« 詰将棋メモ(2007年12月27日) | トップページ | コンピュータ将棋の頭脳 »

詰将棋メモ(2007年12月28日)

今日のおもちゃ箱 詰将棋美術館アートNo.36 橋本孝治さん を掲載

今日のメモ更新 1月の詰将棋  2008年年賀詰  コンピュータ将棋2007
  コンピュータ将棋の頭脳 (新規)

今日の詰将棋: Try everyday!  日々入門詰将棋  日々詰将棋  あああ
  ぷうたろう日記  第08詰将棋小隊  スポニチ

出題中: 展示室(曲詰と趣向詰、1月末まで)  推理将棋第7回出題(1月20日まで)

1月のイベント: 5日(土)詰とうほく(仙台) 13日(日)創棋会(大阪) 13日(日)九州G(福岡)
  20日(日)香龍会(名古屋) 26日(土)ACT(京都) 27日(日)詰工房(東京) 


将棋世界2008.1
12月28日、三軒茶屋将棋倶楽部の裏通りで、将棋世界2008.1
「・・・ もう少し逆算できるのですが これだけ持駒が多いとやり辛いですね。持駒の二枚飛車は両方消えるので 解後感は悪くないと思います。」

オダギリジョーさん、香椎由宇さんと結婚へ
12月27日、コーヘイの読みぬけ日記
「・・・ 詰将棋は作ったことあるので、プロブレムで『ユ→ウ』を。 ・・・」

昨日の続き
12月26日、コーヘイの読みぬけ日記
「 (セルフ)ヘルプメイトは最終手で白Kを詰めることを強制しなければならないのだが、RepublicanChessとの組み合わせで強制する、という昨日のアイデアは、たとえMadrasiでなくても作ることができるように思う。たとえばこんなかんじ。 ・・・」

暮れのご挨拶
12月28日、詰将棋について語る掲示板で、大阪勤務さん

 若島さんのナボコフ「ロリータ」攻略本
12月27日、純粋生活者の日々で、ロリータ、ロリータ、ロリータ
「タイトルで怯んではいけない。ナボコフのあまりに有名な小説、「ロリータ」の新訳を出した若島正氏による解説本である。といっても詳細な注釈本の類ではなく、文学作品の読み解き方を示唆してくれる良質な入門書であり「攻略本」だと思えばいい。 ・・・」

スポニチ出題が中田七段から武市六段に
スポニチ 詰め将棋では毎日詰将棋が出題されていて、過去10日分の出題がリンクされている。サイトにはその前後の問題もアップされているようで、現在は12月分と1月分を見ることができる(URLで0101.html のように月日を指定)。現在は中田七段の出題だが、1月分を見ると武市六段出題となっている。

九州G会合は1月13日(日)
12月27日、やっくん掲示板の九州Gスレッドで酒井博久さん
「新年度の九州G会合は、1月13日(日)13時から博多市民センターにて開催します。当日12時半、JR博多駅筑紫口に集合。課題作は「11玉形」です。」

|

« 詰将棋メモ(2007年12月27日) | トップページ | コンピュータ将棋の頭脳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2007年12月28日):

« 詰将棋メモ(2007年12月27日) | トップページ | コンピュータ将棋の頭脳 »