« 詰将棋メモ(2012年9月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年9月27日) »

推理将棋第59回解答(1)

[2012年9月27日最終更新]
推理将棋第59回出題の59-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第59回出題  推理将棋第59回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第59回解説  担当 DD++

今回は94問題特集なので必然9手、さぞかし解答者が増えるかと思いきや案外そうでもなくてちょっと残念。


59-1 初級 DD++作        大返し          9手

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 2手目は玉
  • 3手目は不成
  • 5手目は歩
  • 9手目は95

出題のことば(担当 DD++)
  後手玉がどこへ行けばいいのかを考えましょう。

追加ヒント:
  84玉に馬でトドメを刺しましょう。


推理将棋59-1 解答 Suiri591

▲7六歩    ▽6二    ▲3三角不成▽7四歩
▲9六    ▽7三玉    ▲7七角成  ▽8四玉
9五馬    まで9手

まずは肩慣らし。94形式は穴埋め式に解いていくと楽なことが多いです。条件は以下の通り。

●??、?玉、??不成、??、?歩、??、??、??、95? まで

さて、よく見るとさっそく3手目が大ヒントですね。3手目に指せる不成は22角不成か33角不成。2手目が玉の手であるこの問題では33角不成しかありません。当然初手は角道を開ける76歩ですね。

●76歩、?玉、33角不成、??、?歩、??、??、??、95? まで

さて他にヒントになりそうな情報は、と考えると最終手が95というのはかなりの大ヒントではないでしょうか。最終手は当然王手のはずです。つまり特殊な形でもない限りこの隣接5マスのどこかに後手玉がいる必要があるわけです。上級などだとその特殊な形を優先して疑うところですが、ここは初級なので素直に考えましょう。後手の手は74歩を突く手と玉を84まで移動する3手。つまりこういうことです。

●76歩、62玉、33角不成、74歩、?歩、73玉、??、84玉、95? まで

だんだん全容が見えてきました。あとは7手目までに95に2枚の駒を利かせ、片方を動かして詰めればいいようです。まず5手目の歩は当然96歩でしょう。これで1枚確保。歩の後ろから香も利いていますが、95歩では王手がかからないので香は意味を成しませんね。

●76歩、62玉、33角不成、74歩、96歩、73玉、??、84玉、95? まで

あと1枚、2手で95に移動できる駒が必要。盤面の左側を探してもそれが可能な駒は見当たりませんが、広く見渡すと……1枚だけいました。最初に33へ攻め込んだ角。これを77へ成で帰還させて95へ移動すれば、ちょうど73への逃げ道も封鎖できて詰みにできます。

なおタイトルの元ネタですが、時は戦国時代、中国地方攻めを行なっていた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が、本能寺の変の知らせを受けて急ぎ京へと引き返し、すぐさま山崎の地へ向かい明智光秀を討った一連の行動を大返しと言うところからいただきました。こちらは隅の老人Bさんただお一人の正解。

それではみなさんの短評をどうぞ。

NAO 「ヒントのような条件に導かれるままに解けました。イメージ通りのぴったり手順。」

■2手目を歩でなく玉、9手目を9筋でなく95まで明かすなど、なるべく解きやすい方向に条件をつけましたので。

渡辺 「知っている人はとどめが95で詰上図が見えます。」

■96は少なくとも2系統ありますが、95はこれしかないでしょうからね。

諏訪冬葉 「最終手が▲95なら玉は△84玉しかないと考えたらできました。」

■想定通りの解答ありがとうございます。

斧間徳子 「『9手目は95』なら第1にこの手順が浮かびますね。」

■そして第2や第3はたぶん存在しないはず……。

はらたっと 「最終手95でかなり絞れ、あとの条件は手順前後と成生指定ですね。」

■その通り。一番簡単な94形式問題作成方法です。

星の平原 「論理的に手なりで。軽いウォーミングアップ。」

■初級は常にそうありたいもの。

やまかん 「これはほぼ第1感の手が正解ですぐ解けた。易しいのは2手目玉と最後の95が詰上がりを自然に想定できるからだと思います。」

■初解答者向けの客寄せを果たせたようで一安心。

占魚亭 「ひと目でした。タイトルが大ヒントですね。」

■由来もわかっていれば帰る先が自陣というところまでわかる大ヒントです。

宮谷保可楽 「最終手が95なのだから、84玉・95馬の形だろうな。…やっぱりなぁ。」

■ここで「あれ、違った」になるようなら初級には置けません(笑)

隅の老人B 「大返し、ネットで検索。秀吉さんも馬で駆けたのかな。」

■あ、しまった、3手目に成っておくんだった。

平井康雄 「題名が大ヒント。」

■タイトルなくても33角は一旦引くしか使い道なさそうですけどね。

たくぼん 「9手目9筋でも成立しそうですね。」

■ですね。紛れ筋がいくつかできるのでちょっと難しくなりますが。

変寝夢 「これだけ条件があっても、締め切り前ヒントまでわからなかった。盲点にはまるとこんなにも見えないものか」

■な、なんですと?

枡彰介 「不成と95の条件から、角が不成で引き成って95馬までの詰め上がりが最初に見えたので易しかったです。」

■初級の面目躍如。

はなさかしろう 「94問題らしく条件がきびきびと小気味良いです。9手目95まではこの形しかなさそう。気持ちの良い大返しですね。」

■元ネタの方の大返しはさぞ気分のよくない大返しだったんでしょうけどね。

鈴木康夫 「知っている詰上がりなので秒殺でしたが、自力では難しかったかも。」

■いやいや、鈴木さんなら間違い無くこの95馬にはたどり着いていたでしょう。

S.Kimura 「解けてから,題名が大きなヒントだったことに気付きました.」

■題名なぞ見ていなくても簡単な問題だったはずです、きっと。

チャンプ 「9手で95までだと馬までの詰み形しかないので、これは初級に相応しいですね。」

■こういう問題の投稿が増えてほしいところ。


正解:20名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん
  占魚亭さん  たくぼんさん  橘圭伍さん  チャンプさん  テイエムガンバさん
  NAOさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん  平井康雄さん  変寝夢さん
  星の平原さん  枡彰介さん  宮谷保可楽さん  やまかんさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2012年9月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年9月27日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

996が2系統!? しばらく悩んでしまいました。
555の方は初見のような気がします。
面白い手順ですが、作例はあるのでしょうか?

投稿: はなさかしろう | 2012.09.27 01:24

mixiの1085番で「9手で詰んだ/トドメは9筋/飛車の手があった/成る手なし」という条件で私が出題しています。
私も「たぶんこれって前例ないよなあ」と思っての出題だったり。

投稿: DD++ | 2012.09.28 04:37

実は私は9手詰め二条件にこういう問題を出題しています。
飛の着手の直後に駒が成った。最終手は74の着手。

投稿: 渡辺 | 2012.09.28 23:47

どちらもすばらしい佳品! 手順よし条件よしのマスターピースですね。
渡辺さんの条件付けの方は解図の糸口が見つけにくくなっていて、
かなりの難問とお見受けします。普通に出くわしたら解けなかったでしょう(^^;

投稿: はなさかしろう | 2012.09.29 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/55753214

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第59回解答(1):

« 詰将棋メモ(2012年9月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2012年9月27日) »