« 詰将棋メモ(2006年11月2日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年11月3日) »

コンピュータ将棋2006(7月・8月)

[2006年11月2日最終更新] 
2006年の将棋ソフト・コンピュータ将棋の話題(7月・8月分)。
1月-6月分はコンピュータ将棋2006(1月・2月)(3月・4月)(5月・6月)を、
最近の記事はコンピュータ将棋2006をごらんください。 


2006年8月29日

2006年8月28日

  • IntelのCore2 Duo E6700がYSSベンチでトップに。 山下さん (コンピュータ将棋や囲碁の掲示板
     「・・・ 最新の Core2 Duo 6700 がちょっと引き離した速度を出してます。 ・・・」

2006年8月25日

  • 先を読む頭脳 (新潮社
     「先を読む頭脳 羽生善治、伊藤毅志、松原仁
    天 才・羽生善治の頭脳は、なぜ誰よりも早く、先を読むことができるのか――。混迷の時代、常に一歩リードするために必要な思考法とは? 「羽生の頭脳」がコ ンピュータより優れている点とは? 認知科学と人工知能の二人の科学者が様々な実験とインタビューから、天才棋士の思考、学習、戦術を徹底解剖。その驚異 的な認識能力を解明し、常識を超える発想の秘密に迫る。知的好奇心を刺激する「将棋の科学」。
    四六判/218ページ/1365円(定価)/ISBN:4-10-301671-X/ 発売:2006/08/25」

2006年8月19日

2006年8月15日

2006年8月6日

2006年7月27日

2006年7月22日

  • コンピュータ将棋 (---
     「結構時間をかけています。ようやく少しまともになってきたかも…。 ・・・」

2006年7月21日

2006年7月20日

2006年7月14日

  • 木偶の坊 使い方 fkuさん (コンピュータ将棋や囲碁の掲示板
     「初めまして、コンピューター一台でCSA BONANZA 対 柿木7 の対局が上手く出来ません。 ・・・」
    山下さん
     「あまり、市販ソフト同士を対戦させるようには出来ていないのですが、以下の手順で、
    先手:柿木将棋6  後手:ボナンザ(CSA将棋)  は出来ました。(先後逆は試してません) ・・・」

2006年7月6日

  • 詰将棋評価プログラム 門脇芳雄さん (おもちゃ箱掲示板
     「7月8日(土)午後3時からのコンピュータ将棋協会(CSA)の例会で、「コンピュータによる詰将棋の評価」(自作プログラム)について発表します。関心のある方は御来聴ください。来聴は自由です。 会場=早稲田大学(本部)キャンパス1号館3階303教室」

    8日の例会では、柿木さんの発表 「(1) この1年の改良点 (2) 並列化について」 もあります。 CSA例会のページ (コンピュータ将棋協会) を参照。

2006年7月5日

  • コンピュータ将棋協会 (CSA)   (柿木 義一)  (アマレン伝言ダイヤル7月分)
      「5月24日~6月1日、 イタリアで第11回コンピュータ・オリンピアドが開催された。コンピュータ将棋の部門では、 3チームが先後2局ずつの総当りで対戦した結果、 3チーム共2勝2敗の同率となった。 このため、 総当たりで3局のプレーオフを行い、 次の結果となった。 優勝 YSS 2勝0敗 2位 Bonanza 1勝1敗 3位 TACOS 0勝2敗」

2006年7月3日

|

« 詰将棋メモ(2006年11月2日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年11月3日) »

「コンピュータ将棋イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/12523280

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ将棋2006(7月・8月):

« 詰将棋メモ(2006年11月2日) | トップページ | 詰将棋メモ(2006年11月3日) »