« 詰将棋メモ(2009年2月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年2月4日) »

新春の推理将棋解答(3)

[2009年2月4日最終更新]
新春の推理将棋出題の 新春-3の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 新春の推理将棋出題  新春の推理将棋解答(1)  (2)  (3)  (4)  (5)
  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


新春-3 リーグ戦ファンさん作  龍馬がゆく

「9手で勝ちました。55の手が勝負を分けました」
「詰め上がり図に、龍と馬が3枚ありもうす」
「勝さん、西郷さん、不成りがおらんちゅうがを指摘せんといかんぜよ」
「あんた誰?」

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 詰め上がりの盤面に、龍と馬が合計3枚ある
  • どちらかに55の手があった
  • 不成の手はなし

出題のことば(担当 タラパパ)
  大駒3枚が成るには、先手の駒だけでは無理でしょうね


新春-3 解答   担当 タラパパ Suiri20093

▲7六歩、▽4二飛、▲3三角成、▽6二玉、
4二馬、▽9九角成、▲5五飛、▽7二香、
5三飛成 まで9手で詰み

あるとき、ここの解答の好レンでもあるたくぼんさんが、詰四会用の課題作として、四国に因んだ作品を募集したことがありました。怪しいのも含めて(よくこれだけ工夫できるものと感心)かなり集まり、mixiの推理将棋コミュニティで、ブームのように発表が相次いだ時期の作品です。

本音は龍と馬と、盤面2枚が作者の理想でしたが、簡素な条件にまとまらなかったようです。坂本竜馬が馬に乗ってでかけたのでしょう。

たった9手で大駒3枚が成るというのも、かなり難題そうですが。

作者 「玉方が駒を打って邪魔ゴマとする筋を9手で実現できないかと考えた問題です。「55の手」という怪しい条件で、左サイドから攻めて行くような筋をちょっと考えてくださった方がおいででしたら、嬉しく思います。」

■先に狙いがあって作られ、四国ブームにちょうどタイミングが合ったのでしたか。さて、解答時。

作者 「タラパパさん、この問題、このメンバーに囲まれたのでは、家賃が高すぎ。可哀想ってもんです・・・「55の手」は工夫はわかりますが(?)やっぱり邪道でしょう。」

■家賃が高いなんてことは決してありませんから(笑)。また、推理将棋に邪道はないと思っています。

渡辺 「玉方香打ちは一度覚えないとなかなか指せない手。駒を打ったなどとせずに、玉方飛車をなくすことによって香打ちを強制させるのが巧い。」

■「玉方が駒を打った」はつや消し条件ですからね。詰められる側の駒打ち、面白いテーマなので担当も好きです。

はらたっと 「最初、先手55角から後手の飛車を取る順かと思いましたが、後手も角を成らなければいけなく手数が足りない。そうか、飛車は42で取らせて、飛車打ちを55に限定させるための条件か。これがわかれば、99に角を成って、香で玉の退路を塞げば....なんとかクリア」

神無七郎 「「55の手」がクセモノですね。どうしても76歩~55角と出たくなります。」

■はい、そこが作者の仕掛けた誘いです。ですから一度は76歩~55角を考えて貰わないと(笑)

はなさかしろう 「「あんた誰?」が笑いのツボにはまりました。72香のぴったり感が気持ち良かったです。」

■はなさかさんも?同じく私もです。いやぁ~、大笑いでした。

S.Kimura 「後手角の成る位置をどのように限定しているのかと思いましたが、72香には驚かされました。」

たくぼん 「慣れてないと香取る手には苦労するかも」

■手筋ですが、覚えないと気づきにくい手でしょうね。

竹野龍騎 「第一感は55角。そして悩みました…。」

■ふふふ、作戦成功(^^)

はてるま 「「55の手」という条件が、55角~82角成と飛車を取る順を匂わせて、紛れに深みを与えていますね。99角成~72香の流れにも味わいがあります。」

■リーグ戦ファンさん、はてるまさんも「深み」と言われていますから。

高坂 研 「「詰上がり図に龍馬4枚」とすると、最短手数は果たして何手だろう?」

■おっ!新しい課題かも。11手なら凄そうですが、どうしても12手かかる?

ミニベロ 「取った香を使う基本手筋。55は普通角だと思っちゃうんだよね。」

■取った香を使う手筋。凝ったことがありました。


正解:11名

  S.Kimuraさん  神無七郎さん  高坂研さん  たくぼんさん
  竹野龍騎さん  はてるまさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  ミニベロさん  リーグ戦ファンさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2009年2月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年2月4日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

4枚龍馬、タラパパさんのおっしゃるように
惜しくも12手必要みたいですね。
・12手で詰み
・詰上がり図に龍馬が4枚、全て敵駒の利きがある地点にいる
・不成の手があった
・金の手があり、その後(直後とは限らない)に銀の手あり
これで問題になっているのではないかと思います。
ひねりの全くない素直な問題ですが。

投稿: リーグ戦ファン | 2009.02.05 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春の推理将棋解答(3):

« 詰将棋メモ(2009年2月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年2月4日) »