« 詰将棋メモ(2012年6月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月25日) »

推理将棋第56回解答(1)

[2012年6月25日最終更新]
推理将棋第56回出題の56-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第56回出題  推理将棋第56回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第56回解説  担当 DD++

今回は上級がかなりゴツい見た目なので敬遠される方が多いかもと思いましたが、出題時コメントでがんばったお陰なのかそのような事態にはならず一安心でした。


56-1 初級 DD++作        船囲いを崩すには     9手

「さっきの将棋、▲96歩△52金右▲97角△42玉まで見てたけどどうなった?」
「9手で詰んだよ、って言えば残りの5手は分かるよね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 指し始めは▲96歩△52金右▲97角△42玉

出題のことば(担当 DD++)
  練習問題よりちょっと長い手数にチャレンジ。

追加ヒント:
  52に上がっている金を奪って、その打ち場を後手に空けてもらいましょう。


推理将棋56-1 解答 Suiri561

9六歩    ▽5二金右  ▲9七角    ▽4二玉
▲5三角成  ▽3二玉    ▲5二馬    ▽4四歩
▲4三金   まで9手

練習問題よりも2手長い手数ですが、練習問題とあまり大差ない難易度の問題です。

先手は7手目に駒を取りたいので、まず5手目で歩の壁を破るため53角成もしくは53角不成。当然王手を回避するのですが同金では終わってしまうので51玉か32玉の2択。ここから先手が31銀を狙うか71銀を狙うか52金を狙うか。このうちあと2手で詰むのは53角成32玉から52の金を狙う場合だけ。後手が歩を突いて43地点を開けるのが好アシストでした。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺 「これは手なりで詰みますね。」

■まさしくそれが狙いです。初解答者でも解きやすいかと思いまして。

はなさかしろう 「後手が△42玉と顔面を晒しているので解く方はどうしようもなく解けてしまいますが、▲76歩―▲44角の出だしならこんな形でも余詰んでしまう...ここでもセンスが光ってますね。」

■44角よりも97角の方が5手目が見えやすいだろうという狙いだったのですが、言われてみれば44角だと確かに余詰む……

妙高仙人 「ここまで種明かしをすれば。」

■初心者向けですからこれくらい明かさないと。

朱 「出だしの棋譜と手数のみが条件の問題はとっつき易く嬉しいです。玉のコビンを開ける△44歩がうまい手。」

■推理将棋は玉方の方が妙手が多かったり。

はらたっと 「53角生から銀を取る筋が詰まないので馬で金取るしかないかなあと。」

■金が二段目に上がる場合は銀打ちでは詰みにくいのですよ。

NAO 「例題級の5手詰でした。」

■こんな問題もたまにはいいでしょう?

斧間徳子 「大サービス問題。44歩が盤上この一手のココセ。」

■推理将棋の後ろから2手目はいつもこんな手。

星の平原 「5手目もほぼ必然で、6手目も二択だけど△5一玉では玉の逃げ場が多すぎるので△3二玉のほぼ一択。あとは△4四歩の発見のみですね。随分推理将棋の思考に慣れてきました(笑)」

■今回は解く技術が身につく問題が多かったかもしれませんね。

鈴川優希 「船囲いが跡形もなく……。」

■一瞬で難破船に。あ、タイトル「難破船」にすればよかったかなあ。

KG 「これはさくっと解けました。」

■KGさんクラスならこれくらいで悩まれては困ります(笑)

S.Kimura 「44歩が好手でした」

■この歩は9手詰だと一番よく突かれる後手歩ではないでしょうか。

宮谷保可楽 「詰み形を脳にインプットさせる問題。」

■この形、意外と作例少なかったりするんですけどね。

たくぼん 「ちょっとだけ盲点に入りました。入門編では理想的ですね。」

■これが盲点にというと、角は不成で使うに違いないと決め打ったとかそのあたりですか?

諏訪冬葉 「金を取る手が簡単に浮かんだのですぐ解けました。」

■お見事。

変寝夢 「余詰筋で出てきそうな順。エレガントさは感じないなぁ。」

■同系統問題でもっと面白い順になる問題もあるのですが、初級なので手のつけやすさ優先で選択。

平井康雄 「さすがにこれは秒殺でした。あまりにも早く解いてしまったので、感想も忘れてしまった。」

■さすがに簡単すぎでした?

ron 「まずはウォーミングアップ。5手考えるだけなので楽ですね。」

■事実上ただの非連続王手の協力詰5手ですしね。

占魚亭 「これは簡単でした。」

■簡単すぎて解説を書くのが逆に大変でした。

鈴木康夫 「確かに舟囲いですね。」

■一瞬しか存在しませんけどね(笑)

隅の老人B 「9手で最初の4手を教えてもらえば、さすがに爺さんでも解けました。」

■素晴らしい。


正解:22名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  かめぞうさん  KGさん  けんけんさん
  朱さん  鈴川優希さん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん
  占魚亭さん  たくぼんさん  NAOさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  平井康雄さん  変寝夢さん  星の平原さん  宮谷保可楽さん  妙高仙人さん
  ronさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2012年6月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月25日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/55047204

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第56回解答(1):

« 詰将棋メモ(2012年6月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年6月25日) »