« 詰将棋メモ(2007年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月28日) »

将棋パズル(2)将棋駒の入替え(1)

[2007年3月3日最終更新]
将棋パズル、1回目の利かずの駒並べ のあと空いてしまいましたが、ぼちぼち書いていこうと思います。2回目はおなじみの将棋駒の入替えパズル。昔なつかしい「カピタン」第19号(1970年8月)より。

関連情報: 将棋パズル(1)利かずの駒並べ  将棋パズル(3)将棋駒の入替え(2)
  カピタンリバイバル


何手でできますか 駒の入替え  加藤 徹

またずいぶん古いものを--と誰かさんに笑われそうですが、昔ながらの駒の入替えパズルを集めてみました。

さてあなたは何手でできますか。

まずは3×3の盤の中での入替え。いずれも上下の駒を入れ替える問題です。

Irekae00・例題

(解答) 22角右、11銀、12飛、13角、22銀引、11飛、12銀上、23銀左、32飛、33銀、22角引、31飛、32銀直、33角まで14手

これはわりに簡単でした。では次の問題はいかがですか。すぐできた人は、最短手順を探してみてください。

Irekae01

問題Fの駒「騎」はチェスのナイト、八方桂です。

次からはちょっと大きく9×3の盤(将棋盤でも同じ)の問題。飛と角の入替えです。

Irekae02

Hは有名な問題ですが、すこぶる難問。最短どころか、単に入れ替えるだけでも容易ではありません。

各問題の最短手数は次の通り。これより早くできた方はご一報ください。解答はあえて省略します。

A 24手 B 34手 C 30手 D 37手 E 36手 F 28手 G 22手 H 99手

Irekae03

中将棋の駒、銅将を使用した入替えパズルを3題出題します。

銅将は図のように前後と斜め前に動ける駒です。

3題とも上下の駒を入れ替える問題です。

Irekae04


この3題、あなたは何手でできますか。
解答は、将棋パズル(3)将棋駒の入替え(2)をごらんください。

|

« 詰将棋メモ(2007年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月28日) »

フェアリー・詰中将棋・将棋パズル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋パズル(2)将棋駒の入替え(1):

« 詰将棋メモ(2007年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年2月28日) »