« 詰将棋メモ(2009年5月28日) | トップページ | どうぶつすいりしょうぎ »

推理将棋第22回解答(2)

[2009年5月29日最終更新]
推理将棋第22回出題の 22-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第22回出題  推理将棋第22回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


22-2 中級 ○術師さん作    動いてもいいけど    9手

「隣の将棋見てたらさ、33飛って打ち込んで」
「龍になって大活躍した?」
「そんなことはなくて最後まで動かなかったんだよね」
「何手で終わったの?」
「9手で詰んだかな。後手は同じ筋には続けて指してはいなかったよ」

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 33に打った飛車は最後まで動かなかった
  • 後手は同じ筋に続けて指さなかった

出題のことば(担当 タラパパ)
  タイトルに騙されて33飛を動いてもいいと思うと詰みません(笑)


推理将棋22-2 解答   担当 タラパパ Suiri222

▲7六歩、▽3二飛、▲3三角成、▽5二玉、
▲3二馬、▽6二銀、▲3三飛、▽5一金右、

▲4三馬 まで9手で詰み

推理を働かせ易い条件設定。33飛と打ち込んだのが先手なら(後手はあり得ない)、最終手は無理として7手目。5手目に飛車を取るなら角でしか取れない。取れる場所は32、42、62、82。33に打った飛車が動かないなら、33飛と連携できる32か42のどちらか。42で飛車を取るなら最終手は42馬(又は角)が動く手。32で飛車を取るなら、止めは33飛車を拠点に32馬が動く手か、76歩~22角成~32馬と飛車を取った場合の角を打つ手。

ここまで絞れれば、後は虱潰しでも数通りしかなく、論理で解ける作品でした。

2番目の条件は、62銀と51金右の手順前後を防いだものです。最後に33飛車が動くと51に抜けるので、飛車は動いてはいけません(^^)

作者 「タイトルの「動いてもいいけど」は、後手手順を変えれば33飛が動いて詰むのでそのように名づけました。が、動くと明白な余詰があるので「動かない」という条件で投稿。33飛が動く条件では、私が見つけた詰み形は2つありました。」

■私も同じく2つ見つけました。

たくぼん 「詰上りがこれしか浮かびませんでした。条件にもう一工夫とは思いますが、2条件なら仕方ないか・・・」

■2条件ですからねぇ~

まさ 「収束形もそこに至る手順も明快に絞り込める、初級向けの作品。癒される。」

■普段の月なら、本局が初級になるところでした。癒し作品っていいですね。

ミニベロ 「33の飛まで教えてくれているので難しくはないのだが、これを隠されると難問になりうる素材だと思う。」

■9手くらいまでの手数なら、難問化を目指してもよさそう。33に打つ筋は作品として少なく、難問になりうるかもしれません。

はてるま 「2手目42飛も有力な紛れ。馬のリーチを生かしたうまい詰み形ですね。」

■2手目の紛れは非常に効果的に効いていますし、馬のリーチもいい感じ。

はなさかしろう 「先手は76歩~角突入~飛取り~33飛~決め手と着手の割り付けが決まっているので、後手の協力手順をいかにやりくりするか。入れ替えパズルのような問題でした。」

■方針が立つと解き易い。こんな問題がたくさん欲しいのです。

渡辺 「本作の手順前後を作ったことがあったので楽勝でした。」

■9手詰マイスターの渡辺さんだけに、ほぼ同手順を作られていましたか。

隅の老人B 「33飛打。さて、どの位置で飛車を取るの?」

■32か42か、それが問題でした。

リーグ戦ファン 「第一感だったのに・・・。22-1と両方解けてなかったので、条件が脳内で混ざってしまい、不成が必要だと思い込んで二日を費やしました。条件よく見るヨロシ。ところで、「後手連続同筋なし」は、6手目と8手目の手順を限定する目的だけならちょっと強い条件に思えるのですが、なにか他の筋があったのでしょうか?」

■同じ勘違いを私もよくやるんですよ。「後手連続同筋なし」は、限定目的のみだと思います。強い条件といっても、変わる条件が難しい?どう解決するか、そのあたりが創作の面白さなのですが。

はらたっと 「まずは△42飛▲33角不成から飛車をとって33に打って最後角成と思ったがダメ。ならば角は33に成って馬移動だなと考えたらすぐでした。」

■最終手で飛車が動けるなら、その筋で詰みますね。

竹野龍騎 「5手目に飛を取り7手目に33飛打、と論理的に解けてすっきり。」

■論理的に解けると、解後感もスッキリ。

竹野龍騎 「先程、送った解答ですが、22-2の「後手は同じ筋に続けて指さなかった」の条件を忘れてました。51金右と62銀は逆でした。それらを入れ替えて修正します。」

■その程度なら、誤解にしませんからご安心ください(^^)

鈴木康夫 「最初は33の飛車が31に利いて詰むのかと思いましたが、どうやっても22角が邪魔です。鍵は43だとなかなか気づけませんでした。」

■一度ハマってしまうと、抜け出せないんですよね。

高坂研 「飛を32で取るか、それとも42で取るか。易しい好作なので、こちらがスターターでも良かったかも。」

■おっしゃる通りでした。

S.Kimura 「最初は33角生→44角生→31角成を予想したのですが、32馬→43馬とはうまい手がありました.」

■33馬が51に逃がさない形にできているのが好感触でした。

魚熊 「初見で秒殺でした。」

■秒殺ですか!それは凄い。


正解:16名

  魚熊さん  S.Kimuraさん  高坂研さん  鈴木康夫さん
  隅の老人Bさん  たくぼんさん  竹野龍騎さん  躑躅さん
  はてるまさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん  まささん
  ○術師さん  ミニベロさん  リーグ戦ファンさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2009年5月28日) | トップページ | どうぶつすいりしょうぎ »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第22回解答(2):

« 詰将棋メモ(2009年5月28日) | トップページ | どうぶつすいりしょうぎ »