« 詰将棋メモ(2012年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月29日) »

推理将棋第56回解答(3)

[2012年6月29日最終更新]
推理将棋第56回出題の56-3の解答、第56回出題の当選者(はらたっとさん) を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第56回出題  推理将棋第56回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


56-3 上級 橘圭伍さん作     円舞!?         15手

A「この前将棋見てたら、26角成62金同角成迄15手で後手が詰まされてたよ」
B「その将棋なら自分も見たよ。先手も後手も同じ駒を異なる地点へ丁度4連続で動かしてたね」
C「それだけじゃ、分からないから他にもヒントを……」
A「歩の着手と王手が丁度1回ずつあったね」
B「先手が着手した筋は丁度5つだったね」
A「ああ、後、玉の手はなかったね」
C「成程、それで手順が分かったよ!」
さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • ▲26角成△62金▲同角成迄15手で詰んだ
  • 先手は同じ駒を異なる地点へ丁度4連続で動かした
  • 後手は同じ駒を異なる地点へ丁度4連続で動かした
  • 歩の着手と王手は丁度1回ずつ
  • 先手は丁度5つの筋に着手した
  • 玉の手なし

出題のことば(担当 DD++)
  腰を落ち着けて少しずつ解きほぐして、さて何が飛び出すでしょう。

追加ヒント:
  先手着手筋は2筋3筋5筋6筋7筋。先手角が22で角を奪った後もう2手で53へ移動するには後手の協力が必要です。


推理将棋56-3 解答  担当 DD++ Suiri563

六歩    ▽4二銀    ▲不成▽7二銀
不成▽3三    ▲3一不成▽2二
不成▽3一    ▲7一角打  ▽4二
2六角成  ▽6二金    ▲同角成    まで15手

条件の多さに面食らう問題ですが、落ち着いて解いてみると綺麗にほぐれていく問題です。これも理詰め問題なので順に考えてみましょう。

まず考えるべきは最後の角成2回はどこから成ったのかということ。まず26角成は当然71、62、53のどこかからしか成れません。しかし玉の手がないということは62に角を置くことはできず、53からもしくは71からの2択に絞られます。

続いて62角成。14手目に62金を指したということは62は空所か先手の歩香飛のいずれかがあったか。しかし先手は同じ駒を4回動かした上で角打ちもしなければいけないため、そんな駒を用意しておく余裕はありません。つまり62は14手目着手前、さらには遡って13手目着手前には空所。だとすれば最終手で73~95のラインから成ろうとすると12手目は王手放置をしていたことになってしまってNG。つまりこちらも71もしくは53~17のラインのどこかから。これを両方実現するには12手目時点で53と71に角を置く形でしか実現しないのです。

それを踏まえて先手着手を考えてみましょう。初手は角出動のために当然76歩。そうすると歩の手1回の条件から後手は33の歩を突けないので先手が取ってやるしかありません。ここで先手の着手筋に関する条件があったことを思い出しましょう。先手は33の歩をかじり、53と71に角を置いて26と62に角を成るのですから、この5つの筋以外にはもう着手ができません。

となると先手の角の移動経路が決定します。33角不成~22角不成と角を奪った後2手で53か71に移動しなければなりませんが、44角不成は指せないので31角不成~53角不成。これでちょうど4連続着手になります。残った1手は当然取った角を71に打つ手。

では続いて後手を考えましょう。王手が1回だけ、つまり最終手以外は王手ができないのですから2手目に42銀(42飛は最後に62に利いてしまう)は必然です。そして角を打ち場を開けつつ飛の横利きを遮る72銀も必須。あれ、これで後手の必要な着手は全て?

いえいえ、先手角が31から53へ移動するときに42地点を開けておかなくてはいけません。ここに残り4手で4連続着手を費やしましょう。42銀が31へ戻るのは結局角の邪魔になるので最初はまず33銀。4段目に出ると帰りにも33を踏んでしまうので引いて22へ。33は既に使ったので31経由で42へ帰還。先手の着手と合わせて並べてみると、角のエスコートでタイトル通り銀がくるりと回転します。

長編作家らしさのある手順と条件の魅せ方でした。橘さん作はこういう狙いの隠された作品が多いので、今回の作品が気に入った方はmixiのコミュで橘さん作を探してみてはいかがでしょうか。

ところで、平井康雄さんから本問の条件にこんなご意見が。

平井康雄 「『王手が1回』というのがちょっと曖昧なように思います。最終手が王手なのは当然なので、それを除いて1回なのかと思ったりしましたが、それなら2手目と4手目が手順前後になります。(そのかわり銀が5回連続で動くことになる。)これが作意なら、『王手は最終手の1回のみ』とするべきだったのではないでしょうか?」

「王手は1回」が曖昧というのは全く考えもしませんでした。42-1や51-1のように詰みを求めない問題もあるわけですから、推理将棋では「最終手が王手なのは当然」ということはありません。むしろ「今回は詰みの局面を作る問題なんだからたった1回の王手を使うべきところは最終手だ」と考えるところから問題の一部なのです。

ですから私にはこの条件に「最終手」を書き足すことはできません。私が書き足せばそれは問題に勝手に手を加えることになってしまいますし、作者に追加を要請すればそれは完全作投稿に対して条件修正を要求することになってしまうからです。

とはいえ、この部分に関して平井康雄さん以外にも疑問に思われたあるいは勘違いをされた方がいたのも事実ですし、出題中に確認を求めるコメントがあったことも事実です。今後同じような不安のある問題については条件を改変しない範囲で補足できそうならば対応していこうと思いますが、ひとまず今回は最終手と書き加えなかった理由についてこのような背景があることをご理解いただければ幸いです。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺 「少し考えれば、先手は、76歩→角4連続移動→角打、後手は42銀→72銀→42銀の4連続移動であることが分かる。」

■いろいろなアプローチで解けますが、いかに最短でそこにたどり着くかですね。

はなさかしろう 「角を後手陣にどう差し込むかが鍵。最終手の6筋を数え忘れて誤答しそうになりましたが先手の筋条件の由来を考えて何とか修正。銀の回転方向が2つあるんですね。」

■44角不成を指せると銀の逆回転どころか何を4連続着手してもいいという。

妙高仙人 「某看寿賞作を思わせる見事な銀の円舞。やや条件が多いか。」

■投稿時にも3条件くらいで収めたかったという作者の嘆きがありました。それが実現可能だったらなおいい作品になったでしょうね。

朱 「後手が4連続で動かす駒はどれか。最初は角と思ったがうまくいかない。2手目△42銀とした後、一旦別の駒の着手を挟むのがミソで見事に銀が回転。実は題名が一番のヒントだったり?」

■橘さんは題名に狙いを表現することが多いのでそこから推測することもできなくもなかったり。

はらたっと 「タイトル『円舞』で後手の手が思い浮かんで解けました。」

■このタイトルなら思い浮かぶのは角か銀ですよね。

NAO 「最初3筋と4筋を使ってしまい6つの筋に着手で失敗。次に玉の手を12手目に指して失敗。できたと思ったら今度は53角が2回でまたまた失敗。条件が多いとの第一印象でしたが納得しました。」

■条件1つ外すだけでいろんな手順が出てくるんですよね。無駄手が多いので少条件でまとめるのは至難。

斧間徳子 「条件数が多いのが気になるが、銀の円舞はお見事。最初、円舞するのは角とばかり思っていたので苦戦した。」

■順番に可能性を狭めていくと一番最後に浮き上がるというのも素晴らしい構成です。

星の平原 「後手が歩を突けない、王手がないという制約が結構厳しくて逆に手が限定されて考えやすかったです。銀の円舞を先導する角の動きが楽しいですね。」

■居玉かつ途中の王手がないというのは意外と手が狭いんです。

鈴川優希 「33銀は面白い手。でも、その後の回転に積極的な意味がないのがちょっと不満かな。」

■推理将棋は初形が決まっているので、積極的な意味を持って回転するとなると短編中編で作るのは超高難度。うまく作れた方はぜひ投稿を。

KG 「2手目に△4二銀と指してるので、この銀は4二の地点にはもう行けないと錯覚してしまいました。タイトルの『円舞!』が角と銀の動きをうまく表していて良いですね。」

■そこは少しミスリード的なのですが補足すると台無しだし、とけっこう迷いました。

S.Kimura 「条件が多かったので敬遠していたのですが,11手目の時点で先手の角が53と71にいなくてはならないことから,考えてみると,中級よりも解きやすかったです.後手4連続の手で,銀が1周するのが面白かったです.」

■担当はどうしたらこの一見重そうな問題に手を出してもらえるかに苦心しました。

宮谷保可楽 「追加ヒントが出たとたんに解けてしまった。たぶん、4連続で動かした駒は、それ以外に動いていない(…とはどこにも書いていない)と思いこんでいたからだろう。」

■推理将棋の一番の敵は「思い込み」。

たくぼん 「見事な角と銀の回転趣向。推理将棋では貴重でしょう。」

■です。しかも15手で収まってますからね。

諏訪冬葉 「角の後を追う銀の動きが楽しかった。」

■くるくる推理将棋と言うにはちょっと難しすぎますか、残念。

平井康雄 「先手が4筋を使わないのなら、必然的に先手方8手は決まってしまう。後手方も42銀と72銀が決まりで、後は4回連続で動く駒は何か?という問題が残るだけ。結局左銀しかないとなると、上記の手順となります。3回目と4回目はもと居た場所に戻るだけですが、条件には合っているのかな?『円舞』というのは角と銀の動きのことですね。」

■4連続着手が全て異なる地点というだけなのでそれとは別に着手する手と場所が重複するのは問題ありません。

ron 「たくさん条件があるので、すぐに手順を限定できそうですが少し悩みました。銀の回転する様が面白いですね。」

■手順の本質部分はちゃんと考えないと出てこない作りになっていますからねえ。

占魚亭 「自信ありません。おそらく間違っていますね。」

■いえいえ、合ってますよ。解答が正解かどうか自分でわかるのも推理将棋の良さの1つなのですけれど。

隅の老人B 「残念、先手の王への王手が分らない、解答が楽しみです。」

■これも王手条件絡みの誤解でしょうか。仮に平井さんと同じ勘違いでも先手玉への王手というのがどこから出てきたのか……。


正解:17名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  KGさん  朱さん  鈴川優希さん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  NAOさん  はなさかしろうさん
  はらたっとさん  平井康雄さん  星の平原さん  宮谷保可楽さん  妙高仙人さん
  ronさん  渡辺さん


総評

渡辺 「今回は解答者に優しい問題でした。」

■上級は人によっては厳しいかな、という感じもありましたが。

はなさかしろう 「易しくて解き心地の良い短編を作るのはなかなか難しいと思うのですが、さすがの初級問題。練習問題もいつも楽しみなのですが、時々うっかり答を見てしまって後悔したりしています。中級は条件、上級はモチーフと、今回は見どころのバラエティを楽しみました。」

■そうそう、練習問題の投稿もお待ちしています。

はらたっと 「珍しく早くも回答します。3問目は手数は長いですが条件を当てはめたら、あっという間でした。」

■私も解答者履歴を見ていて、「あ、はらたっとさんが今回早い!」と思っていました(笑)

NAO 「作品ストック少ないようですので投稿したいとも思いますが、気の利いた短編はなかなか作るのが難しいですね。どうしても条件盛り盛りになってしまって・・・」

■私もNAOさん作は使ってみたいのですがいかんせんNAOさん作は高度すぎて……。

星の平原 「はじめての完答です。今回中級は追加ヒントに頼りましたので、次は追加ヒントなしでの完答を目指します。」

■おめでとうございます。次もぜひがんばってください。

鈴川優希 「今回も時間がなく、結局ヒント待ちとなりました。次回こそは……って、これを言うのは何度目か。(笑)」

■このところ少し難しい問題が続いていますからねえ。簡単な問題の在庫が……。

宮谷保可楽 「DD++さんの追加ヒントにいつも助けられています。感謝。」

■どういたしまして。

たくぼん 「ベテラン陣の活躍に期待ですね」

■ベテラン解答者たくぼんさんの活躍にも期待。

ron 「今回はどの問題も簡単に感じました。私もそろそろ解答ビギナーを卒業できたのかなーなんて、調子づいています。」

■これを簡単だと思えたのならビギナーなどとっくに卒業でしょう。

かめぞう「これから解答して行きたいと思います。」

■ぜひともお待ちしております。


推理将棋第56回出題全解答者: 22名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  かめぞうさん  KGさん  けんけんさん
  朱さん  鈴川優希さん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん
  占魚亭さん  たくぼんさん  NAOさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  平井康雄さん  変寝夢さん  星の平原さん  宮谷保可楽さん  妙高仙人さん
  ronさん  渡辺さん

当選: はらたっとさん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知 らせください。

|

« 詰将棋メモ(2012年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月29日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

条件に「15手で詰んだ」とあるので、「最終手が王手なのは当然」。
「推理将棋では『最終手が王手なのは当然』ということはありません」
という話は、ここでは無関係。

質問のポイントは、
「今回は詰みの局面を作る問題なんだからたった1回の王手を使うべきところは最終手だ」
と考えてもいいですか、ということ。
それならわかりやすく、『王手は最終手の1回のみ』でどうですか、ということ。
「作者に条件修正を要求する」などという大げさなものではない。

また作者側も、「できるだけわかりやすく」と心がけるのは当然。

投稿: 妙高仙人 | 2012.06.29 17:26

 感想を読んでもう一度鑑賞。
 44に引かせないことで銀の回転に先手角の経路確保の意味が加わるんですね。
 44に引く場合は(先手着手筋6だとしたら、という仮定の下では)確かに何を4連続着手しても良いのですが、後手が歩を突けないのと72銀を上がってしまっているので異なる地点に4連続指すのは案外選択肢がありません。31-22-33-42の銀の逆回転の他には、31-32-33-42の銀の半月回転と71-61-52-62の金移動しか見当たらないんです。初見のときはこの不自由さで縛ったのかと思い、震えました^^

投稿: はなさかしろう | 2012.06.29 21:15

「15手で詰んだ」と「王手は丁度1回」という条件付けはなんか同じ意味の言葉を2回並べているので「くどい」感じがわかりにくさを生んでいるのではないかと思います。
もしかして「途中王手は1回」の途中という文言を抜かしたのではないかという余計な心配もしてしまいます。(それでつい確認しました)
ちなみに、個人的には同じ条件付けなら「途中王手なし」の方がわかりやすいと思ってます。
mixiで、「途中王手なし」で検索すると、同じ橘圭伍さん作の221番、306番、332番の3作が引っかかりました。本作は534番外伝でしたね。同じ作者でも「途中王手なし」と「王手は丁度1回」という2種類を使用しているケースがあります。
推理将棋には、こういった表記で統一しましょうというルールブックがないので、条件付けは、作者の個性が出るところが良いところでも悪いところでもあります。
このおもちゃ箱の推理将棋は、DD++さんが担当されているので、DD++さんの見解を支持します。出題内容に関する疑問は、都度コメント欄で確認していくことにしましょう。その意味ではインターネットは便利ですね。詰パラ推理将棋担当の渡辺さんは、かなりご苦労されていることと存じます。

投稿: はらたっと | 2012.06.29 23:58

なるほど...統語は美意識のあらわれでもありますし、人それぞれの側面がありますね。
私は「初王手で詰んだ」というのが好きなのですが、攻め方の玉に途中で王手がかかる可能性を排除しているのかいないのかについて迷う方もいらっしゃるかもしれませんし、難しいです。

投稿: はなさかしろう | 2012.06.30 00:09

今回の出題条件は慣習ルール上問題はありません。
しかし、私も「初王手で詰んだ」派です。

あらためて、条件を見てみると王手1回が最終手であるのは確定で全く問題ないのですが、別の所が気になりました。
・「同じ駒」→「同じ駒種」と誤解されないか。
・「丁度」は過剰ではないか。条件文はともかく会話文中の丁度は不要と思いました。

「同じ駒」は私も使う表現ですけど、今、作者の立場で条件付けするなら、
・15手目の初王手で詰んだ
・歩の着手は1回だけ
・先手は1つの駒を異なる地点へ4回連続して動かした
・・・
のように表現した方がよいのかなと思いました。

投稿: NAO | 2012.06.30 05:02

「今回は詰みの局面を作る問題なんだからたった1回の王手を使うべきところは最終手だ」と考えてもいいですか、という質問の答えは答えるまでもなく当然ということです。「詰んだ」というのは単なる条件の一つにすぎません。推理将棋において条件が加わることによって他の条件の意味が変化することはありませんから、「詰んだ」という条件を外した場合と意味は同じということです。「詰んだ」という条件によって王手の回数が増えることはないのです。

このあたりのことは詰パラでは毎年1月号に説明することにしています。

投稿: 渡辺 | 2012.06.30 08:26

今回のように王手が1回の場合は「初王手で詰み」という美しい表現があるので、私も作者にその表現を推奨しています。しかし、n回王手で詰み(n=2,3,...)という条件もあり、2回目の王手で詰みだと今度は「両方の王手を詰めた側が行った(1回目は詰めそこなったけど2回目で詰めた、という考え方)」という解釈の可能性が出てきます。

出てくる度に解説するのも(読む人にも)煩わしいということもあるのでFAQみたいなのを作っておくと良いですかね。

投稿: 渡辺 | 2012.07.02 00:24

多数のご意見ありがとうございました。

今回の条件付けについて、皆様のご意見を受けてあらためて担当としての見解を。
「初王手で詰んだ」の方が誤解や余計な疑りを招きにくい、というのはその通りだと思います。
また、「初王手で詰んだ」の方が好まれている、というのもご意見を拝見する限り間違いないでしょう。

ただし、だからといって「王手1回という表現は改める必要がある」とはやはり思いません。
NAOさん、渡辺さんなど、推理将棋に深く関わっている方の間では齟齬なく伝わっているのですから。
(強制力のない推奨については話が変わってくるのでここではおいておきます)。

今回の問題点はこの表現の是非ではなく、こういう慣例のようなものを推理将棋にそれほど深くは関わっていない方に理解していただく、もしくは疑問に思った場合に調べる場がないことにあると考えています。
渡辺さんのおっしゃるFAQというのがまさに今回欠けていたものというわけです。

NAOさんの仰る
>・「同じ駒」→「同じ駒種」と誤解されないか。
も同様ですね。
これはmixiでは既に疑問が投げかけられることなく使用されていますが、おもちゃ箱でも定着しているかと言われてみると確かに難しいように思えます。

今回挙がった疑問点、また過去におもちゃ箱やmixiの出題で挙がった質問などを踏まえ、条件解釈の手ほどきのようなものを近いうちに用意したいと思います。
もしかしたらどなたかにご助力いただくかもしれませんが、その時にはよろしくお願い致します。


>はなさかしろうさん
私の頭の中では桂の四段跳ねもあったのですが、よくよく考えてみると絶妙のタイミングでうまくいかないんですね。
どうやら若干ピント外れのお返事になってしまっていたようで、すみません。

投稿: DD++ | 2012.07.03 22:17

私見を書いておきます
条件解釈に関して
○○はn回というのは指定手数中に○○がn回生じたという条件です。今回の場合は15手の内、王手になる手が1回だったという事。この15手に当然最終手は含まれています。なので、王手1回で何ら誤解を生まないと考えています。

条件付け方に関して
条件を付ける際、他の条件との兼ね合いで決定しています(今回王手回数1回を使ったのは歩の着手1回という条件があったからです。仮に今回王手回数が全2回なら途中王手1回を採用します) 条件を付けるのが推理将棋の創作なのであれば自分が綺麗だと思えるようにしたい物です

NAOさんの意見にあるように、同じ駒に関しては一つの駒にした方が良いですね。指摘感謝します

丁度○連続は過去に6連続は4連続を含むのでは?という指摘を過去に受けたので付いてます

FAQに関して賛成です。何度も同じ事を繰り返すのも何ですし…

最後に初王手条件ですが私は余り好きじゃない………という少数派です

投稿: 橘圭伍 | 2012.07.03 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/55075948

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第56回解答(3):

« 詰将棋メモ(2012年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月29日) »