« 詰将棋メモ(2006年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年9月27日) »

詰将棋メモ(2006年9月26日)

今日のメモ更新 (更新順一覧:詰将棋メモダイジェスト 分類別一覧:詰将棋情報
10月の詰将棋


詰四会の氾濫26
9月26日、たくぼんの解図日記で、腰痛
「・・・ 詰四会の氾濫26の投稿作はお願いが効いたのか、 作者数・・・・6名 投稿作数・・11作 となりました。あと作者数2名で予定数に到達するので少しほっとしています。それを越えると今度は選ばなくてはいけなくなります。」

Rの詰将棋
9月26日、Golconde Weblogで、Rの詰将棋
「・・・ これ、社団戦などで大盤に出題してみてもらったのですが、道代表・地区代表常連の猛者たちが結構考え込んでいるんですよね。 ・・・」

TETSU:シンプルで良いが、離し打ちで合駒が余るのは・・・ 初手61飛の余詰もあり。

やさしい短編コーナー、20題に
9月24日、風みどりの玉手箱で、やさしい短編コーナーが20題に。

今週のチャレンジ詰将棋
9月25日、世界日報チャレンジ詰将棋で、今週の出題。
「〔ヒント〕桂の打ち場所を考える。〔手数〕15手詰」 先週の解答はこちら

将棋タウン、やさしい3手5手
9月26日、将棋タウンで、「やさしい3手詰」「やさしい5手詰」

2004年8月号 短7小峯秀夫氏作全短評
9月26日、毎日が記念日で、2004年8月号 短7小峯秀夫氏作
「2枚の大駒が遠くにいるのは作者の持ち味のようで、持駒にも大駒が2枚あって、いかにもダイナミックな手順が期待できそうです。これだけの攻め駒ですが、67と1枚で抑えきっているのはよくできていると思います。 ・・・」

「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去
9月25日、コーヘイの読みぬけ日記
「・・・ 丹波氏の死を悼み、『テツ→ロー』詰を。15手。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2006年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年9月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2006年9月26日):

« 詰将棋メモ(2006年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年9月27日) »