« 詰将棋メモ(2007年2月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月6日) »

詰将棋メモ(2007年2月5日)

今日のメモ更新: 詰将棋のルール  2月の詰将棋  コンピュータ将棋2007
  九州Gフェアリー別館第10回出題  森茂追悼作品展  最強の将棋フリーソフト、ボナンザ


名局鑑賞(第13回:山本昭一作23手詰)
2月5日、ふしんなぺーじで、名局鑑賞(第13回:山本昭一作23手詰)
「・・・ 「11連続捨駒」という表題にはしたが、連続捨駒の記録ならもっと多い作品がある。この作品の素晴らしさは、置駒一桁で抑えたコンパクトな構図に、連続捨駒を封入した点にある。 ・・・」

黒川一郎研究26
2月5日、将棋雑記で、黒川一郎研究26
「26作目です。風ぐるま1953年4月号発表。「鳴子」原作不詰。将棋浪曼集第十二番 ・・・」

詰将棋メモの2007年の人気ページ
2月5日、おもちゃ箱詰将棋情報で、2007年の人気ページ。2006年の人気ページはこちら

2006年11月号 短24服部彰夫氏作全短評
2月5日、毎日が記念日で、2006年11月号 短24服部彰夫氏作
「ごてごてした初形で、またいかにも駒を取りますという配置も作者らしいですね。本作は曲詰ではないですが、やはり序盤の変化・紛れが手厚いのはこれも作者らしいところで、収束がぴたっと決まるところまで、持ち味がよく出ていると思います。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2007年2月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月6日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2007年2月5日):

« 詰将棋メモ(2007年2月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月6日) »