« 詰将棋メモ(2008年1月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2008年1月30日) »

推理将棋第7回解答(3)

[2008年1月29日最終更新]
推理将棋第7回出題の 7-3の解答、第7回出題の当選者を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第7回出題  推理将棋第7回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


7-3 上級 一度だけの出来事 12手 (ミニベロ作)

「さっきの12手で詰んだ隣の将棋は、一度だけの手が多かったね」
「うん。大駒の手は一度だけだったね。4手目以内だったけど」
「歩の手と金の手も一度だけだったね」
「4筋と6筋の手も一度だけだったよ」

さて、どんな手順だったのでしょうか。推理してくださいね。


推理将棋7-3 解答   担当 ミニベロSuiri73

9八香、3四歩、9九角、3三桂、6八玉、4五桂
7八玉、3七桂不成、8八玉、2九桂成、7八金、7六桂
まで12手で詰み

昔の作品を条件リメークで再使用したもの。
1、3手目がすべてで、このバカバカしさを笑っていただければ満足。

とはいえ、気が付かないとかなりの難問のようで、今までにない序盤は読みにくかったかもしれない。
私の作図スタンスは、「面白い手順・馬鹿馬鹿しい手順」狙いで、条件は後付けのため、難易度はそのときに決まる。

本作の諸々の条件は、すべて中央付近での余詰消しのためで、作意順を見せずに限定しようとかなり苦労をした。
アドバイスをいただいたNormanさん、はてるまさんに感謝します。

Normanさん 「98香・99角!と閃いた瞬間に解けました。条件を「一度だけ」に纏めてあるのも巧い」

本作の検討では大変お世話になりました。

Normanさん 「邪推すると「歩の手『と金』の手」という解釈も可能…?」

ウーン。と金で詰んでたら大変だった。

たけとひでさん 「角出は不成立。ならば、桂取り。」

それが見破られるまでの勝負です。

館長さん 「桂の四段跳びを実現する。素晴らしい作品ですね。
将棋大綱第7番を思いだしました。
最初25桂から入っていきましたが、4筋の手がないことに気づき、45桂としました。
貴作品の解答が「一度だけの出来事」にならないよう、他作品にも挑戦させていただきます。」

館長さんの「詰将棋博物館」で、いろいろと参考にさせていただいております。

たくぼんさん 「桂を使うのは分かるが、玉と反対の桂を取りに行く手順はすごい。89桂を取る手順ばかり考えていました。これは傑作。」

嬉しい短評、有難うございます。実はウケ狙いだったんですが。

高坂研さん 「超難解作。全く筋が見えず、最後に半ばヤケクソで98香とやってみた
ら道が開けた。角を出す手ではなく、引く手が正解だったとは!」

苦しんだ挙句に解いていただく、これが作者冥利です。作ってよかった!

S.Kimuraさん 「後手の角を動かして,次に桂で詰ませるのでしょうが,4筋と6筋の手が一度という条件が厳しく,ついに答えが分かりませんでした.」

挑戦有難うございました。正解順を見てがっかりしないでね。次回もよろしく。

はてるまさん 「詰め上がりが見えるかどうかが問題を解く鍵でしょうか。ユーモアさえ感じられるイカした手順ですね。」

本作はリメークだったのですが、はてるまさんの後押しで出題までこぎつけました。

香箱さん 「残念、降参です。」

挑戦ありがとうございます。次回もよろしく。

まささん 「奇抜な手順が韻を踏んだ美しい条件で表現された秀作」

出題翌日に正解をいただきました。恐ろし!

けいたんさん 「これは素晴らしい傑作です。98香から99角の発想がすごい。」

ここ褒めてもらえると嬉しいです。

橘圭伍さん 「綺麗に作られていますね。素晴らしいです」

有難うございます。

タラパパさん 「「こんな発想、誰がするものか」というような意外性たっぷりの好局でした。かしこ詰にない魅力がたっぷり味わえました。」

「最も効率の悪い序盤」が発想のスタートでした。実戦例無し?

まじーさん 「詰上がりが面白いですね。桂の4段跳ねも素晴らしいと思います。」

がっちり囲って詰まされる不条理?


あとがき

初級・中級・上級と一応分けているが、実際は、超難解作を5分で解く人が簡単9手に1ヶ月掛かる、ということがザラにある。
推理将棋においては「難易度と余詰は作者には分からない」が定説となっているようだ。

前回出題したはてるま作(マネ将棋)と全くの同一作がパラに投稿されていた。
私と同じ福島県の洞江元太さんという方らしいが、あの名作とバッティングするとは、なんとも頼もしい新人が現れたものである。

あなたも推理将棋を作ってみませんか。
こちらでも新作は大歓迎です。未完成でもかまいません。
いいアイデアはあるんだがアドバイスが欲しい、という方も、手順・狙いなどを書いて送っていただければ、お返事差し上げます。

次回以降も快作を用意していますので、たくさんの解答お待ちしています。

beonworks@jcom.home.ne.jp  ミニベロ


正解:11名

  館長さん  けいたんさん  高坂研さん  たくぼんさん  たけとひでさん
  橘圭伍さん  タラパパさん  Normanさん  はてるまさん  まささん
  まじーさん


推理将棋第7回出題全解答者: 15名

  S.Kimuraさん  館長さん  けいたんさん  高坂研さん  香箱さん
  鈴木康夫さん  たくぼんさん  たけとひでさん  橘圭伍さん  タラパパさん
  名越健将さん  Normanさん  はてるまさん  まささん  まじーさん

当選: たくぼんさん、はてるまさん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。

|

« 詰将棋メモ(2008年1月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2008年1月30日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第7回解答(3):

« 詰将棋メモ(2008年1月29日) | トップページ | 詰将棋メモ(2008年1月30日) »