« 詰将棋メモ(2010年4月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年4月4日) »

推理将棋第32回出題(4月20日まで)

[2010年5月6日最終更新] 32-3解答、第32回出題当選者発表

将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第32回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2010年4月20日までにTETSUまで(omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第32回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第32回出題  担当 タラパパ

詰パラの推理将棋コーナーで、今年から年間優秀作の発表開始!
第一回優秀作品は次の通りでした(敬称略)。
 最優秀作:松田圭市・安江久男合作(11手)  ※最優秀作はこちらで紹介されています
 優秀作 :はてるま作(20手)
 佳作  :中村雅哉作(16手)
 新人賞 :奥野 眞作(13手)

さて今月の出題は、並びにご注意ください。中~初~上級です。

ミニベロさんお得意の三捨利警部シリーズは、7手目までに先手の小駒が成って、それを王手で2度動かしたら詰むというもの。ホントにそんなことできるの?と思いますよね。

DD++さん作は、原案では2手順の手数が明かされない画期的な作品でしたが、おもちゃ箱向けに手数を明かしての出題です。実は担当者、32-3の詰上がりは11手かかるとばかり思っていました。


追加ヒント(2010年4月16日タラパパ)

追加ヒントです。こうして見ると成駒特集?(^^)

32-1:先手が成った小駒は、自陣から出て行った桂か歩。
32-2:成った駒は歩と角。
32-3:先手の成った駒が取られました。


32-1 中級 ミニベロさん作 三捨利警部の推理 主犯は誰だ  11手

「警部、今度の11手詰事件は、小駒の成駒による連続王手です」
「2手目は分かるかね」
「はい、4筋の手であることは判明しています」
「なるほど、主犯は分かった。もしかしたら新しい手口かもしれないよ」

(条件)

  • 11手で詰んだ
  • 小駒の成駒による連続王手があった
  • 2手目は4筋の手

※すでに成っている小駒による連続王手です。


32-2 初級 DD++さん作      両隣の将棋(1)     9手

「隣の将棋、あっという間に詰んだね」
「先手が指したのは1枚の歩を4回動かしたのと、飛の手1回だけか」
「その飛の手直後の7筋の手はびっくりしたよ」
「4手目の5筋の手も興味深い手だ」
「この短手数なのに成る手が2回もあったんだね」
「9手で勝った先手は気分よかっただろうね」
「え、後手が10手で勝ってなかった?」
「あれ、もしかしてそっち側の隣の話してたのか」

どうやら、両隣の全く別手順の将棋を見ながらも会話が成立していたようです。
両隣の将棋はどういう将棋とどういう将棋だったのでしょうか。

(条件)

  • 9手で詰み
  • 先手の着手は同じ歩の手4回と、飛の手1回のみ
  • 先手の飛の手直後に後手は7筋の手を指した
  • 4手目は5筋の手
  • 成る手が2回あった

32-3 上級 DD++さん作      両隣の将棋(2)     10手

初級と同じ会話

(条件)

  • 10手で詰み
  • 先手の着手は同じ歩の手4回と、飛の手1回のみ
  • 先手の飛の手直後に後手は7筋の手を指した
  • 4手目は5筋の手
  • 成る手が2回あった

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2010年4月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年4月4日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

追加ヒントです。こうして見ると成駒特集?(^^)

32-1:先手が成った小駒は、自陣から出て行った桂か歩。
32-2:成った駒は歩と角。
32-3:先手の成った駒が取られました。

投稿: タラパパ | 2010.04.16 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第32回出題(4月20日まで):

« 詰将棋メモ(2010年4月3日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年4月4日) »