« 詰将棋メモ(2010年8月13日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年8月14日) »

易しい推理将棋・解けたその日からすぐに作れる! (2)

[2010年8月14日最終更新]
< 易しい推理将棋(1)  易しい推理将棋・目次  易しい推理将棋(3) >

推理将棋がはじめての方はまずこちらを ===> どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


易しい推理将棋・解けたその日からすぐに作れる! (2)  ミニベロ

今回はこの「94問題」。

  • 4手目は桂
  • 5手目は桂取り
  • 7手目は桂打ち
  • 9手目は角成り

7手目に桂を打つには取らなくてはいけない。でも3手目は無理なので5手目。
右の桂を取るか左の桂を取るか、いずれにしても先手は76歩と角を使いたい。

先ず後手の角側の桂を取る順から考えてみると、
A▲7六歩  △3四歩  ▲2二角成  △3三桂   ▲同馬と、
B▲7六歩  △3四歩  ▲2二角不成 △3三桂  ▲同角不成、が考えられます。

Aは以下4手(先手は2手)で、桂打ち・角打ち・角成りの3手が必要なので駄目。角が成ってしまっては、最終手の角成りを実現するには「角取り・角打ち」が必要。つまり9手目に成った角は、88にいた先手の角ということになります。

Bは以下、42金、54桂、32銀、42角成りで旨く行ったかに見えましたが、後手の82にいた飛車が利いていましたので、同飛で失敗です。

しかしこの失敗で良いことが分かりました。後手の飛車側の桂を取りに行けば、ほとんど同じような順で、32銀が72銀に替わると、1手で玉のコビンへの銀と飛車の利きが消えて解決です。

Ys02a 作意は、
▲7六歩    △7四歩    ▲5五角    △7三
同角不成  △6二金  ▲5四    △7二銀
▲6二角成まで、9手で詰み。


飛車側の桂を狙う順が正解でした。

本作を中級用に少し難しくしようとすれば、4手目を隠すことが可能です。

  • 初手は歩  (4手目は桂)
  • 5手目は桂取り
  • 7手目は桂打ち
  • 9手目は角成り

初手の歩はほとんどヒントにならないので、急に難しく感じるでしょうが、実は本作は、最初の条件がなくても完全限定できているんです。

さらに本作を、普通作の1条件作品にすれば、こうなります。

  • 9手詰
  • 先手は桂を打ったあとに角を成った。

5手目の桂取りも省略できるのでした。取らなければ打てないので、当然といえば当然ですね。

一つの順に3通りの条件の付け方。それぞれ受ける感じ(景色)が違っていると思います。「推理将棋は条件が違えば別物」といわれる所以です。

本作の元ネタは、はてるまさんの古典9手の名作でした。おもちゃ箱の推理将棋第5回で出題されていますので、もう一度御覧下さい。

いい作品ができたら、私まで連絡ください。一緒に検討してみましょう。入選級でしたら、タラパパさんに推薦いたします。推理将棋への質問や疑問もこちらへメールください。

beonworks@jcom.home.ne.jp  ミニベロ

|

« 詰将棋メモ(2010年8月13日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年8月14日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

実は、
・9手詰
・桂を打つ手の後に、角を成る手があった。
でも大丈夫ですね。後手が桂を打つ手順はないですし、先手が桂を打った後に後手が角を成る手順もありません。

投稿: 渡辺 | 2010.08.14 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 易しい推理将棋・解けたその日からすぐに作れる! (2):

« 詰将棋メモ(2010年8月13日) | トップページ | 詰将棋メモ(2010年8月14日) »