« 詰将棋メモ(2009年12月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年12月4日) »

「詰将棋四百人一局集」の原稿募集

[2011年7月25日最終更新]

全日本詰将棋連盟では、来春詰パラ増刊号として「詰将棋四百人一局集」を発行する計画で、詰将棋作家の原稿を募集しています(2009年末締切)。応募資格は約十題以上作品を発表している人。雑誌だけでなくネット発表もOKとのこと。下記を参照して応募してみませんか。

*2011年2月12日で追加募集も終了しました。
*2011年7月15日についに発行。17日の全国大会でも販売されました。
 ==> 「四百人一局集」


「詰将棋四百人一局集」の原稿募集 
  詰将棋パラダイス編集部・全日本詰将棋連盟

全日本詰将棋連盟では、来春詰パラ増刊号として「詰将棋四百人一局集」を発行する計画で、詰将棋作家の原稿を募集しています。

本書は詰将棋作家の名鑑・人名辞典となるもので、一人=1頁で収録し、掲載された作者の名前は永久に残ります。定価は二千円の予定。

本書への応募資格は雑誌や出版物、インターネットなどに約十題以上作品を発表している人で、ご自分で寄稿される方です。掲載料は無料です。

◇応募内容
 応募用紙は自由で、次の内容を17字×66行以内に記載して下さい。
 (見本稿を参照して下さい)

  1. 自己紹介のキャッチフレーズ(2行)
  2. ふりがな付き氏名(2行で計算)
    棋名も差し支えないが、その場合は後の棋名欄に本名を記載。
  3. 代表作図面(図面は11行として計算。発表誌等出典を明記)
  4. その詰手順。(1行=4手で記載。長手数の場合は1行=6手)
  5. 感想文(創作の動機、初入選の思い出、その他何でも)
    (5項と6間に1行を明ける)
  6. 自己紹介欄(発表したくない項目は空欄でも可)
    1)生年月日 2)住所 3)職業
    4)棋名(最初の氏名欄が棋名の場合はここに本名)
    5)初発表誌・年月  6)創作数(発表数)  7)棋歴・棋力
    8)著作  9)好きな作家  10)詰将棋に対して何でも一言
    11)趣味など
  7. 写真(7行分)

◇作品は詰将棋以外にフェアリーや必至問題も受け付けます。
◇ワープロで作稿し、メールやフロッピーでの投稿を大歓迎。
◇原稿は66行未満の空欄は構いませんが、はみ出しは不可。

◇原稿〆切日=平成21年12月31日


関連記事

四百人一局集
2011年2月12日、おもちゃ箱掲示板で、柳田明さん 四百人一局集
「ついに原稿が400人に達しました。現在依頼中のものを除いて、受付も終了といたします。ご協力頂いた皆さま、どうもありがとうございました。」

四百人一局集で助成寄金を募集しないのか?
2010年12月28日、将棋雑記で、四百人一局集で助成寄金を募集しないのか?
「四百人一局集の原稿を書くにあたり、三百人一局集を見ていたのですが、巻末に助成寄金者芳名が記載されている。一口千円からだったようだ。四百人一局集でも助成寄金(要するに寄付金募集)を行った方が良いのではないでしょうか?(一口千円が妥当だと思う) ・・・」

四百人まであと一歩
2010年12月27日、将棋雑記で、四百人まであと一歩
「四百人一局集、柳田さんによると、「井上雅夫、宇山英気、岡田富行、浮寝鳥、河原泰之、河辺昭光、工藤紀良、小林正美、小林豊、杉本兼秋、関直之、高田豊道、滝島代士夫、谷口源一、坪井定一、中井川元昭、藤田剛、細田強、瓶子吉伸、宮越宗太郎、山村兎月、脇田博史、渡部正裕」 の諸氏の分が書き手が無いとのこと。そこで、その内「工藤紀良」氏を追加で書きました。リストには細田氏や宇山氏のように外せない作家がまだ残ってますね。このブログを読んでいる方には、このリストの内の誰でも良いから書くのに手を挙げて柳田さんに申し出ていただきたいです。一人でも良いのです。柳田さんへの連絡は下記メールアドレスです。
para400nin1kyoku@hotmail.co.jp
四百人まであと一歩です。皆様のご協力を、お願い申しあげます。」

400人1局集
2010年12月8日、詰将棋劇場blogで、400人1局集
「・・・ 先週、柳田会長から「400人1局集」を手伝って欲しいというメールが届きました。昭和50年前後に大活躍されていて、今は連絡の取れない作家数人分が残っていて、そのうちの何人か分を書いて欲しい、ということでした。会長さんにご指名で頼まれたら断れないですね。 ・・・」

400人一局集
2010年11月23日、たくぼんの解図日記で、400人一局集
「詰備会にて、私が400人1局集に原稿を送っていない事実を指摘された。入選回数も20以下だし恐れ多いですよ~フェアリー100人一局集ならいいけど 隣にいた岩本さんだって出してないし・・・ そのまま帰宅 ・・・・・・・・・・・ 今朝 Y田さんからメールが。。。 平井さんから推薦がありましたので・・・という原稿依頼 う~む 平井教授恐るべし 断れない・・・・」

詰将棋パラダイス (水上 仁)
2010年4月3日、アマレン伝言ダイヤル4月分で、詰将棋パラダイス (水上 仁)
「門脇芳雄氏を中心に進めている 「四百人一局集」、 夏頃までには完成の見通しとなりました。 ベテラン作家や若手作家、 更には既に亡くなっている名作家についても、 有志が手分けして執筆。 そして詰将棋作家でもある多くの著名棋士も寄稿されています。 自作をひとつ採り上げ、 その解説やプロフィールなど。 400人分となると、 かなりのボリュームになりそうです。 詳細はまた小誌にて紹介させて頂きます。 」

四百人一局集の原稿を投稿しました
2010年2月1日、冬眠蛙の冬眠日記で、感想募集
「・・・ 昨日四百人一局集の原稿を投稿しました。何、今頃?と言われるかもしれませんが、今日の門脇さんからの返信をみると、やはりまだセーフだった模様です。いやすみませんでした。 ・・・」

四百人一局集の原稿
2010年1月30日、いまさらブログでもないけれどで、四百人一局集の原稿
「『四百人一局集』の原稿を書いてみた。おそらく、フェアリーのスペシャリストは数人だろう。その意味で参加の価値があると思う。 ・・・」

詰パラ2月号
2010年1月29日、詰 将棋天旗新館雑記のページ 2010年01月
「・・・ あっ、イケネエ。四百一局集の原稿をメール送信していなかった。こらっ、早く送れ。
この2月号で、メール送信の配慮事項が書かれています。これで、ようやくパソコンオンチにも分りました。」

詰とうほく1月の会
2010年1月24日、冬眠蛙の冬眠日記で、詰とうほく1月の会
「・・・ 400人一局集の話題では、その場にいた面々のうち、原稿を提出したのがUraさんだけだったことが判明。すみません、冬眠蛙もまだです。作品で意外と迷うんですよねえ。解説書きあげたら手付けます。1月中にはなんとか書かないと。 ・・・」

四百人一局集
2009年12月31日、将棋おたくのつぶやきで、四百人一局集
「どうしたか、はあえて書きませんが…。折角だから、また少し詰将棋の世界とのお付き合いを深めようかと思っています。 ・・・」

「400人1局集」の原稿を募集中
2009年12月28日、コーヘイの読みぬけ日記
「・・・ 昨日の会合では、この話題が多かった。難儀なのは、(1)自己紹介のキャッチフレーズ で、自分では書けないよ~という意見多し。 ・・・ 他人につけられるよりは自分が考えたほうが、少なくとも納得いくものになりそうな気がする。2行なので都々逸みたいにすればよいのかも。てゆーか、都々逸つくってみよう。 ・・・」

『詰将棋パラダイス 1994年12月号』
2009年12月27日、Untidy Bookshelvesで、『詰将棋パラダイス 1994年12月号』
「・・・ 『詰将棋四百人一局集』の〆切が迫ってきました。〆切は31日。残り4日と数時間ですが、載せる詰将棋を決めただけ、本文はまったくの空白です。選んだ詰将棋は15年前に詰パラに載った21手詰。 ・・・」

「四百人一局集」の原稿送付
2009年12月23日、Fourth Of Mayで、「四百人一局集」の原稿送付
「しました。因みに使う作品は悩む余地なかった(笑) ・・・」

門脇氏から原稿依頼の手紙が
2009年12月22日、詰将棋劇場blogで、ウイルスバスター2010
「日曜日、担当業務を仕上げた勢いで、400人1局の原稿も仕上げて門脇氏にメールで送付。受け付けていただきました。そしたら、昨日になって、郵送で門脇氏から原稿依頼の手紙が届きました。 ・・・」

黒ヤギさんから…
2009年12月21日、冬眠蛙の冬眠日記で、黒ヤギさんから…
「お手紙着いた♪、というわけで、夜遅く帰宅したら黒ヤギさんならぬ門脇会長からのお手紙が届いてました。 ・・・ ちなみに風みどりさんとこのブログに、専用フォーマットがファイル掲示されてましたので、ご活用されてはいかがか、と思います(こちらをクリック)。かくいう冬眠蛙も請われたからには?参加しようか、と考えています。作品何にするかなあ。 ・・・」

締切は大晦日
2009年12月15日、Ma vie quotidienneで、締切は大晦日
「・・・ このところ他の作家の方の日記やブログを拝見していると、みんな原稿を用意されているらしい。うーん、やっぱりこれは書いた方がよいのだろうか。しかしもし書くならまた締切を1つ抱え込むことになる。この分では大晦日まで一息つけそうにない。」

自分にも資格あり?
2009年12月11日、将棋おたくのつぶやきで、四百人一局集

TETSU: 作家は多いが、現在活動中の人(連絡の取れる人)が優先されると思うので、約10作以上ネットなどで発表している人は原稿を送りましょう。

こちらでも案内されてます
2009年12月6日、詰将棋パラダイスで、「四百人一局集」の原稿募集
2009年12月5日、風みどりの玉手箱で、四百人一局集
「・・・ 原稿用紙を作ってみた。⇒四百人一局集用原稿用紙 ・・・」
2009年12月4日、将棋パイナップル詰将棋作品集スレッドで、門脇芳雄さん

詰パラ12月号
2009年11月29日、たくぼんの解図日記で、詰パラ12月号
「・・・ 四百人一局集 原稿締切が12月末とは早いですねえ。入選10回超えてますので資格はあるようですが、代表作がないので困りました。 ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2009年12月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年12月4日) »

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/46930945

この記事へのトラックバック一覧です: 「詰将棋四百人一局集」の原稿募集:

« 詰将棋メモ(2009年12月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2009年12月4日) »