« 詰将棋メモ(2012年5月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年5月15日) »

吉村達也さん逝去

[2012年9月26日最終更新]
詰将棋作家でミステリ作家としても著名な吉村達也さんが、2012年5月14日、胃がんのため60才で逝去との報。ついこの間連絡があって、四百人一局集の吉村さんのページを紹介したところだったので、びっくりしました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連情報:
  伊藤果・吉村達也「王様殺人事件」
  迷宮の果てに(吉村達也さんの詰将棋パラダイスでの連載)
  四百人一局集(29) 237 吉村達也


  • 訃報のお知らせ (5月14日 Birds of Paradise
     「みなさん、こんにちは。長らくごぶさたしておりました。突然ですが、私はこの度、死んでしまいました。なお、QAZの正体、魔界百物語の真相、私の葬儀の段取りなど、詳細については後日お知らせ申し上げます。」
    お別れの会のお知らせ (5月15日)
     「吉村達也氏の葬儀日程が決まりました。故人の希望で「お別れの会」とします。
    お別れの会① 5月18日(金)18時00分より
    お別れの会② 5月19日(土)11時00分~12時00分
    場所 平安祭典 深川会館(東京都江東区森下5-9-5)
    ここに謹んで故人の冥福をお祈りいたします。
    吉村達也 公式サイト 運営スタッフより  」
  • ミステリー作家、吉村達也さん死去 (朝日新聞 5月14日)
     「吉村 達也さん(よしむら・たつや=ミステリー作家)が14日、進行性胃がんで死去、60歳。お別れの会(1)は18日午後6時、お別れの会(2)は19日午前11時から東京都江東区森下5の9の5の平安祭典深川会館で。喪主は妻深美子(ふみこ)さん。ニッポン放送のディレクターや扶桑社の編集者を経て作家に。朝比奈耕作シリーズなど、多くの推理小説を執筆。詰将棋作家としても活躍した。」
  • 朝比奈耕作シリーズ…吉村達也氏が死去 (YOMIURI ONLINE 5月14日)
     「作家の吉村達也(よしむら・たつや)氏が14日、進行性胃がんで死去。60歳。お別れの会は19日午前11時、東京都江東区森下5の9の5平安祭典深川会館。喪主は妻、深美子(ふみこ)さん。推理小説の朝比奈耕作、氷室想介、烏丸ひろみ各シリーズなど200冊以上を手がけた。」
  • 作家の吉村達也さん死去 朝比奈耕作シリーズなど (MSN産経ニュース 5月14日)
     「吉村達也氏(よしむら・たつや=作家)14日、進行性胃がんのため死去、60歳。お別れの会は18日午後6時と19日午前11時の2回、東京都江東区森下5の9の5、平安祭典深川会館で。喪主は妻、深美子(ふみこ)さん。ニッポン放送ディレクターなどを経て、扶桑社在職中の昭和61年に作家デビュー。朝比奈耕作シリーズをはじめ数々の推理小説、ホラー小説などで人気を集めた。」
  • 訃報:吉村達也さん60歳=作家 「朝比奈耕作」シリーズ (毎日jp 5月14日)
     「吉村達也さん60歳(よしむら・たつや=作家)14日、胃がんのため死去。葬儀は「お別れの会」として、18日午後6時と19日午前11時、東京都江 東区森下5の9の5の平安祭典深川会館。喪主は妻深美子(ふみこ)さん。ミステリー「朝比奈耕作」シリーズや、ホラー「ビンゴ」などを手がけた。」
  • 推理作家の吉村達也氏死去 (時事ドットコム 5月14日)
     「吉村 達也氏(よしむら・たつや=推理作家)14日午前10時34分、胃がんのため東京都千代田区の病院で死去、60歳。東京都出身。故人の遺志によりお別れの会を18日午後6時からと19日午前11時からの2回、江東区森下5の9の5の平安祭典深川会館で行う。喪主は妻深美子(ふみこ)さん。一橋大卒業後、ニッポン放送に入社。「オールナイトニッポン」のパーソナリティーなどを務め、扶桑社に出向した。書籍編集長の傍ら、自らミステリー「Kの悲劇」でデビュー。「朝比奈耕作」シリーズなどで人気を集めた。」

2012年9月24日

  • 伊藤果@hi1844
     「驚愕をも絶する単行本が今日、吉村達也さんの奥さまから届きました。「ヒマラヤの風にのって」というタイトルなのですが、なんとその冒頭は「本書の著者で あるぼくは、この本が出版された時点で死んでいる… 」と書かれてあるのです。実際に病院のベッドの上で死と闘いながら書かれたものです。」

2012年7月30日

2012年7月1日

  • 吉村達也氏 追悼 近藤郷 (詰将棋パラダイス2012年7月号)

2012年6月10日

  • 月間将棋世界2012年7月号 (名無し名人の題名のないブログ
     「・・・ 今月の将棋世界は、詰パラの水上編集長による吉村達也さんの追悼文が掲載されています。その中で吉村さんの詰将棋が1局紹介されていますが、これがまた見事な作品でした。60歳という若さでのご逝去は本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。」
  • 『雨滴』配布特別出題 3解答 (冬眠蛙の冬眠日記
     「・・・ 作者の言葉「知らなかったとは言え、吉村達也さんの「王の帰還」と同じ詰上がりに驚く。思いもよらず、吉村さん追悼の作品になりました」 吉村氏は大学の先輩(関わりはないですけど)。本当に早い逝去で残念です。ご冥福をお祈りいたします。 ・・・」

2012年5月19日

  • 訃報 (詰将棋 駒の舞(別館)
     「・・・ 吉村氏が昔に、詰パラ誌の詰棋校・高校の担当者だった頃に幾度か手紙のやりとりがありました。(当時はネットは無かった) 吉村氏が行った、「作者の自作解説」の企画で、文章を送った事もあります。掲載を読むと、内容が固くてとても解説は書けないと思った記憶があります。当時から、私は理屈っぽかった様でした。 ・・・」
  • 伊藤果@hi1844
     「娘と一緒に、吉村達也さんの「お別れの会」に参列してきました。献花でした。スライド上映で、若いときから、入院中のベッドでのようすまでが映し出されていました。弔辞は、推理作家の森村誠一さんでした。あーあー、もう吉村さんは本当にいないんだ。」
     「嬉しかったのは、おくさまの配慮か、遺影が飾られた下には著者が並べられていて、その真ん中にぼくと吉村さんの共著「王様殺人事件」が添えられていたのです。 http://p.twipple.jp/BtcZc

2012年5月17日

  • 四百人一局集の吉村達也氏のページ (全詰連会長のブログ
     「・・・ 作品はあぶり出し曲詰「十字」ですが、55玉で始まり55玉で詰め上がる還元玉の趣向。さらに55手詰というトリプル趣向詰になっています。先にも書いたように、この作品も当初は余詰があって、作者吉村氏と直接連絡を取るようになりました。吉村氏も詰棋作家ですね、作り出したらもう止まらない…。一晩に修正案を、3図も4図も送って来られました。 ・・・」
  • 詰将棋の本もかなり書いてらっしゃったのに 管理人さやかさん ( ★梔子の花〈新規〉BBS★
      「・・・ 本当に……人は突然に亡くなられますね。吉村達也さんの御冥福をお祈りします。新しい作品が生み出されることは、もうないのですね。残念です。.」
    詰将棋作家です やなさん
     「私たちにとって吉村氏は詰将棋作家です。私が詰パラで高校(13~17手)を担当していた時に、吉村氏は大学(49手までの中編)の担当者でした。詰将棋の発表数は100作ほどはあると思われます。「四百人一局集」にも登場されていますが、当初は余詰で、指摘すると一晩に3つも4つも修正図を送って来られました。きっと締切に追われていたのでしょうに、作り出すと止まらないのは詰棋作家のサガですね。」

2012年5月16日

  • 伊藤果@hi1844
     「人生は皮肉なもので、嬉しい事と哀しい事が、同時に起こるのですね。初ちゃんは女王の座を見事に防衛してくれました。明後日は、吉村さんのお別れ会に参列します。もうあの無類に優しい笑顔と、あの声が聞こえないのかと思うと、居た堪りません。」

2012年5月15日

  • 伊藤果@hi1844
     「衝撃が走りました。吉村達也氏の訃報のニュース! 吉村さんとは40年にも及ぶ長き付き合いでした。「王様殺人事件」という共著も出しました。あまりの衝撃で涙が止まりません。今年、還暦を迎えられたばかりだったのに…。」
     「吉村さんと初めて逢ったのは、今からちょうど40年前。ぼくが京都から東京に移って間もない頃でした。当時、渋谷109・2の裏手あたりに「ランブル」というクラシック喫茶があり、そこへ集まって詰将棋の話をよくしました。その頃、吉村さんは一橋大の学生でした。」
  • 【訃報】吉村達也氏逝去 (詰将棋パラダイスメモ
     「ミステリー作家の吉村達也さんが14日、胃癌のため、都内の病院で亡くなられました。60歳という若さでした。吉村さんは詰将棋作家としても有名。小誌では「毎日がパラダイス」の連載エッセイ執筆や詰棋校の担当などでも活躍されました。ご冥福をお祈り申し上げます。(編集長 水上 仁)」
    • 「王様殺人事件」よ永遠に・・・ (やすのつれづれブログ
       「・・・ 推理小説家の側面しか知らない吉村達也ファンは、一度詰将棋作家の側面である「王様殺人事件」を読むことをおすすめします。詰将棋の作為やその手順の妙を解説している文章はやはり引き込まれるものがあると思います。 ・・・」
    • 詰将棋紹介(第7回) 吉村達也氏作 (玉飛接近
       「吉村達也氏の急逝には驚きました。公式ホームページの「遺書」にも驚きました。どう反応していいものやら。今回紹介する作品は、リアルタイムで触れた氏の作品の中で最も印象に残っている作品です。 ・・・」
    • 吉村達也氏急逝 (全詰連会長のブログ
       「・・・ 古くからの詰将棋仲間でして、詰パラの大学を担当したこともありましたね。私も高校生(向こうが大学生?)の頃に一度お会いした事があるような気がしましたが、ご本人と突き合わせても合致した日時・場所が出てきませんでした。そのことは永遠の謎になっていまいましたね。謹んでお悔やみ申し上げます。」
    • 諸行無常 (合間の博物館旅日記
       「・・・ 氏の公式HPとやらを見ると、数日前の「日記」に老猫の死去についての記事を見つけた。すると本人は自分が癌であることを知らされていなかったのか、と疑問もわく。まあそれはそれとして。人の命などというものは誠にはかないものだ。あらためて、合掌。」
    • 詰四会臨時作品展 (たくぼんの解図日記
       「・・・ 吉村達也さんが亡くなられたとの事。今朝新聞で知りビックリしました。 今月の中学校でも作品が載っていたのに・・・入選81回、将棋盤の升目と一緒とは・・・ご冥福をお祈りします。」
    • 王様殺人事件 (Vector Magic~虹の架け橋~
       「・・・ 片隅の将棋のコーナーには、吉村達也「王様殺人事件」があります。詰め将棋の本です。マジックのコーナーには、吉村達也「マジックの心理トリック」があります。たしか、英語の勉強の本もありました。推理小説は実家です。あと、ホラーは無理です、念のため。趣味が同じだと親近感がわきますね。まだ、若いのに残念です。御冥福をお祈りします。」
    • 吉村達也さんがお亡くなりになったそうです。 ナカピンさん ( ★梔子の花〈新規〉BBS★
       「詰め将棋作家で推理小説家の吉村達也さんが亡くなられたとのことです。一般的には肩書きは逆だと思いますが、このサイトでは当然この順番です。週刊将棋編集部で働いていたときに2度ほどお会いしました。そのときは詰め将棋よりミステリの話(なぜあんなに早く書けるのかという点で)を中心にしてましたが‥‥。まだ60歳でした。謹んでお悔やみ申し上げます。.」
      驚きました やなさん
       「吉村達也さんが具合が悪いとは聞いていませんでした。突然の訃報に、驚くばかりです。謹んでお悔やみ申し上げます。」
      お会いしたことはないのですが Guten Tagさん
       「前世紀末(と書くとかなり昔みたいですが)詰パラに連載されてた頃、メールのやりとりをさせて頂き、変名でその連載に登場させて頂いたこともあります。今日陣屋で果先生と少しお話させて頂く機会がありましたが、「僕より若かったのに」とおっしゃられてました。先生のショックは昨日からのツイッターで…。」
    • 訃報 通りすがりさん (おもちゃ箱掲示板
       「吉村達也氏が亡くなった、とのこと。享年60歳。胃がんだそうです。つい先日まで小説の新刊が出ていたので、全く知りませんでした。詰パラで、追悼特集は行われるのだろうか……。」
      吉村達也氏死去 佐原さん
       「今日の新聞に吉村達也さんが胃ガンで逝去されたという訃報が掲載されました. まだ60歳という若さで残念としか言いようがありません. 推理小説の執筆と詰将棋作家としても活躍とはっきり書かれておりました.」

    2012年5月14日~

    2012年5月14日

    • 作家の吉村達也さん死去 朝比奈耕作シリーズなど (コーヘイの読みぬけ日記)        
       「えええええ?『詰将棋殺人事件』のあの方が! まさか、まさか! ご冥福をお祈りします。60歳は余りにもお若い。」
    • 吉村達也氏を偲ぶ (たまごどんが行く!
       「・・・ 吉村氏が将棋世界という専門誌で発表した詰将棋は、1996年の最優秀作品賞に輝いている。詰将棋が作れる人は将棋も強いというイメージがあるが、本人曰く、詰将棋の作成能力と棋力とは関係がないんだそうだ。ふーん、そんなものかねえ。吉村氏はプロ棋士で詰将棋作家としても有名な伊藤果さんと一緒に本を出している。その名も「王様殺人事件」。 ・・・」

    |

    « 詰将棋メモ(2012年5月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年5月15日) »

    「おくやみ」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/54718634

    この記事へのトラックバック一覧です: 吉村達也さん逝去:

    « 詰将棋メモ(2012年5月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年5月15日) »