋選手権観戦記 取材・後藤元気 (近代将棋2006年7月号)
      8ページに渡る観戦記。決勝出場チームインタビュー、ボナンザ開発者保木邦仁さんに聞く、なども。なお、「次号はボナンザを徹底解剖する大特集を組みます」とのこと。

2006年5月24日

2006年5月23日

2006年5月20日

2006年5月19日

  • コンピューター将棋、ボナンザ初優勝 (Sankei Web
     「43チームが参加してゴールデンウイーク中、千葉県木更津市で行われた第16回世界コンピューター将棋選手権は、Bonanza(ボナンザ)が初優勝。8チームのリーグ戦でボナンザは初戦のYSSには敗れたものの6勝1敗だった。2位は5勝1敗1分のYSS。」

2006年5月17日

  • 第16回世界コンピュータ将棋選手権 成功した独自の手法 2006 ボナンザショック (週刊将棋5月17日号)
     「・・・ この選手権を最も知る棋士の一人、勝又清和五段に今回の特徴と、優勝したボナンザの開発者・保木邦人さんへ電話インタビューした話を述べてもらった ・・・」

2006年5月16日

2006年5月15日

  • コンピュータ将棋選手権はボナンザ初優勝 (asahi.com
     「第16回世界コンピュータ将棋選手権が3~5日、千葉県木更津市で43ソフトが参加して開かれ、初出場のBonanza(ボナンザ)が初優勝した。1次予選から勝ち上がり、8チーム総当たりの決勝リーグは6勝1敗だった。2位はYSS、3位はKCC将棋。」

2006年5月14日

2006年5月12日

2006年5月11日

2006年5月10日

  • 第16回世界コンピュータ将棋選手権 衝撃! 初出場ボナンザ優勝 (週刊将棋5月10日号)
     「3日間主役を張ったボナンザ 注目の2作エントリー ・・・ カナダからのメール ・・・ 激指、調整失敗 ・・・ 正反対の開発者 ・・・」
      次号には特別レポートと特集あり(勝又五段解説)

2006年5月9日

2006年5月8日

2006年5月7日

2006年5月6日

  • 世界コンピュータ将棋選手権:優勝は「Bonanza」 (Engadget Japanese
     「5月3日から5日にかけて開催された第16回世界コンピュータ将棋選手権はフリーソフト「Bonanza」が歴戦の強豪を下し7勝1敗で優勝を飾った とのこと。Bonanzaはトロント大学で理論物理学を研究する保木邦仁氏が「本業の合間を見つけては(...)一人でコツコツと」開発しているプログラ ムで、コンピュータ将棋選手権へは今回が初出場。2004年ごろ開発開始、2005年公開のフリーソフトが初出場・初優勝というだけでも充分に快挙です が、2位の「YSS」(山下 宏氏)がOpteron 2.6GHz x4、三位「KCC将棋」(北朝鮮KCC将棋チーム)に至っては8CPUマシンで走らせているのに対してBonanzaはCore Duo T2600 Vaio(+変な扇風機)で動いているのも面白いところです。」
  • 第16回世界コンピュータ将棋選手権(2006年5月3日~5日開催)にて、Bonanzaが優勝 (マグノリア
      「 第16回世界コンピュータ将棋選手権におきまして、初出場の[Bonanza]が、強豪を打ち破り、見事優勝いたしました。初参加での優勝は、(第一回大 会を除けば)大会開催以来初めてのこととなります。初、ということでまとめますと①初参加で優勝、②ノートパソコンで優勝、③フリーウェアで優勝、いずれ も初めてのことです。特に初参加で優勝は、ここ数年上位陣がほぼ固定していたコンピュータ将棋界にとって激震とも言えます。 ・・・」
  • ボナンザが初出場初優勝 世界コンピュータ将棋選手権 (週刊将棋 ONLINE DAILY NEWS
      「第16回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から千葉県木更津市「かずさアーク」で行われ、国内外の43ソフトが参加、初出 場のBonanza=ボナンザ(保木邦仁氏開発)が5日の決勝リーグを6-1で制し優勝した。2位はYSS、3位はKCC将棋。同日行われたボナンザと加 藤幸男朝日アマ名人のエキシビションマッチは、加藤さんが快勝した。」

|

« コンピュータ将棋2006(3月・4月) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年5月8日) »

「コンピュータ将棋イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンピュータ将棋2006(3月・4月) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年5月8日) »