« 詰将棋メモ(2006年8月24日) | トップページ | 若島正「盤上のファンタジア」 »

詰将棋メモ(2006年8月25日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
若島正「盤上のファンタジア」 (新規)


冥王星は格下げ・惑星は8個、国際天文学連合が採択
8月24日、コーヘイの読みぬけ日記
「 ・・・ 降格する冥王星のマークを曲詰でやってみた。 ・・・」

ゆうこりん&浜口が熱愛
8月24日、コーヘイの読みぬけ日記
「 ・・・ まあとにかく、『ユウ→コリン』詰でも作ってみるか。 ・・・」

詰将棋第51日
8月25日、それから?で、真夏の過日
「5手詰の詰将棋です。1手目が最大のポイントになっていて、あとの4手はオマケのようなものです。 ・・・」

柏川悦夫「新まりも集」
8月24日、将棋雑記で、新まりも集第七十三番

2003年11月号 短25塚本惠一氏作全短評
8月25日、毎日が記念日で、2003年11月号 短25塚本惠一氏作
「期末のトリを飾るという雰囲気の初形ではないのですが、合駒の変化にボリュームがあり、こういう期末もありかと思っての選題でした。この簡素な初形から、捨合を含む手順が堪能できるのは入玉形らしいところですね。 ・・・」

九代宗桂 「将棋舞玉 第百番」
8月25日、はんぴんちぇんで、九代宗桂 「将棋舞玉 第百番」
「傑作というのは難しいもので素晴らしいとか凄い、といった評価で終わってしまうところがある。収束にいくぶん乱れがあるようだが、それでもこれは飛鋸、金追い、連取りを含む素晴らしい傑作である。 ・・・」

九代宗桂 「将棋舞玉 第九十九番」
8月24日、はんぴんちぇんで、九代宗桂 「将棋舞玉 第九十九番」
「・・・ 手順だけを見るとこれまでの捨駒、趣向(っぽい)、収束のパターンである。ところが伏線が一つ入るだけで緊張感が入りぼやけた感じがない。 ・・・」

作品集未収録にした作品
8月24日、冬眠蛙の冬眠日記で、感動の裏に
「・・・ いや~、ヒドイ形です。でも私の詰棋観がちょこっと出ています。17手。」

詰パラには投稿できないだろうな~

8月24日、だっちょの「成すがままに」で、詰パラには投稿できないだろうな~ その3
「・・・ 今回の作品は、ズバリ○○○二連発です。しかしこのために異常な広がりようを見せています。 ・・・」

7手詰800題
8月24日、将棋と卓球と数学の部屋で、将棋の部屋1410 詰将棋データベース10 7手詰800題
「No.1135で、「詰め将棋データベース」7手詰500題を紹介しましたが、その7手詰を800題に増やしました。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年8月24日) | トップページ | 若島正「盤上のファンタジア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/11595137

この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年8月25日):

« 詰将棋メモ(2006年8月24日) | トップページ | 若島正「盤上のファンタジア」 »