« 詰将棋メモ(2012年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年2月28日) »

推理将棋第52回解答(2)

[2012年2月28日最終更新]
推理将棋第52回出題の52-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第52回出題  推理将棋第52回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


52-2 中級 チャンプさん作    オウム返し(その3)   10手

将ちゃん「ねぇピーちゃん、また将棋やろうよ。」
ピーちゃん「シヨウ、シヨウ。」

将ちゃん「ピーちゃんは僕の指した筋の手をマネするから僕が先手でいいよね?」
ピーちゃん「イイヨ、イイヨ。」

将ちゃん「お願いします。」
ピーちゃん「オネガイシマス。」

将ちゃん「ありゃ~また10手で詰まされちゃったー。」
ピーちゃん「カッタ、カッタ。ワーイ、ワーイ。」

将ちゃん「駒を取る手が無かっただけに僕が初手に玉を動かしたのが敗因かなー?」
ピーちゃん「ソウダネ、ソウダネ。」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 先手は初手に玉を動かした
  • 駒を取る手は無かった
  • 後手は直前に先手が着手した筋をマネて(同じ筋へ)着手し続けた

出題のことば(担当 DD++)
  駒取りなしで可能な後手の攻め方は?

追加ヒント:
  大駒は動きません。詰みに最も適したあの駒を4回動かしましょう。


推理将棋52-2 解答  担当 DD++ Suiri522

    ▽二金    ▲六歩    ▽四歩
七玉    ▽三金    ▲六玉    ▽四金
六玉    ▽五金  まで10手

10手で駒打ちなしの場合の攻め方は49-3で一通り紹介しましたが、この問題ではさらに踏み込んで駒取りなし。角+桂の場合以外はどうしても歩を取る手が入るのでこの条件には合致しません。では角+桂が正解なのかというと、その場合2手目に14、34、74、94のいずれかの歩を突かないといけないのですが、この問題では初手と2手目が4~6筋のどこかなのでこれもうまくいきません。

ここで発想の転換をできるかどうかがポイント。攻めこむ手段がないなら玉に出てきてもらえばいいのです。中段玉を相手取るなら歩桂角飛に限らず、金も五段目の味方の利きに進めば自陣から攻めに参加することができます。その場合の詰みの最短は10手で角道を進む順と歩頭に出る順があり、そのうち前者がこの問題の解答です。

気づき一発の勝負なので、一番簡単だったという人も少なくなく、逆にこの問題に一番苦労したという方もまた少なくなかったようです。

それではみなさんの短評をどうぞ。

チャンプ(作者) 「条件の性質上、無駄手が存在しやすいオウム返し問題の中で珍しく無駄手のないスマートな作品です。この詰み上がりがすっと浮かぶ方は思考の柔軟な方かもしれませんね。」

■本当に、この趣向で無駄手がない手順は珍しいですよね。

はなさかしろう 「駒を取れないなら中段玉を金で仕留めるのが第一感。初級で多少コツが掴めたのでこれがいちばん解きやすかったです。」

■駒を取れなくても2手目に34歩を突ければけっこういろいろあるんですけどね。

NAO 「一番単純な手順にもかかわらず、最後に解けました。」

■中段玉は最初に思いつけないといつまでも思いつけません。

たくぼん 「珍しく瞬殺。気付いた人はあっという間でしょう。紛れを読まずに解けてしまうと作品の良さが分からないのがちょっと残念」

■気づいた人はあっという間、それも推理将棋。

KG 「攻めてくる先手玉を頭金でピシャリ。」

■9手目の玉の前進を封じた8手目が妙手ってことになるんでしょうか(笑)

斧間徳子 「これは新作と呼べるか、やや微妙な感じがします。」

■古い手順でも条件が新しければ全く別の作品です。まあ実はその意味でも後述のように完全な新作ではなかったりするのですが。

渡辺 「金を出す発想になるかどうか。初手玉が手順前後だけではなく45桂吊るしまでの手順を防いでいる。」

■初手を歩の方にすると手順が綺麗になるんですが、おっしゃる通り余詰むんですよね。

中村雅哉 「Mixiにほぼ同一手順の先行作あり。229番『易問題検索トピック』#52(ミニベロ氏作)。条件も
・10手で詰み
・2手目の歩を含めて、後手の指し手はすべて直前の先手と同じ筋
・駒を取る手も成る手もなかった
とほぼ同じです。」

■ご報告ありがとうございます。この先行作(残念ながら不完全作ですが)については承知しています。ミニベロさんはmixiでのみ公開している自身の作品について、後発のおもちゃ箱等投稿作品とバッティングした場合は自身の作としての権利を放棄する(意訳すれば投稿作の方に全てを譲る)と宣言されています。ですのでこれは出題する上で問題ないと判断させていただきました。

諏訪冬葉 「初手玉のせいで角が使えないのが厳しい。金の紐は歩だと思って苦戦しました。」

■金を歩頭に載せようとすると同じ筋の着手が3回になって先手玉がうまく出られなくなっちゃいますね。

諏訪冬葉 「おまけ:私が読んだ手順を元に推理将棋にしてみました。解の存在は保証しますが、一意性は保障しません。」
(条件)
・10手で詰んだ
・駒を取る手は無かった。
・2回動いた駒は3つで、全て2手続けて動いた。
・1回しか動いていない駒は、全て直進した。
・後手は直前に先手が着手した筋をマネて(同じ筋へ)着手し続けた。

■諏訪冬葉さん作は貴重なので会話もつけていただいて正式出題にしたくもあったのですが、時機を逸する前に掲載したほうがいいかなということで。解の一意性は私が保証します。ヒントはこの結果稿のあちらこちらに。

鈴川優希 「無駄手なしで、洗練されていると思います。」

■このシリーズ、無駄手がないのを面白いと見るか、無駄手が活躍するのを面白いと見るか、意見が大きく割れるところ。

はらたっと 「駒とり無しなら、中段玉だろうと。」

■鋭い。しかしそうなると逆に諏訪冬葉さん作は苦戦するかも?

はてるま 「無駄手なくきっちりまとまっているのが良い。こういう地味な展開が意外と見えづらかったりするんですよね。」

■そうなんですよね。案の定苦戦したという短評多数。

占魚亭 「タコ金だったとは! 3作中、一番考えました。」

■推理将棋で自陣金が活躍する手順ってこれくらいしかないですから忘れられがち。

鈴木康夫 「後手が5手しか指せないので、大駒の出動が不可欠と思いヒントが無ければ解けなかったです。先手の5手のアシストで金でも間に合うのですね。」

■中段玉でさえなければ、10手でも駒取りなしだと大駒出動が必要というのは正しいんですけどね。

ron 「この問題はからくりがわかると簡単そうですね。玉と金が鏡のような動きでまさにオウム返しにふさわしいと思いました。」

■縦の動きも綺麗に対称的なんですよね。

S.Kimura 「大駒で追い掛け回してもダメだったので,中段玉にすることを思いつき,何とか解けました.まさか,金が出てくるとは思いませんでした.」

■ふふふ、意外だったでしょう。


正解:17名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  KGさん  鈴川優希さん  鈴木康夫さん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  チャンプさん  テイエムガンバさん
  NAOさん  中村雅哉さん  はてるまさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  ronさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2012年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年2月28日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

はらたっと苦戦?に反応して投稿!。
諏訪冬葉さんの問題ですが、詰め上がりはすぐ見えましたよ~。いい問題ですね。確かに中段玉ではないですねぇ。

投稿: はらたっと | 2012.02.28 09:07

私の問題の詰め上がりの出所がやっと分かりました。
17-2「仮説棄却1」でした

投稿: 諏訪冬葉 | 2012.03.02 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/54093864

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第52回解答(2):

« 詰将棋メモ(2012年2月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年2月28日) »