« 10月に北京で世界初の“頭脳五輪” | トップページ | 詰将棋メモ(2008年5月19日) »

詰将棋メモ(2008年5月18日)

今日のおもちゃ箱  詰将棋研究室で、超長編作品リストに山崎健さん「雪月花」309手を追加
今日のメモ更新  巨椋鴻之介「禁じられた遊び」
 第18回世界コンピュータ将棋選手権(大会後)
 近代将棋が休刊  5月の詰将棋  第5回詰将棋解答選手権
今日の詰将棋  Try everyday!  日々入門詰将棋  日々詰将棋  あああ
 あゆみちゃんと実戦詰将棋  ゆうこの将棋日記  カルシィ村
今週の詰将棋
連載
掲示板
出題中  推理将棋第11回出題(5月20日まで)
 展示室 趣向詰特集、5月末まで
詰将棋イベント  18日(日) 創棋会(大阪)  香龍会(名古屋)  詰工房(東京)

極光
5月17日、はんぴんちぇんで、極光
「・・・ 作品の中で一番すきなのが玉方の成銀が8二から4六まで単身移動する四十五番。いつかどこかに書いたと思うが、斜めのラインというのは縦横の動きが基本の将棋の中であきらかに破調である。 ・・・ ところが四十五番はそれを成銀、しかも玉方の成銀で見せてしまうという信じ難さ。現実のルールに基づきながら全くの異空間の表現。前例である図巧一番や舞玉一番、後の「カルマの法則」と違って、情緒を廃して機能美だけで見せてしまうので異空間がより強調される。詰将棋に求めるものって詰まるところ、こういうものではないですか。 ・・・」

5手詰で解析局面数最多の作品は?
5月17日、たくぼんの解図日記で、解析局面数の話2
「さっそく大御所お二人よりメール&コメントを頂きました。ありがとうございました。 ・・・ 「三郎さんに確か200万超えの作品があった」との事でしたが、未発表のため図は思い出せないとのこと。そこで太郎さんがあれこれ考えた図がこちら。  神無太郎作 ばか詰 5手 ・・・ 香→飛を実現した図で、何とこの解析数が2357838! うひゃ~これはすごい。いやまだまだ競争は始まったばかり、まだまだ凄い作品があるかもしれませんね。とりあえず現時点ではこの図がフェアリーギネス記録です。」

|

« 10月に北京で世界初の“頭脳五輪” | トップページ | 詰将棋メモ(2008年5月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詰将棋メモ(2008年5月18日):

« 10月に北京で世界初の“頭脳五輪” | トップページ | 詰将棋メモ(2008年5月19日) »