« 詰将棋メモ(2007年5月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年5月21日) »

無料将棋ソフトのダウンロード

[2013年1月24日最終更新] ハム将棋移転のためリンク変更

将棋も将棋倶楽部24など無料のインターネット将棋道場で気軽に指せるようになってきたが、いきなり知らない人と指すのもちょっと、という人も多い。もっと気軽に指せるのが、ネットでダウンロードできる無料の将棋ソフトを利用する方法だ。

無料のソフトといっても、将棋ソフトの開発者のご好意で公開されているフリーソフト、商品として販売されている将棋ソフトの体験版、商品版を広告表示することで無料にした広告視聴型無料ソフトなど、いろいろなタイプがあるので、ダウンロードページなどに書かれている情報を良く読んで利用したい。

関連情報:
  詰将棋のフリーソフト  最強の将棋フリーソフト、ボナンザ  ハム将棋で将棋を覚えよう
  コンピュータ将棋2014  2013  将棋ソフト・コンピュータ将棋
  第23回世界コンピュータ将棋選手権  第22回  選手権ネット中継
  第2回将棋電王戦  第1回  あから、清水女流王将に勝利


無料の将棋ソフトも以前から多くのソフトがあるが、最近のソフトということで、まずは2012年の第22回世界コンピュータ将棋選手権に出場したソフトを中心に、選手権での順位の順番に紹介する。

1.GPSshogi (優勝)

東京大学大学院総合文化研究科の教員、学生が開催しているゲームプログラミングセミナー(GPS)のメンバーによって作られている将棋ソフト。2009年の第19回世界コンピュータ将棋選手権、2012年の第22回世界コンピュータ将棋選手権で優勝した、現時点での最強ソフト。GPLライセンスでソースも公開されている。Linux版、Windows版、Mac版がある。

  • GPSshogi GPSshogiのホームページ
    ダウンロードのページからGPSshogi (2012年選手権バージョン)のバイナリとソースをダウンロードできる。

2.Blunder (8位)

2011年、2012年と連続して世界コンピュータ将棋選手権で決勝に進出している強豪ソフト。思考エンジンのバイナリとソースコードを公開している。USI対応の思考エンジンで、将棋GUIソフト「将棋所」と組み合わせて動作させる。

  • aki.の月記 開発者下山晃さんのブログ
  • Blunderのページ。 Blunderのホームページ
    Blunder(2011年選手権バージョン)のバイナリとソースがダウンロードできる。

3.ボナンザ(Bonanza) (9位 

2005年にBonanzaがフリーソフトとして公開され、「奨励会有段者もコロコロ負けているらしいんです」(渡辺明ブログより)という強さで話題になった。2006年の世界コンピュータ将棋選手権で初出場で優勝、2007年3月には渡辺明竜王と平手で対局して善戦、竜王に「コンピューターがここまでプロに迫るほど強くなっているということは自覚しなくてはいけないですね」と言わしめた。商品版もあり、MAGNOLIAよりBonanza5.1 Commercial Edition として発売されている。

  • Bonanza - The Computer Shogi Program 保木邦仁さんのボナンザのホームページ
    このページからフリーソフト Bonanza のバイナリとソースがダウンロードできる。最新版は2011年5月に公開されたBonanza 6.0。Bonanzaの思考エンジンと同梱されているCSA将棋を組み合わせて対局できる(bonanza.exeではなく、Csa.exeを起動する)。また、上記ページで紹介されているBonanzaに適用できる定跡やフリーソフトを組み合わせることで、更に強く便利にできる。
  • MAGNOLIA ボナンザ製品版を開発しているマグノリアのホームページ
    2006年選手権で優勝したバージョンのBonanzaの商品版が無料で提供されている(Bonanza Classic【無料版】)。

4.将棋プログラム「Sunfish」  (14位 

2011年、第21回世界コンピュータ将棋選手権に初出場、1次予選を突破していきなり15位。2012年には一つあげて14位となった。久保亮介さんが開発した将棋ソフト。

5.クマ将棋(別名:simk)  (19位)

熊本大学の上瀧剛さんの開発した将棋ソフト。2012年、 第22回世界コンピュータ将棋選手権に初出場で1次予選を突破した。

6.柿木将棋 (20位)

詰将棋や棋譜管理ではデファクトに近い柿木義一さんの将棋ソフト、柿木将棋VIII。販売元のエンターブレインより、無料でダウンロードできる『柿木将棋VIII』体験版が提供されている。また、柿木さんのホームページ、柿木の将棋ソフトウェアでは、棋譜管理やチェス対局など柿木さんの開発したフリーソフトが各種公開されている。

7.きのあ将棋 (24位)

あきすてのさんの将棋ソフト。2007年5月18日きのあ将棋 91がベクターより公開。2007年の選手権バージョンでしょうか。

8.Miyako Shogi System (26位)

京都の前田大和さんの開発した将棋ソフト。2012年、 第22回世界コンピュータ将棋選手権に初出場。惜しくも1次予選突破はならなかった。

9.山田将棋 (27位)

第6回から連続して世界コンピュータ将棋選手権に出場している山田泰広さんの将棋ソフト。

10.なり金将棋 (30位)

第17回世界コンピュータ将棋選手権では1次予選で3戦連続引き分けで話題になった村山正樹さんの将棋ソフト。

  • 自作ソフトのページ 村山正樹さんのコンピュータ将棋・囲碁などのホームページ
    「思考ルーチンを発表するほど強くは無いので、今後参加される方の為にWindowsGUIのソースを」公開。また、2001年の第11回選手権出場のなり金将棋がダウンロードできる。

11.うさぴょん、れさぴょん (第21回:19位、第22回:不参加)

「うさぴょん」鈴木将棋をベースに池泰弘さんが開発した将棋フリーソフト。ソースも公開されている。「れさぴょん」は「 うさぴょんを1からコンピュータ将棋初心者向けに作り直したプログラム」で、最大の特徴は「れさぴょん」をライブラリとして使い思考ルーチンを追加して将棋ソフトを作れること。白砂将棋、STR、稲庭将棋などが実際に「れさぴょん」をライブラリとして使用して選手権に出場した。解説本「コンピュータ将棋のアルゴリズム」工 学社刊・1995円(税込み)もある(最近Java版も発行された)ので、将棋ソフトをすべて自分で作るのは大変だが、思考ルーチンは作ってみたい、とい う方は、「れさぴょん」をライブラリとして開発してみてはいかがだろうか。ちなみにれさぴょんは「れっさーうさぴょん」の略とのこと。

12.Spear (第20回:18位、第21回・第22回:不参加)

東京工科大学のライエル グリムベルゲンさんの将棋フリーソフト。ホームページの将棋のページではプロ棋戦もフォローされていて、充実している。

13.Shotest (第20回:20位、第21回・第22回:不参加)

イギリスのJeff Rollasonさんの開発した将棋ソフト。1997年の第7回選手権より参加、第8回、第9回選手権では連続して3位に入賞した。Shotestは非公開だが、Shotestの思考ルーチンを採用したバリュー将棋4MAGNOLIAより無料で提供されている。

14.稲庭将棋 (第20回:26位、第21回・第22回:不参加)

第20回世界コンピュータ将棋選手権に初出場し、相手の時間切れ負けまたは千日手を狙うユニークな戦略で話題を呼んだ将棋ソフト。狙い通り1次予選を4勝3引き分けで通過した。

15.デーモン将棋(Daemonshogi) (第20回:43位、第21回・第22回:不参加

時田正彦さんの将棋ソフト。GPLライセンスで開発しており、ソースも公開されている。Linux版だが、Windows用にリコンパイルしたものもあり、CSA将棋と組み合わせて対局できる。

  • 将棋とubuntu日記 開発者時田正彦さんのブログ
  • Daemonshogi デーモン将棋のホームページ
    デーモン将棋がダウンロードできる。現在の最新版は version 0.1.4 (2005/12/13)

16.対局将棋ソフト K-Shogi (第19回:9位、第20回-第22回:不参加)

第17回世界コンピュータ将棋選手権では決勝に進出したこともある本田啓太郎さんのフリーソフト。現在の最新版はVer2.9.00。並列化にも対応しており、マルチコアのパソコンでより実力を発揮する。

17.その他の無料将棋ソフト

上記以外にも無料将棋ソフトはたくさんあり、Vector窓の杜などのダウンロードサイトで見つけることができる。

===> Vectorから「将棋」で検索

普通の将棋以外の変わった将棋で遊んでみたい方には、FM-SOFTのホームページを紹介しておこう。

18.画面操作と思考エンジン

将棋ソフトは、普通画面の表示や操作を行う部分(将棋GUI)と将棋の思考を行う部分(思考エンジン)を備えている。しかし、なかにはCSA将棋(将棋GUI)とBonanza(思考エンジン)のように分離しているソフトもある。チェスではUCI(Universal Chess Interface)プロトコルが規定されていて、分離して開発することが一般的になっている。

分離されていると、開発も片方に集中できるので速く開発できるし、利用する方も、気に入った将棋GUIのソフトでいろいろな思考エンジンを楽しめる。

2007年、チェスのUCIプロトコルを参考にUSI(Universal Shogi Interface)プロトコルが作られ、それに対応した将棋GUIソフトとして 将棋所 が公開された。USI対応の思考エンジンはまだ少ない(将棋所USIエンジンのリンク参照)が、2008年に入り Laramie が登場、Spearも対応し、今後も増加していくと期待される。Bonanza はUSI対応ではないが、USI対応に変換するソフトがあり、これを利用することで一部機能制限はあるが将棋所で動作させることができる。

19.ブラウザで指す将棋ソフト

ダウンロードして遊ぶのではなく、ブラウザの中で直接将棋ソフトと対局できるページもある。FLASHやJavaが動作できる環境なら、インストール不要ですぐに遊べる。

1)ハム将棋 参考:ハム将棋で将棋を覚えよう
 入門者、初心者向けにおすすめ。ハム将棋は普通の駒落ちだけでなく、ハム10枚落ちやハム裸玉(ハム側は玉1枚のみ)まである。駒の利きやルールもあるので、動き方が分からな くなったら対局中に見ることもできるので、初めての方でもハム裸玉で指せば楽しめそう。将棋は知らないけど興味はありそうな人を見つけたら、このハム将棋 のページを紹介してあげよう。

2)将棋ソフト 将皇(FLASH)版
 コンピュータ将棋選手権に出場したこともある「将皇」のFLASH版。詰将棋も付属していて、初級、中級、上級の実戦詰将棋の問題が楽しめる。

3)対局ソフト ssj (Java将棋)
 Java版の対局ソフトで、コンピュータの強さ(思考時間)をレベル1からレベル5まで選択できる。この作者の将棋ソフトのページには、ボナンザを便利にするマイボナなどの将棋ソフトがいくつも掲載されている。

4)きのあ将棋 ブラウザ版
 上記で紹介しているきのあ将棋のブラウザ版。「まだ、完成度が低い、機能が不十分なので、仮公開です。」 とのこと。

5)こまお
 「とにかくこの猫をぼこぼこにしてストレスを発散しましょう。ハム将棋に勝てない人のための将棋です。」ということで、ハム将棋では強すぎるという方にはこちらがおすすめ。一手指すごとに猫がつぶやくのがおもしろい。

6)SDIN無料ゲーム - 将棋
 コンピュータの強さは3段階。対コンピュータ戦だけでなく、人対人のネット対局も可能なブラウザ将棋。

|

« 詰将棋メモ(2007年5月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年5月21日) »

「将棋ソフト・詰将棋ソフト」カテゴリの記事

コメント

パソコン練習したいです

投稿: 髙取伸久 | 2009.06.05 15:21

勉強します

投稿: 髙取伸久 | 2009.06.05 15:26

脳の老化防止

投稿: takechan | 2009.07.29 13:32

脳の運動

投稿: takechan | 2009.07.29 13:34

老化防止

投稿: 阪本 洋右 | 2009.12.30 21:47

わが人生たった六十数年色々沢山数えられないほどの事を遣って来たが遣ろうとした事はタッタ 一つ 善で居ようとしただけ。これ ただ ひ と つ  終わり

投稿: 前城  進 | 2012.04.12 15:10

将棋を楽しみたい

投稿: 宮廻信安 | 2012.05.04 10:41

Flashゲームの「こまお」http://www.geocities.jp/komao81/ もこのページに追加されると便利かと。

投稿: tak | 2012.05.05 00:48

今開催中のコンピュータ将棋選手権の結果をもとに、近いうちに最新化しようと思っているので、そのときに「こまお」も追加します。

投稿: TETSU | 2012.05.05 06:20

将棋の練習をしたい

投稿: 初澤  浩 | 2012.07.15 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/15137661

この記事へのトラックバック一覧です: 無料将棋ソフトのダウンロード:

« 詰将棋メモ(2007年5月20日) | トップページ | 詰将棋メモ(2007年5月21日) »