« 詰将棋メモ(2011年3月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2011年3月2日) »

推理将棋第41回解答(1)

[2011年3月2日最終更新]
推理将棋第41回出題の41-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第41回出題  推理将棋第41回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第41回解説  担当 タラパパ

東京でも雪がちらつき、まだまだ寒い日の多い今日この頃ですが、暦の上では春になりました。年度が変わり、新たな別れと巣立ちのある季節。私の担当もいつの間にか3年近くなりました。長いなぁ~(^^)


41-1 初級 小春日和さん作   順序正しさは律儀に優る?  10手

「たった10手で詰んでしまいましたが、先手の敗因は何だったのでしょう?」
「3手目から律儀に、3・4・5・6筋の順に指したことじゃろのお」
「では後手の勝因は?」
「4手目から順序正しく、1・2・3・4筋の順に指したことじゃよ」

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 先手は3手目から3・4・5・6筋の順に指した
  • 後手は4手目から1・2・3・4筋の順に指した

出題のことば(担当 タラパパ)
  活躍できる駒はほぼ限られています。

追加ヒント:
  後手は4手目から最後まで同種駒の手を指しました。


推理将棋41-1 解答 Suiri411

▲3六歩、▽1四歩、▲七桂、▽三桂、
六歩、▽五桂、▲八飛、▽七桂成、
八銀、▽七桂 まで10手

「3・4・5・6筋の順」よりも「1・2・3・4筋の順」のほうが、どうしても美しい。推理将棋でも美しい方が勝つようです。

この条件では、右サイドから攻撃してくる後手に協力して、先手玉が1~4筋の中段に出てくることはできません。

角や歩を使って先手陣に近づける地点は頑張って46まで。となると「1・2・3・4筋の順」で先手陣を脅かせる駒は、一手で二段先に進める桂しかありません。

49迄跳んでしまうと目一杯10手使うので停止位置は37。こう決まれば、あとは37で何か使える駒を取って打つまで。先手が37に送り込める駒というと、同じ筋の手は最大2回しか指せませんから桂しかなく、47桂で吊るす後手の桂づくしの手順が固まります。あとは先手がせっせと玉の退路を塞ぐだけ。

ちなみに先手3・4・5・6筋の順の制約は手順前後対策ばかりでなく、飛や金を取らせて49に打つ順を消す意味もあります。ユーモラスな条件に解き易い手順でした。

まさ 「1筋ずつ動かすとなれば桂が定番。」

■一番遠い場所から、一番早く進める駒が桂ですから。

はてるま 「さらさらっとお茶漬けのような味わい。条件のうまさが光っています。」

■何局か見てきましたが、ちょっと新人離れしてますね。この作者。

はてるま 「これはいい。私好み。とっつき易くユーモアもある小品ですが、14角なんて巧まず見事に限定されているものですね。感心しました。」

■9手でユーモラスまで感じさせてくれて、夏休みさん、会心の作品ではないでしょうか。

NAO 「桂問題は楽しい。着手筋をずらす問題は桂が主役です。」

■桂馬という駒には、他の駒にない独特の魅力がありますね。

斧間徳子 「条件がきれいで良い。」

■ここまで親切でなくても限定できるのですが、どうせやるならここまで。

KG 「1筋からの攻めということで角か桂ですが第一感で桂かな、と。先手の桂を奪い取ることに気がつくまで少々手間取ってしまいました。」

■初解答ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

宮谷保可楽 「最終手が4筋なので47桂が手頃かな、と思うまでに1週間・・・・。この条件でよく手順が制御できたな、と感心することしきり。」

■1・2・3・4筋と、使いにくい筋と順番ですから・・・・。

superkuppabros 「1、2、3、4と動ける駒は桂馬しかないので、後は簡単。」

■24歩と突いても、24角と出ても先手の脅威になりませんものね。

館長 「3手目5手目が1筋2筋となれば桂の活用以外ありません」

■はい。特に2筋は攻撃に使えない筋ですから。

DD++ 「後手が1筋に着手して有効そうなのは角か桂ですが、角じゃ1マスずつしか前進できませんもんねぇ。」

■隣の筋に指す条件になると、角の動きって歯がゆいですものね。

はらたっと 「後手の1筋2筋の手が無駄手じゃないとすれば桂連続跳ねしかない。」

■そ私もそう思います(^^)

たくぼん 「やはり桂ですよね。分かりやすい条件で適度な難易度の好作と思います。」

■先頭はこうでなくちゃ。

鈴木康夫 「ヒントをもらって最初は角か歩かと思いました。桂で詰まそうとすると49桂成までで紐をつけるのが不可能だと悩みました。」

■49まで進めてはいけません。そうか!もしかして、”4手目から最後まで同種駒”のヒントが仇に?!

S.Kimura 「後手の桂馬が出てくるとは意外でした」

■ほんとに?(笑)

みや 「後手の1筋に意味があるなら、これだろう、と。先手が3→6筋なら玉がでてくるのもできないだろうし・・・でも、解図できたのは締め切りぎりぎりでした」

■そうなんです。解図の急所は玉が出てこられないことなんです。

魚熊 「後手の”隣の筋への連続着手”は歩を突いていたのでは話に成らず、角を世に出すのも無駄が多い。従って端から出て行くのは桂と仮定。とすれは49で駒を取りながらの詰みはあり得ないので、37で駒を取って4筋に打つまで。そして37で取れる駒は条件から桂しかない。ここまでくれば以下容易。以上所用時間1分でした。」

■作品の解き方を論理的に示した解説文でした(^^)


正解:16名

  魚熊さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  館長さん  KGさん
  superkuppabrosさん  鈴木康夫さん  たくぼんさん  躑躅さん
  DD++さん  NAOさん  はてるまさん  はらたっとさん  まささん
  みやさん  宮谷保可楽さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2011年3月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2011年3月2日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/51009396

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第41回解答(1):

« 詰将棋メモ(2011年3月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2011年3月2日) »