« 詰将棋メモ(2012年8月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年8月26日) »

推理将棋第58回解答(1)

[2012年8月26日最終更新]
推理将棋第58回出題の58-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第58回出題  推理将棋第58回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第58回解説  担当 DD++

今回は初級2問のかわりに上級が難問でしたが、思っていた以上にたくさんの解答をいただいて一安心。ありがとうございます。


58-1 初級 山葵茶漬けさん作   左から順に        8手

「昨日恥ずかしい将棋指しちゃったよ」
「恥ずかしいってどんな将棋だよ」
「初手から、左銀、左金、玉、右金、と順番に動かしていったんだ。
 ところが9手目に右銀を動かそうとしてあることに気づいたんだ」
「動かせる場所がなかった、とか?」
「半分正解」
「半分?どういうこと?」
「確かに動かせる場所もなかったけど、そもそも9手目がなかったのさ」
「あー、こういう手順で8手で詰んだわけね。この手は成生どっち?」
「普通の将棋だもん、わざわざ不成の手なんてあるわけないよ」

さて、どんな将棋だったのでしょう。

(条件)

  • 8手で詰んだ
  • 先手は「左銀、左金、玉、右金」をこの順で動かした
  • 終局時、先手の右銀を動かせる場所はなかった
  • 不成なし

出題のことば(担当 DD++)
  4枚のうち2枚の行き先は明らかですね。

追加ヒント:
  68へ上がった金を奪って打ちましょう。


推理将棋58-1 解答 Suiri581

▲7八    ▽3四歩    ▲6八    ▽7七角成
▲4八    ▽6八馬    ▲3八    ▽5八金    まで8手

初級の中でもかなり簡単な問題。ほとんどの方が一目だったようです、というか紛れにハマる方が難しいと言っても過言ではありません。

まず先手の着手ですが、右銀を動かす場所がないということは、玉は48へ、右金は38へ行くしかありません。一方後手の着手ですが、攻め駒が2枚必要で先手は歩を突かないということは、34歩、77角成、2段目で何か取って、打ってトドメ、しかありません。

先手の右半分の形からすると68馬と金を取って58金を打つのはすぐに見て取れるでしょう。左銀は詰みに関わらないのでどこへ動いてもいいのですが、邪魔にならない場所は78のみです。

それではみなさんの短評をどうぞ。

チャンプ 「手順はさておき、問題文(会話)にセンスを感じました(笑)」

■こういう問題は会話でどう色を付けるかが重要ですね(笑)

斧間徳子 「確かにこれは入門級の易しさ。」

■せめて3回に1回はこの難度の問題を出したいものです。

星の平原 「手なりで一分でした。」

■お見事。

NAO 「右銀が動けない方は、一目でした。」

■むしろ迷うとしたらどこなのかを探す方が大変。

渡辺 「これは文句なく易しい。」

■この簡単さは貴重です。

変寝夢 「王手を避ける6八金~4八玉がユーモラス」

■言われてみれば、きわどく王手に先手先手で対応してるんですねこれ。

朱 「壁を作ってとどめに金。基本に忠実な手順でツイン問題の1問目に最適ですね。やはり使う駒が分ると考えやすいです。」

■簡単な問題を作る時のポイントですね。

はやし 「直感の手順で解けたのでラッキー。」

■おめでとうございます。

鈴川優希 「右銀動けない条件から、5、7手目が確定なのでカンタン。」

■まさに。

くるぼん 「銀の行く手を塞ぐのが最後の悪手」

■これ以外なら即詰むことはなかったというのに。

はなさかしろう 「7手の中でも地味で忘れがちな手順。8手のツインで復活ですね。」

■7手の中で最も手順パターンが豊富な順なんですけどね。

鈴木康夫 「7手詰のパターンからすぐに解けました。」

■左銀と左金のどちらかが無意味、と決め打つと7手リストから探す手もありますね。どっちが早いかはきわどいところですが。

はらたっと 「3手目角とり、右銀が動けないだとこれしかない。」

■玉周りがかっちり決まりますからね。

S.Kimura 「終局時の駒で,玉以外の駒の状態(この問題では銀が動けないこと)を条件にしたのは珍しいのではないでしょうか.」

■途中でもよければ33-1で「3手指し終えたら先手の飛車は動けなくなった」という前例がありますね。珍しいのは間違いないですが。

諏訪冬葉 「銀の動きを封じるには頭2つを押さえる。」

■しかも贅沢に玉を使って。

隅の老人B 「条件通りに先手の駒を動かしたら、一発で解けました。こんな時には感想で苦労する。」

■私も解説することがなくて大変。

平井康雄 「右銀が動けないなら48玉、38金は明らかなのでさすがに易しいですね。」

■難易度、入門でよかったかなあ。

たくぼん 「こちらは第一感の手順。気持ちよく解図」

■初級はそうこなくちゃ。

かめぞう 「ヒントから先手の指し手が論理的に分かるため簡単だった。」

■綺麗に解答へ誘導する条件付けでした。


正解:21名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  かめぞうさん  くるぼんさん  朱さん
  鈴川優希さん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  たくぼんさん
  チャンプさん  テイエムガンバさん  NAOさん  はなさかしろうさん  はやしさん
  はらたっとさん  平井康雄さん  変寝夢さん  星の平原さん  宮谷保可楽さん
  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2012年8月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年8月26日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/55509196

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第58回解答(1):

« 詰将棋メモ(2012年8月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年8月26日) »