« 詰将棋メモ(2009年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年1月22日) »

第4回コンピュータ将棋最強決定戦

[2009年2月21日最終更新]
第4回コンピュータ将棋世界最強決定戦が、2009年2月19日・20日、北陸先端科学技術大学院大学で開催。2007年と2008年の主要大会で優勝・準優勝の激指YSSTACOS棚瀬将棋の4チームの総当たり戦で、持ち時間1時間(切れたら1分の秒読み)と、世界コンピュータ将棋選手権と比べ持ち時間が長いのが特徴。前回と同様実況中継も行われた。結果は、3ソフトが同率1位と実力伯仲。

  YSS 激指 棚瀬 TAC 勝敗 順位
YSS ×後 ○先 ○後 2-1 1
激指 ○先 ×先 ○後 2-1 1
棚瀬将棋 ×後 ○後 ○先 2-1 1
TACOS ×先 ×先 ×先 0-3 2

第1回:コンピュータ将棋2005 世界最強決定戦 優勝:YSS
第2回:第2回コンピュータ将棋世界最強決定戦 優勝:激指
第3回:第3回コンピュータ将棋世界最強決定戦 優勝:YSS・激指

関連情報: コンピュータ将棋2017  2016  将棋ソフト・コンピュータ将棋


2009年2月21日

2009年2月20日

  • コンピュータ将棋最強は? 北陸先端大で4強対決 (中日新聞
     「能美市の北陸先端科学技術大学院大で十九日、コンピュータ将棋の第四回世界最強決定戦が開幕し、過去国際大会などを制した国内四つのソフトが息詰まる対局を繰り広げた。 出場ソフトは、前回大会で同率優勝した「YSS(商品名=AI将棋)」と「激指(げきさし)」、北陸先端大の「TACOS(烈将の轟(とどろき))」の常連に加え、今回「棚瀬将棋(新・東大将棋 無双)」が初参加した。 ソフトはそれぞれ一秒間に数十万の局面を解析し、その中から一番いい手を選択するのが特徴。早指しではなく、持ち時間一時間・一手六十秒の秒読みルール。十九、二十両日、総当たり戦を展開する。 この日は各ソフトが二局ずつ対局し、激指がTACOSとYSSを破って二連勝。最終日、棚瀬将棋に勝てば三度目の王座に輝く。 戦況を解説するプロ棋士の大内延介九段は「終盤の寄せは強い。ソフトそれぞれに考え方が違って面白いし、例年レベルは高くなっている」と目を細める。 自ら六段の腕前を持ち、決定戦を提案した北陸先端大の飯田弘之教授は「序盤に甘さはあるが、玄人っぽさも見せる。名人にどれだけ迫っているか。その実感はあるし、期待している」と話した。 決定戦は専用ページ(http://www.jaist.ac.jp/rccg/saikyo/)でも動画配信している。 (田嶋豊)」
    コンピュータ将棋最強は? 北陸先端大で4強対決 (金沢のニュースアーカイブ

2009年2月19日

2009年2月18日

2009年2月17日

2009年2月16日

2009年2月15日

2009年2月14日

2009年1月21日

|

« 詰将棋メモ(2009年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年1月22日) »

「コンピュータ将棋イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/43814816

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回コンピュータ将棋最強決定戦:

« 詰将棋メモ(2009年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年1月22日) »