« 詰将棋メモ(2009年5月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年5月31日) »

推理将棋第22回解答(3)

[2009年5月31日最終更新]
推理将棋第22回出題の 22-3の解答、第22回出題の当選者(高坂研さん)を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第22回出題  推理将棋第22回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


22-3 上級 タラパパ作     玉は最強の攻め駒    19手

「玉が8連続で直進するなんて、君の戦法は無謀だよ。」
「最高の戦術さ、19手で詰ませたじゃないか。玉は最強の攻め駒なんだよ。」
「たまたま相手の8手目の金の手が悪かっただけだと思うけど」

先手玉は止まることなく、58玉、57玉、56玉・・・51玉と進みました。
いわゆるお笑い系手順。

(条件)

  • 19手で詰み
  • 先手玉が8連続で直進した
  • 8手目は金の着手

出題のことば(担当 タラパパ)
  先手の指し手の9手までが必然。やはり残るは一手だけ。


推理将棋22-3 解答   担当 タラパパ Suiri223

▲5六歩、▽5四歩、▲5八玉、▽5五歩、
5七玉、▽5六歩、同玉、▽3二金
5五玉、▽6二玉、5四玉、▽7二玉、
5三玉、▽5二金、同玉、▽9二飛、
5一玉、▽8二銀、6二金 まで19手で詰み

苦し紛れの自作出題。手数が長いという理由だけで上級に据えましたが、どうやら一番易しかったらしく今月も難易度分けは失敗(泣)

19手と手数はかかりますが、「易しいことはいいことだ」で作ったほぼ必然の手順。とりわけ解説する余地もありませんので、いきなり短評に入ります。担当に気遣いして、好意的な評ばかり。みなさん優しい(^^)

たくぼん 「最初は8手目72金。飛の利きを消してそれらしいな・・・あれ詰まない。32金でああそうか・・・面白い」

■面白いと言っていただくのが最大の喜びです。

まさ 「先手の10手の内、最終手は玉直進ではなく、初手から8連続も無理なので、初手何か指して3手目から58玉、57玉…とするのはすぐわかる。よって初手56歩、2・4・6手目が54歩・55歩・56歩なのもわかるので、あとは先手51玉型での詰み形を探すだけ。極めて容易に解ける貴重な中編です。「8手目金」だけで限定できたのが見事ですね。」

■はじめは8手目玉で限定できないかな?と考えましたがダメで、金に落ち着きました。

ミニベロ 「「8手目は金の着手」これ一発で完全限定できているとは、解いてみて驚きました。こういうおバカ系は、担当先生の裏芸ですね(笑)。」

■いえいえ、おバカ系の第一人者は、私の知る限りミニベロさんでは?「系」を取ると私になりますが。

はてるま 「銀の移動場所を作る92飛が絶妙。それにしても都合のよい手があったものです。19手がこれだけの条件で限定できるのもおいしい。玉は当たりを放置できないので、玉をテーマにすると、比較的簡素な条件に絞りやすいのかもしれませんね。好作です。」

■たしかに玉をテーマに玉と明示すると、条件が限定し易くなりますね。綺麗なのは玉に一言も触れずに詰方玉を動かす順でしょうが。

はなさかしろう 「玉の直進を19手2条件でぴったり実現してしまうんですね。後手の8手目が右か左か考えていたら自然と収束も見えて来ました。」

■という訳で、玉を明示した作戦の賜物でした。

渡辺 「「8手目どちらの金を動かすか」「金を52で取らせるか53で取らせるか」の2点しか迷う所がなく易しい問題ですね。」

■はい、易しさだけが売りです。

隅の老人B 「8手目に金、これで全手順が決まります。悪手?いいえ、妙手ですね。」

■やっぱり悪手だと思うんですけどぉ

リーグ戦ファン 「これはもう一本道の易問。57歩のクリアの方法で7手が決定、8手目が金なら次の後手2手は玉が逃げるしかない、と。手順が相当に限定されているので、暗算で気持ちよく解けました。難易度は絶対逆でしょう。」

■はい、難易度は逆でした。認めます(泣)

はらたっと 「19手詰めながら先手の手は限定されるので易しかったです。最終手も4筋か6筋に金打ちしか考えにくく53玉がくる前に後手玉は避難しておくことを考えると飛車側ですよね。それにしても面白い。こういう問題もあるんだなあと感心しました。」

■おバカ系はバカに徹することでしょうか。楽しんでいただけて嬉しい限りです。

竹野龍騎 「ど真ん中を玉が直進していく発想が凄い。推理将棋らしい秀作。」

■お気遣いありがとうございます(笑)

鈴木康夫 「一番簡単でしたが、必然である初手を限定するのに時間が掛かりました。こういう問題は楽しくて好きです。」

■やはり一番簡単でしたか。

○術師 「解けるまでの時間は2日程度だったのですが、とにかく関門が。
(1)最終手が空き王手で詰んだらカッコいい。
(2)後手5筋歩の突破方法がそもそも分からない。
(3)先手5筋歩の消去方法が分からない。
(4)8手目の金は飛車の利きを遮るだろう。
など。

(1)は夢物語でした。
(2)は王手直後に取らせるのに中々気づきませんでした。
(3)は後手角で取ると思い込んでしまいました。
(4)は手順を進めると後手銀の疎開場所がなくなりました。

これだけ趣向がありながら、最後に"詰み"に至ったのがカッコいいです。」

■これで空王手なら最高なんですけど。

高坂研 「恥ずかしい話、序の数手に気付くまでかなり時間がかかってしまいました。こういうユーモラスな作品が増えれば、長編推理将棋を手がける人も増えてくれるかもしれませんね。」

■そんなとこで時間かかるなんて、詰パラの名担当としては恥を知るべきです。なんちゃって(笑)

S.Kimura 「57歩を角で取るしかない、と考えたため、後手も5筋の歩を延ばせば良いことに気付くまでしばらく時間がかかりました。最後も92飛がなかなか見えなかったのですが、分かってみるとなるほどという手でした.」

■初手は56歩しかなく、56の歩を3手以内で取れる駒は歩しかないんです。歩の手って案外盲点になり易い気がします。

魚熊 「最終手51王で詰むとは思えないし、3手目57王とは指せないので3手目から王の8連続移動が確定。そのため初手56歩と後手の3連続歩突きも必然で、7手目までは容易に確定する。52に王が進む時に金を取らないととどめを刺せそうにないので、8手目の金は32か72限定でかつ10・12手目が王移動で8手目の金の行かなかった32か72への移動と確定する。あとは事実上5手詰めの問題でした。」

■まさに論理的な解法でした。


正解:16名

  魚熊さん  S.Kimuraさん  高坂研さん  鈴木康夫さん
  隅の老人Bさん  たくぼんさん  竹野龍騎さん  躑躅さん
  はてるまさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん  まささん
  ○術師さん  ミニベロさん  リーグ戦ファンさん  渡辺さん


総評

隅の老人B 「5月11日の午後、「千早城」を拝受、有り難う御座いました。これで暫くは、楽しい一時が持てます。小川さんへも、お礼のメ-ルをしなくては、かな。
欲張り爺さん、次の目標は「北斗」。これを目指して、推理将棋を頑張りました。で、お礼に添えての解答です。」

■「おもちゃ箱」の賞品の良さは、知る人ぞ知る超豪華版です。高木秀次さんの「千早城」は、今ではアカシヤ書店でも手に入りません。よい賞品を選ばれました。他にも手に入らない本や、名著「詰むや詰まざるや」「続・詰むや詰まざるや」まで!TETSUさん、いいの?

TETSU: 「千早城」は小川さんより賞品にと寄贈いただきました。ありがとうございます。賞品の本は1冊しかないものが多く、推理将棋・展示室共通なので、狙っている賞品がある方は両方解答すると当選率アップ。

たくぼん 「今月はあっという間に解けました。ちょっとうれしい。前回は解答出し忘れで申し訳ない。(ボケたか?)」

■たくぼんさん、何と5月4日解答着で一番乗り。前回はおかしいと思いつつ、催促しませんでしたが、確認するのでした。

躑躅 「解く時に3番(上級)から順番に取り組むようにしました。何故か短手数の方が解きにくい?です。」

■結果として、易しい順に解かれたようですよ。

渡辺 「前回からすると「一休み」という感じですね。」

■二休みくらいかも(笑)次回は渡辺さんの難問?が出ます。

リーグ戦ファン 「タラパパさん、今回もタップリ歯応えがありました。」

■それは何より(なんのこっちゃ)

高坂研 「一寸考えさせられ、でも易しくて面白い。ということで、今回の選題は100点満点です。これからも、このくらいのをお願いします!」

■100点満点とは嬉しい。この路線継続のために、皆さんからの易しめの作品の投稿をお待ちします。

はなさかしろう 「今回は分かりやすく解きやすい問題揃いでした。」

■「解き易さ」「食いつきのよさ」は、とても大事な要素だと思っています。こういう路線を多くしたいものです。

○術師 「今回は前回よりかなり簡単だったようですが、それでも1問ハマりました。何とか締め切り前に全問解けたのでホッとしていますが、解図には向いていないという認識を新たにする今日この頃です。出題後かなり早い段階で「全問解けた」とはなさかしろう氏から聞いていたので焦りました。自分の問題はともかく、22-3は論理的に考えたら何とか解けたのですが、22-1は解けた後だと気が抜けるようなハマり方でした。」

■○術師さんは、はなさかさんとご友人でしたね。身近によいライバルがいる。いい環境ですねぇ。


推理将棋第22回出題全解答者: 16名

  魚熊さん  S.Kimuraさん  高坂研さん  鈴木康夫さん
  隅の老人Bさん  たくぼんさん  竹野龍騎さん  躑躅さん
  はてるまさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん  まささん
  ○術師さん  ミニベロさん  リーグ戦ファンさん  渡辺さん 

当選: 高坂研さん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。

|

« 詰将棋メモ(2009年5月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年5月31日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第22回解答(3):

« 詰将棋メモ(2009年5月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年5月31日) »